OVA版【影技-SHADOW SKILL】ファンタジー世界で繰り広げられる格闘ロマン!
2020年9月24日 更新

OVA版【影技-SHADOW SKILL】ファンタジー世界で繰り広げられる格闘ロマン!

RPGにあるようなファンタジー世界観において、魔法・剣術といったものを否定し、敢えて格闘ロマンといった方向に舵を切った『影技-SHADOW SKILL』。クルダ流交殺法による格好良い技の数々や主人公・ガウの成長が面白いです。今回の記事では、OVA版の作品を中心に魅力を紹介していきたいと思います。

183 view

『影技-SHADOW SKILL』とは?

『影技-SHADOW SKILL』

『影技-SHADOW SKILL』

原作者 :岡田芽武
連載誌 :コミックガンマ
     →月刊ドラゴンジュニア
      →アフタヌーン増刊
       →月刊アフタヌーン
連載期間:1992年~2014年
コミック:全11巻+3巻
『影技 SHADOW SKILL』(シャドウスキル)は、岡田芽武による漫画作品、およびそれを原作とするOVA、テレビアニメ、小説。
(中略)
聖王国アシュリアーナという架空世界を舞台に、多くの人々との出会いや別れ、そして数々の闘いを通じて、一人の少年が闘士として成長してゆく様を描いたファンタジー。物語の基礎になったのは、漫画家デビュー前に岡田が描いていた同人誌。岡田の商業誌デビュー作である。
1992年に竹書房の『コミックガンマ』で連載が開始されたが、1996年6月号をもって同誌が休刊となったのち、富士見書房の『月刊ドラゴンジュニア』で連載。休載の後、講談社のアフタヌーン増刊で連載。同誌の廃刊にともない、『月刊アフタヌーン』に移動するが2006年2月号にて一時休載、2009年9月号より連載再開(事実上の不定期連載となっていた)。このように何度かの出版社の移籍と掲載誌の変更・休載を経て、『アフタヌーン』2014年5月号まで足掛け22年にわたって連載された。長期連載のため初期と現在の絵柄がかなり違っている。物語は完結を迎えたが、未回収の伏線が多々ある。
早くからメディアミックス展開を行っており、OVAや『林原めぐみのTokyo Boogie Night』でのラジオドラマが展開されるが、テレビアニメになったのは1998年だった。

Shadow Skill 1996 OVA 1

記事で紹介するOVA版『影技-SHADOW SKILL』は、1995年に第1期シリーズとして全1巻、1996年に第2期シリーズとして全3巻が発売されました。
当記事ではOVA版『影技-SHADOW SKILL』の第1期シリーズに焦点を当てて記載し、その後に、第2期シリーズやテレビアニメ版を紹介していきたいと思います。

OVA版『影技-SHADOW SKILL』のストーリー

盗賊に住んでいた村を襲われ、幼いころに両親を亡くしてしまった主人公ガウ。クルダ流交殺法影技の使い手であり、女性にして最強の傭兵と認められた闘士に与えられるというセヴァール(修練士)の称号を持つエレに拾われ、それ以後、弟として育てられました。
エレからクルダ流交殺法を習いながらも成長を遂げ、14歳の誕生日を迎えたガウ。毎年の恒例行事となっている両親の墓参りに生まれ故郷の村に向かいます。墓参りを済ませると、エレはガウの成長ぶりを確かめるために真剣勝負を始めます。すでにガウはエレと同様の技量を身に付けているはずなのに、戦いはエレが圧倒して一方的な展開となりました。
何よりもガウの成長を楽しみにしていたエレは、ガウの戦いぶりに落胆し、半日の猶予を与えて再び拳を交えると言います…

OVA版『影技-SHADOW SKILL』の魅力とは?

ファンタジー×格闘要素の斬新な組み合せ

https://www.amazon.co.jp/%E5%BD%B1%E6%8A%80%EF%BD%9ESHADOW-SKILL-%E2%80%95-4-%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%A0/dp/B00005F5ZB (2228066)

中世ヨーロッパのような世界観で描かれる作品は多く、『影技-SHADOW SKILL』もその中のひとつと言えます。しかし、『影技-SHADOW SKILL』という作品が斬新なのは、主人公たちは武具を用いず、クルダ流交殺法という武術を駆使して戦っているところです。
戦争を描いた大河ドラマや武具・魔法といったものを中心に描く作品が大半を占めるなか、『影技-SHADOW SKILL』はファンタジーな世界観を舞台に格闘ロマンを展開しており、他の作品ではなかなか類似するものがない特徴となっています。

クルダ流交殺法のアクロバティックな動き

https://www.suruga-ya.jp/product/detail/120005374 (2228069)

エレやガウの軽快な動きは、見ているだけで画面に惹き付けられてしまいます。特に二人が得意とする”影技”においては、手を繋がれた女性奴隷によって編み出された戦闘術といった設定となっており、実在する格闘技であるサンボを意識した動きがあるのも見逃せないポイントです。
そして、常人離れしたバトル展開は『ドラゴンボール』『北斗の拳』『聖闘士星矢』といった人気コンテンツを彷彿とするものがあり、どんな必殺技が繰り出されるのか、ついついワクワクしながら見入ってしまいますね。

主人公ガウの抱える葛藤と成長ぶり

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%89%E3%82%A6%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%AB-%E5%BD%B1%E6%8A%80-%E6%95%A3%E9%97%98%E7%BE%85-TV%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%A9/dp/B00005F62I?SubscriptionId=AKIAJNVRBHCZEM2IF4EA&tag=nicovideo07_st1-22&linkCode=xm2&camp=2025&creative=165953&creativeASIN=B00005F62I (2228072)

セヴァールであるエレと同等の技量をもつ主人公ガウ。しかし、真剣勝負では相手にならないほどの差がありました。戦うことに理由や意義を見出せないでいたガウ。本編では、その葛藤がガウの闘志を曇らせていたことが分かります。
ガウにとって、エレは、セヴァールになるために乗り越えていかなければいけない存在。
とうとう真剣にエレと向き合う覚悟を決めたガウは、再戦では、エレと互格の戦いを演じるのでした。両者の戦いの決着の行方は…

関連コンテンツのご紹介

OVA版『影技-SHADOW SKILL』第2期シリーズ

第2期Vol.1

サブタイトル
『セバール』
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

OVA【真魔神伝バトルロイヤルハイスクール】そのストーリー性や魅力などご紹介!

OVA【真魔神伝バトルロイヤルハイスクール】そのストーリー性や魅力などご紹介!

1987年に発売されたOVA作品『真魔神伝バトルロイヤルハイスクール』。来間間慎一さんが描いたコミック『魔神伝』を原作として、その”バトルロイヤルハイスクール”の部分をアニメ化したものです。今回の記事では、本編のストーリー性や魅力のパロディといった要素を掘り下げていきたいと思います。
tsukumo2403 | 25 view
OVA【シャーマニックプリンセス】ストーリーや各話エピソード・本編動画をご紹介!

OVA【シャーマニックプリンセス】ストーリーや各話エピソード・本編動画をご紹介!

1990年代後半に制作・販売されたOVA『シャーマニックプリンセス』。可愛い女性キャラクターたちの活躍を描いたコンテンツで、内容としては本格ファンタジーといった内容の作品です。今回は全6話各話の本編動画・エピソードを紹介していきますので、ぜひ記事をご覧になってください。
tsukumo2403 | 134 view
OVA【NINJA GAIDEN】ゲームからアニメ化!魅力や他の忍者コンテンツとの比較!

OVA【NINJA GAIDEN】ゲームからアニメ化!魅力や他の忍者コンテンツとの比較!

海外では圧倒的な人気を誇るゲームコンテンツ『NINJA GAIDEN』。その歴史はアーケード版から始まり、家庭用ゲーム機のソフトとしても発売されました。OVA作品も制作され、 そのキャラクターデザインは後のゲームソフトにパッケージにも採用されました。今回はOVA版に焦点を当て、その魅力の紹介や他の忍者コンテンツとの比較をしていきます。
tsukumo2403 | 163 view
OVA版【闘神伝】人気格闘ゲームをアニメ化!ストーリー性や類似作品をご紹介!

OVA版【闘神伝】人気格闘ゲームをアニメ化!ストーリー性や類似作品をご紹介!

1990年代、タカラによって発売された対戦型格闘ゲーム『闘神伝』。プレイステーション用のソフトとして発売され、1996年にはOVA化も実現しています。今回の記事は、OVA版『闘神伝』にスポットを当て、ストーリー性・本編動画や類似作品を紹介していきたいと思います。
tsukumo2403 | 392 view
1998年にアサヒビールのイメージガールとして人気だった『児島玲子』が気になる!!

1998年にアサヒビールのイメージガールとして人気だった『児島玲子』が気になる!!

1998年にアサヒビールのイメージガールとして活躍した児島玲子さん。抜群のプロポーションで人気を集めていました。現在も美貌は健在だと言う・・・。
ギャング | 1,394 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト