名曲『そして僕は途方に暮れる』を生み出したシンガー「大沢誉志幸」
2017年2月1日 更新

名曲『そして僕は途方に暮れる』を生み出したシンガー「大沢誉志幸」

1984年に代表曲「そして僕は途方に暮れる」を世に送り出したシンガー。リリース以降、多くのアーティストに歌い継がれています。他にもさまざまなアーティストに楽曲を提供する大沢誉志幸のメロディーメーカーな部分も一緒に彼をご紹介します。

12,072 view

80年代に活躍したシンガー「大沢誉志幸」

 (1783398)

1957年10月3日に東京都杉並区に生まれた「大沢誉志幸」。中学生のころから兄の影響でボブ・ディランやオーティス・レディングなどを聴いて育ちました。のちにR&Bに目覚め、駒澤大学在学中にバンド「クラウディ・スカイ」を結成。卒業後の1981年に同バンドのボーカル&ギターでデビュー。シングルを2枚、アルバムを1枚リリースしたものの、ヒット曲には恵まれず、同年末には解散してしまいました。
翌年、単身渡米。1年ほどニューヨークで過ごし、数多くのアーティストへのプロデュースや楽曲提供を行いました。帰国後の83年にシングル「彼女には判らない」でソロデビューを飾ります。

84年にリリースされた代表曲「そして僕は途方に暮れる」

そして僕は途方に暮れる

そして僕は途方に暮れる

1.そして僕は途方に暮れる
2.FREE WAYまで泣くのはやめろ  
「そして僕は途方に暮れる」は、1983年にソロ・デビューした翌年、1984年9月21日EPICソニーから5枚目のシングルレコードとしてリリースされました。
CONFUSION

CONFUSION

1. CONFUSION
2. そして僕は途方に暮れる
3. 雨のタップダンス
4. Free Wayまで泣くのはやめろ
5. その気***(ミステイク)
6. Living Inside
7. 彼女の向こう側
8. ダーリン小指を立てないで
9. BROKEN HEART
10. ウーレイ
同じく1984年にリリースされたアルバム『CONFUSION』からは2曲目のシングルカット曲でした。大沢本人の話によれば、本来、この曲は鈴木雅之に提供するために作られたものだったといいます。もしそうであれば、彼の最大のヒット曲が幻になっていたかもしれません。

大沢誉志幸 - そして僕は途方に暮れる

当時、日清カップヌードルのCM曲に抜擢され、いくつかのパターンのCMのバックにこの曲のサビの部分が流れ話題になりました。今でも曲を聴くとCMの映像が浮かぶという方も少なくないのではないでしょうか。

日清カップヌードル ♪ 大沢誉志幸 そして僕は途方に暮れる

よき相棒の詩人・作詞家「銀色夏生」

 (1783412)

宮崎県出身
詩人
1985年、第一詩集「黄昏国」(河出書房新社)刊行。
写真詩集、イラスト詩集、日記風エッセイ「つれづれノート」シリーズなど、
著書多数。

心静かに自然や人と対峙することが好きです。
ソロになった大沢誉志幸をいかに売り出していくかとレコード会社で模索している中、当時、20代前半の若き詩人「銀色夏生」も、その輪の中にいました。大沢の哀愁のあるメロディと銀色の失恋の切ない喪失感を伴う独特の世界観の詩という二人の才能が絶妙のタイミングで開花し、前述の「そして僕は途方に暮れる」も生まれました。

その後も、作詞・銀色夏生、作曲・大沢誉志幸、というダッグを組み、多くの楽曲を世に送り出しました。

大澤誉志幸 / クロール

1986年にシングルレコードとしてリリースされた「クロール」も作詞・銀色夏生×作曲・大沢誉志幸の懐かしい1曲。当時は、アサヒ飲料「三ツ矢サイダー」のCMに起用され、CMには富田靖子が出演していました。
48 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

あの安室奈美恵が、公式HPにて2018年9月16日をもって引退することを電撃発表しました。今年デビュー25周年を迎え、地元・沖縄で凱旋公演を行ったばかりでの今回の発表。日本中が衝撃に包まれています。
隣人速報 | 11,764 view
【イントロクイズ】1990年(平成2年)の邦楽ヒットチャートをクイズで振り返る!

【イントロクイズ】1990年(平成2年)の邦楽ヒットチャートをクイズで振り返る!

1990年(平成2年)の邦楽ヒットチャートをイントロクイズにしました。音声を聴かずに答えてもOK!
今なお色褪せない歌声と美貌で活躍する女性シンガーソングライター『遊佐未森』

今なお色褪せない歌声と美貌で活躍する女性シンガーソングライター『遊佐未森』

日本のバブル真っ只中の1988年にシンガーソングライターとしてデビューを飾った遊佐未森さん。50歳を超えた現在でもコンスタントに活躍される彼女についてまとめました。
gogo-one | 9,522 view
1984年に解散した!!日本のバンド・グループ・ユニットまとめ!!

1984年に解散した!!日本のバンド・グループ・ユニットまとめ!!

1984年に解散した日本の芸能グループ、バンド、音楽ユニットを年代順にまとめてみました。何回も解散と再結成を行っているバンドは最終的に解散した年を記しています。
ギャング | 3,254 view
バービーボーイズの紅一点・杏子!ハスキーボイスが特徴的だった!!

バービーボーイズの紅一点・杏子!ハスキーボイスが特徴的だった!!

杏子とコンタによる男女ツインボーカルのバンド『バービーボーイズ』。紅一点の杏子の特徴的なハスキーボイスが印象深いです。彼女の魅力に迫ってみます!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト