今もなお記憶に残る、淀に散った最強のステイヤー、ライスシャワー
2016年11月25日 更新

今もなお記憶に残る、淀に散った最強のステイヤー、ライスシャワー

ライスシャワーは記憶に残る名馬である。 戦績は25戦6勝、G1レース3勝という成績も残しているが 果たして同じような成績を残した馬を20年経っても覚えているだろうか? ライスシャワーは人々の記憶に残り続けている。 京都競馬場にライスシャワーの碑がある限り

5,888 view
ライスシャワー

ライスシャワー

父リアルシャダイ母ライラックポイント
ユートピア牧場で生まれたライスシャワーは小柄ながらも順調に育成され、デビューを迎えることとなる。

ダービーで本格化

ライスシャワーのデビューは2歳の夏と比較的早いデビューだった。
晩成のステイヤーというイメージがあるので意外かもしれないが
2歳のオープン特別芙蓉ステークスに勝利している。
実はこの勝利で賞金を稼いだことが後々活きてくるのである。

その後、一度も3着にも入れないまま日本ダービーを迎える
思えば2歳の芙蓉ステークスに勝利していなければ、賞金が足りず
除外は確定的だっただろう。
近走不振のライスシャワーは16番人気のまったくのノーマークな存在であった。

しかし、その低評価を覆すように2着入線し、1着で1番人気のミホノブルボンとの
馬連は万馬券であった。

ミホノブルボンの三冠を阻止

ダービーで2着になったライスシャワー
秋はセントライト記念、京都新聞杯と続けて2着に好走する。
ダービーがフロックでないことを証明した。
そして迎えた菊花賞、圧倒的人気は無敗の三冠馬に挑むミホノブルボン
ライスシャワーは離れているとはいえ、2番人気、ダービーに比べれば
大きく支持を伸ばした結果だった。
誰もがミホノブルボンが無敗の三冠馬になることを期待する中
最後の直線であっさりと交わしていったのがライスシャワー
目標を決めて、きっちりと仕事をする。鞍上の的場均に導かれ
先頭でゴール板を駆け抜ける。
ミホノブルボンは無敗の三冠馬になれず、結果、このレースが
最後のレースとなった。
そして、ライスシャワーのステイヤーとしての素質が
淀の舞台で開花したのであった。

1992年菊花賞
ライスシャワー【マリラブ日記】 (1558680)

メジロマックイーンの三連覇を阻止

菊花賞制覇後、有馬記念を経て、年明け2戦目の日経賞を快勝し
ライスシャワーは春の天皇賞に出走する。
菊花賞のミホノブルボンと同様、ここでも大きな壁が立ち塞がる。
現役最強馬メジロマックイーンである。
しかもメジロマックイーンは春の天皇賞を連覇しており
前走も休み明けながら、圧勝、ミホノブルボン以上に
手強い相手といっていいだろう。
しかも鞍上の武豊は春の天皇賞を四連覇しており
ここを勝てば、メジロマックイーンは同一G1を三連覇
武豊は五連覇となる。これは1993年のことだが
2016年現在も中央競馬ではこの記録は達成されていない。
ここでもこの記録達成に皆は期待を寄せた。しかし
ライスシャワーは直線、メジロマックイーンを交わし、そのままゴールを
駆け抜ける。ミホノブルボンの大記録に続いて、今度は
メジロマックイーンの大記録も阻止をした。
関東の刺客と呼ばれたライスシャワーはこの時はまだヒールなイメージが
強かったのである。的場騎手もそんなライスシャワーのキャラクターに
ぴったりで、まさに名コンビであった。

長きに渡る不振

古馬のチャンピオンとなったライスシャワーだったが、この後
長いトンネルに入ることとなる。
秋は4戦全敗、翌1994年春は日経賞で2着に入るも
その後、故障してしまい、休養を余儀なくされる。
休み明けで挑んだ有馬記念は3着と好走するが
翌1995年の京都記念、日経賞は格下相手に
掲示板にも乗れず、敗退。
もう、ライスシャワーは終わってしまったか?
その答えは次走、春の天皇賞にあった。

4角先頭の奇襲

ライスシャワーは2年ぶりに春の天皇賞に駒を進める。
思えば、2年前にこのレースに勝利をしてから、勝ち星をあげていない
しかしながら、3000メートル以上のレースは2戦2勝と負けがない
しかも、古馬の王者であるナリタブライアンは故障で休養中のため
他にG1馬もおらず、比較的、手薄なメンバー。
そんなこともあってか、近走不振のライスシャワーでも4番人気という
支持であった。
レースは3コーナーからロングスパートをしかけたライスシャワーが
最後の直線で迫るステージチャンプを振り切り、1着でゴール板を駆け抜ける。
見事に復活勝利を遂げたライスシャワー、そして淀の舞台で
G1レース3勝目をあげたのであった。

ライスシャワーの3コーナーからのスパート

メジロマックイーンやミホノブルボンをマークして勝つという
レーススタイルではなく、自分から勝ちにいくレースをした。
刺客ではなく、主役のレースだった。
 (1558694)

杉本アナウンサーの実況

明らかにライスシャワーを応援している。
4コーナー先頭の「あー、やっぱりこの馬は強いのか」
「おそらくメジロマックイーンもミホノブルボンも喜んでいるでしょう」
などの名言がいくつもの炸裂しています。
ハズレてもあきらめないで~!宝塚記念で出会った有名人。|雪のかけらの競馬ブログ (1558696)

出典 ameblo.jp
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

1992年、無敗で皐月賞とダービーを制したミホノブルボンが死去

1992年、無敗で皐月賞とダービーを制したミホノブルボンが死去

1992年の皐月賞・日本ダービーを制したミホノブルボンが、老衰のため死亡していたことが分かった。28歳だった。”坂路の申し子”と言われ、人気だったミホノブルボンの訃報をお伝えする。
最後まで底が見えなかった20世紀最後の名馬グラスワンダー

最後まで底が見えなかった20世紀最後の名馬グラスワンダー

2015年はスクリーンヒーローを父に持つモーリスが年度代表馬に選ばれ グランプリ有馬記念はゴールドアクターが勝利した。 それらの祖父にあたるのがグラスワンダーであり、常に底知れぬ力を秘めた名馬であったことは間違いない。彼の偉大な軌跡を追っていきたい
hirokibulk | 2,349 view
同期はメジロマックイーン、記録よりも記憶に残る馬・メジロライアン

同期はメジロマックイーン、記録よりも記憶に残る馬・メジロライアン

クラシックの有力候補として常に人気を背負い続けてきた馬・メジロライアン。あと一歩というところでなかなかGIに手が届かない彼を応援するファンの数は同期のスターホース・メジロマックイーンより多かったかもしれません。今回はそんな記録よりも記憶に残る馬・メジロライアンをご紹介します。
concorde | 252 view
日本競馬史上初めてGIを勝利した騙馬・暴れん坊レガシーワールド

日本競馬史上初めてGIを勝利した騙馬・暴れん坊レガシーワールド

騙馬とは、気性が荒く人間の言うことを聞かないため去勢手術をされた牡馬のことを言います。レガシーワールドもそんな騙馬の1頭です。彼もまた気性が荒く、騎手を振り落としてしまうほどヤンチャでした。しかし、騙馬になってその才能が一気に開花します。今回はそんな暴れん坊・レガシーワールドをご紹介します。
concorde | 269 view
3度の難病を乗り越えつかんだ勲章!不屈のGI馬・オフサイドトラップ

3度の難病を乗り越えつかんだ勲章!不屈のGI馬・オフサイドトラップ

みなさんはオフサイドトラップという馬を覚えているでしょうか?8歳まで現役を続け、その間に3度の屈腱炎を克服し、不死鳥のようによみがえった馬でした。しかも8歳で重賞初勝利を挙げ、重賞連勝の勢いでGI・天皇賞(秋)まで制します。今回はそんな不屈の闘志を持ったGI馬・オフサイドトラップをご紹介します。
concorde | 255 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト