hirokibulkさんの記事

皇帝の息子は帝王!トウカイテイオー

皇帝の息子は帝王!トウカイテイオー

トウカイテイオーはシンボリルドルフの代表産駒である。 皇帝ルドルフの子が帝王というネーミングとは裏腹にシンボリルドルフの絶対的な強さに比べ、トウカイテイオーは強さと脆さ両方持ち合わせていた。しかし、それがまた彼の人気を高める要因でもあった。
hirokibulk | 3,246 view
芦毛伝説を継ぐ名優!メジロマックイーン

芦毛伝説を継ぐ名優!メジロマックイーン

1990年、中央競馬を賑わせたオグリキャップが引退した。しかし、その年の菊花賞で新たな芦毛のスターが誕生した。 それがメジロマックイーンである。親子三代天皇賞馬という偉業も達成した彼の軌跡を追いたい。
hirokibulk | 1,750 view
フランス生まれの快速牝馬!ファビラスラフイン

フランス生まれの快速牝馬!ファビラスラフイン

外国産馬全盛の時代、クラシックには出走できなかったが クラシックでは無い牝馬三冠最後のレース秋華賞を制し 初代女王となったのがファビラスラフイン 一年間の短い現役生活だったが、中身の濃い現役生活だった。
hirokibulk | 1,682 view
輝かしい天才少年!サッカーボーイ!

輝かしい天才少年!サッカーボーイ!

尾花栗毛の輝かしい姿とスピード溢れる走りで見るものを魅了した 馬がいた。その名はサッカーボーイ、圧勝と不可解な惨敗もあった サッカーボーイの輝かしい戦歴をたどっていきたい。
hirokibulk | 1,028 view
最強を下して手にした栄光のマイル王!エアジハード

最強を下して手にした栄光のマイル王!エアジハード

マイル路線が整備され、いつの時代も路線の主役は存在した。 タイキシャトルやダイワメジャー、現役のモーリスなど マイル路線には幾多のスターホースが存在した。 その中でもエアジハードはG1レース2勝という成績だが ハイレベルなマイル路線を制しチャンピオンとなった馬であった。
hirokibulk | 664 view
空を駆ける芦毛の逃亡者!セイウンスカイ

空を駆ける芦毛の逃亡者!セイウンスカイ

1998年クラシック世代は非常にハイレベルだった。 その中で三強と呼ばれたのがキングヘイロー、スペシャルウィーク そしてセイウンスカイである。 血統は地味、デビュー前の期待は薄かったセイウンスカイだが ハイレベルの世代で二冠を制した力強い逃げ馬だった。
hirokibulk | 1,626 view
母と仔が築いた夢!アドマイヤベガ

母と仔が築いた夢!アドマイヤベガ

アドマイヤベガは二冠牝馬ベガの初年度産駒であり、日本ダービーを制した名馬である。 しかしながら、その道のりは決して平坦ではなかった。 そんなアドマイヤベガの生涯を追っていきたい。
hirokibulk | 1,196 view
名牝の新しい価値の見出し方!ビワハイジ

名牝の新しい価値の見出し方!ビワハイジ

名牝と聞くとどうしても競走成績に目が行きがちで 牡馬に混じってG1レースをいくつも勝ったであったり 海外のG1を制覇したであったりしたというところに注目しがちである。 しかし、名牝の価値はもう一つあり、それは産駒の成績。 そこに注視すれば、ビワハイジは間違いなく名牝であることがわかる。
hirokibulk | 995 view
日本最強マイラーはやはりこの馬!タイキシャトル

日本最強マイラーはやはりこの馬!タイキシャトル

2016年はマイル戦線を無敗で駆け抜けたモーリスが年度代表馬に選ばれた。 日本競馬史上最強のマイラーは?という問いに対し、真っ先に思い浮かぶのが 1998年の年度代表馬、タイキシャトルである。 タイキシャトルを知らない若い世代はロードカナロアやモーリスを 短距離最強と思いがちだが、本当の最強はこのタイキシャトルである。
hirokibulk | 4,524 view
マイネル軍団のG1初制覇は実はこの馬!!マイネルマックス

マイネル軍団のG1初制覇は実はこの馬!!マイネルマックス

マイネル軍団と言えば、地味な血統ながらも、常にターフを沸かせてくれる 日本競馬会にはなくてはならない競走馬たちです。 そんな、マイネル軍団のG1初制覇がマイネルマックス、ではマイネルマックスとはどんな馬だったのか?
hirokibulk | 3,787 view
外国産馬創世記!!タイキブリザード

外国産馬創世記!!タイキブリザード

良血、外国産馬、藤澤厩舎。これだけのブランドが揃えば嫌でも期待をしてしまいます。 そんなブランドを兼ね備えたのがタイキブリザード。しかし、詰めの甘さなど どこか親しみを持てる馬でもあった。そんなタイキブリザードの戦歴を追っていきたい。
hirokibulk | 741 view
短距離界に咲いた大輪の花!フラワーパーク

短距離界に咲いた大輪の花!フラワーパーク

1996年はG1レースが三つ増設された日本の競馬界において革新的な年だった。その内の一つが高松宮記念で、春のスプリント王決定戦という位置付けだった。それを初めて制覇したのがフラワーパーク。そんなスプリント女王の駆け抜けた道を振り返っていきたい。
hirokibulk | 882 view
まさに獲物を狙う鷹の末脚!!ブラックホーク

まさに獲物を狙う鷹の末脚!!ブラックホーク

ブラックホークは90年代終わりから2000年代初めにかけて活躍した短距離馬である。 堅実だけど勝ちきれない、でも、馬券を買っている方からすると安心。 そして最後に上げた大金星、そんなブラックホークの戦績を振り返りたい。
hirokibulk | 571 view
牝馬最強伝説の幕開けはここから!!エアグルーヴ

牝馬最強伝説の幕開けはここから!!エアグルーヴ

ウオッカ、ブエナビスタ、ジェンティルドンナと近年牡馬と互角に渡り合う牝馬の 活躍が目立つ。これらの女傑も偉大だが、その扉を開いた馬がいる。それがエアグルーヴだ。牝馬が牡馬に混じってG1を勝つことができるのはせめてマイルまで、そんな時代に天皇賞を制し、牡馬と互角のレースを繰り広げたエアグルーヴの軌跡を追っていきたい。
hirokibulk | 1,477 view
史上最強の逃げ馬!!サイレンススズカ

史上最強の逃げ馬!!サイレンススズカ

1998年11月1日の天皇賞秋、圧倒的一番人気だったサイレンススズカに悲劇が 訪れた。レース中の骨折、安楽死、サイレンススズカの一生はそこ終わりを迎えてしまった。まだまだどこまで強くなるかわからなかったサイレンススズカの一生を振り返りたい。
hirokibulk | 4,929 view
可憐な女傑!ライアンの娘メジロドーベル!!

可憐な女傑!ライアンの娘メジロドーベル!!

牝馬同士では強いけど、牡馬に混じるとイマイチ そんな馬は結構いるが、メジロドーベルはその代表例と 言っていいだろう、ドーベルという名の反面、可憐さが見られた 彼女の歴史を振り返りたい。
hirokibulk | 929 view
地方の星は本当はこの馬!!メイセイオペラ

地方の星は本当はこの馬!!メイセイオペラ

地方競馬から中央競馬へ…ハイセイコーやオグリキャップなど時代のスターホースが 歩んだ道だが、地方競馬に所属をしたまま中央のG1レースを制覇したのはメイセイオペラが 唯一無二である。TV化もされた彼の偉業を追っていきたい。
hirokibulk | 4,245 view
ファンに愛されホース!!ナリタトップロード

ファンに愛されホース!!ナリタトップロード

ファンに愛された馬という言葉がある。G1レースをいくつも勝ち、歴史に名を残す馬も いれば、成績は突出していなくても、思わず応援してしまう馬である。ナリタトップロードもそんな馬の一頭だった。
hirokibulk | 2,179 view
海外G1初制覇はこの私!!シーキングザパール!!

海外G1初制覇はこの私!!シーキングザパール!!

日本馬として最初に海外のG1レースを制覇したのは タイキシャトルでもエルコンドルパサーでも無く、シーキングザパールである。 日本の海外遠征の先駆けとして結果を出したシーキングザパール そんな彼女の魅力に迫っていきたい。
hirokibulk | 842 view
世界へ飛翔した名馬!!エルコンドルパサー

世界へ飛翔した名馬!!エルコンドルパサー

日本馬の目標といえば、国内のG1制覇ではなく、凱旋門賞制覇になりつつある昨今 その凱旋門賞で日本馬として初めて連対をし、勝利まであと一歩のところまで近づいたのがエルコンドルパサー 国内G1はわずか2勝でも顕彰馬である彼がどれだけ偉大かを振り返っていきたい。
hirokibulk | 1,130 view
常にケガと闘い続けた遅咲きの桜、サクラローレル

常にケガと闘い続けた遅咲きの桜、サクラローレル

サクラ軍団、最強にして最後の将、サクラローレル。遅咲きの桜は一気に頂点を駆け上がり年度代表馬にも輝いた。 しかしながら、栄光の裏側には常に脚部不安という爆弾を抱えていた。そんなガラスの名馬サクラローレルの軌跡を追っていきたい。
hirokibulk | 1,996 view
逃げても勝てる、追い込んでも勝てる!変幻自在の名馬マヤノトップガン

逃げても勝てる、追い込んでも勝てる!変幻自在の名馬マヤノトップガン

逃げてよし、追い込んでよし、競走馬の脚質というのは ある程度決まっていて、自分の型というものがある。 しかしながら、マヤノトップガンは逃げてもG1制覇 追い込んでもG1制覇という離れ業を成し遂げた。 そんなマヤノトップガンの魅力に迫っていきたい。
hirokibulk | 1,534 view
武豊と言えばディープ??いやいやスペシャルウィーク!!

武豊と言えばディープ??いやいやスペシャルウィーク!!

武豊が騎乗した馬といえば?誰もがディープインパクトと答えてしまいそうだが 武豊に初めてダービーの栄冠をもたらしたのは、スペシャルウィークである。 ディープに勝るとも劣らない彼の実力を戦歴とともに振り返っていきたい
hirokibulk | 2,696 view
今もなお記憶に残る、淀に散った最強のステイヤー、ライスシャワー

今もなお記憶に残る、淀に散った最強のステイヤー、ライスシャワー

ライスシャワーは記憶に残る名馬である。 戦績は25戦6勝、G1レース3勝という成績も残しているが 果たして同じような成績を残した馬を20年経っても覚えているだろうか? ライスシャワーは人々の記憶に残り続けている。 京都競馬場にライスシャワーの碑がある限り
hirokibulk | 5,056 view
最後まで底が見えなかった20世紀最後の名馬グラスワンダー

最後まで底が見えなかった20世紀最後の名馬グラスワンダー

2015年はスクリーンヒーローを父に持つモーリスが年度代表馬に選ばれ グランプリ有馬記念はゴールドアクターが勝利した。 それらの祖父にあたるのがグラスワンダーであり、常に底知れぬ力を秘めた名馬であったことは間違いない。彼の偉大な軌跡を追っていきたい
hirokibulk | 2,174 view
25 件