問答無用「ゴッドファーザー PART II」アメリカ版仁義無き戦い!
2017年1月31日 更新

問答無用「ゴッドファーザー PART II」アメリカ版仁義無き戦い!

血で血を洗うこの一族。血の繋がりと顔が濃すぎます!!血を見るまで安心出来ない血気盛んな面々!もう5文字も「血」とゆう字を使ってしまいました。そう、テーマは「血の争い」です。

2,146 view

The Godfather

「ゴッドファーザー」とは、マフィアのボスまたはファミリーのトップへの敬称であるが、本来はカトリックでの洗礼時の代父(名付け親)という意味である。

大ヒットを飛ばしたシリーズ第一作「ゴッドファーザー」を振り返る

『ゴッドファーザー』(原題: The Godfather )は、1972年に公開されたアメリカ映画。監督はフランシス・フォード・コッポラ。マリオ・プーゾの小説『ゴッドファーザー』の映画化作品。
公開されると当時の興行記録を塗り替える大ヒットになり、同年度のアカデミー賞において作品賞・主演男優賞・脚色賞を受賞した。1990年にはアメリカ国立フィルム登録簿に永久保存登録された。
マーロン・ブランド

マーロン・ブランド

激渋。
20世紀最高の俳優と称されるマーロン・ブランドが演じたドン・コルレオーネ。まさにマフィアのドンでした!
第二次世界大戦が終わった1945年。イタリア系アメリカ人のコルレオーネ家はニューヨーク市郊外の高級住宅街の一角を占める。屋敷では主人であるドン・コルレオーネ(マーロン・ブランド)の娘コニー(タリア・シャイア)の結婚祝賀宴が豪勢にとり行われていた。ガソリン配給優遇措置を受けるためのステッカーが貼られた高級車が敷地外に並び、太陽の下では故郷を同じくするイタリア人が老いも若きも陽気に歌い踊っている。

マイケルはドンが非合法な手段によりこの歌手を救った過去を明かした。ドン・コルレオーネ、即ち彼の父が組織暴力のトップ「ゴッドファーザー」であることを率直に伝える。ソニーもフレドも組織の幹部であり、トムはコンシリエーレ(consigliere;顧問、相談役)として官房に携わっていたのだ。
驚くケイに対しマイケルは、彼らは家族として重要な存在だが、自分はその家業には無縁であると誓う。ドンもまたマイケルが堅気の生活を送ることを望んでいた。自分の道を歩こうとするマイケルはケイと恋人同士の時間を過ごす。賑やかなマンハッタンの街中をデートする2人。ラジオシティ・ミュージックホールを過ぎようとした時スタンドで売られている新聞を見たマイケルは驚愕する。そこにはドン・コルレオーネが襲撃され重傷を負った記事が載っていた。この瞬間からニューヨーク五大ファミリーの一つとして地下帝国で栄華を誇ったコルレオーネ家の運命は悲劇の暗転を繰り返すこととなる。
まさにドンがドーンと襲撃されちゃいます!
ここから一族に不穏な空気が流れ始めます・・・。

原作に忠実だった一作目から、段々と監督フランシス・フォード・コッポラの世界が演出されていきます

フランシス・フォード・コッポラ

フランシス・フォード・コッポラ

72年の「ゴッドファーザー」の世界的ヒットによりメジャー監督の仲間入りを果たした。79年の「地獄の黙示録」がカンヌ映画祭グランプリを獲得。

「ゴッドファーザー PART II」のあらすじ

この映画では、二つの物語が同時進行で語られる。一つ目の物語の舞台は1958年から1959年で、前作『ゴッドファーザー』に続くマイケル・コルレオーネの姿が描かれる。もう一方の物語は1901年から1941年までの、マイケルの父ヴィト・コルレオーネの在りし日の姿を描く。幼い頃にニューヨークに渡りコルレオーネ・ファミリーを築いていくヴィトの物語が、現在のファミリーを守るために戦うマイケルの物語と交錯する。

作品データ

監督 フランシス・フォード・コッポラ
脚本 マリオ・プーゾ、フランシス・フォード・コッポラ
出演 アル・パチーノ、ロバート・デュヴァル、ダイアン・キートン、ロバート・デ・ニーロ等
公開 1974年(昭和49年)
配給 パラマウント映画
時間 200分

アメリカ映画の名セリフベスト100 第58位は!?

マイケル・コルレオーネ

マイケル・コルレオーネ

「ゴッドファーザー PART II」マイケル・コルレオーネ(アル・パチーノ)のセリフでした!
その言葉は・・・
Keep your friends close, but your enemies closer.

「敵の懐に入れ」
私としては下記の和訳の方がグッときました。
Keep your friends close,but your enemies closer.

「友を近くに置け、敵はもっと近くに置け。」
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

最終章「ゴッドファーザーPARTⅢ」もまた重厚な作品に仕上がっております。

最終章「ゴッドファーザーPARTⅢ」もまた重厚な作品に仕上がっております。

第一、二作に続く第三作目となる「ゴッドファーザーPARTⅢ」。もともと予定されていたタイトルは「マイケル・コルレオーネの死」だったそうです。死と隣り合わせのマフィア稼業。マイケルの物語もいよいよ終焉です。
ひで語録 | 16,376 view
警察の腐敗を内部告発した実在の人物を映画化『セルピコ』アル・パチーノが圧巻の演技!

警察の腐敗を内部告発した実在の人物を映画化『セルピコ』アル・パチーノが圧巻の演技!

映画『セルピコ』。1973年製作のアメリカ・イタリア合作映画。日本公開は1974年7月。シドニー・ルメット監督、アル・パチーノ主演。警察の腐敗を許せない正義感を持った警察官をアル・パチーノが見事に演じ切っている。
ひで語録 | 1,115 view
映画「タクシードライバー」 アメリカン・ニューシネマの傑作であり、大統領暗殺未遂事件の遠因にもなった狂気の映画でもありました。

映画「タクシードライバー」 アメリカン・ニューシネマの傑作であり、大統領暗殺未遂事件の遠因にもなった狂気の映画でもありました。

映画「タクシードライバー」。ロバート・デ・ニーロ主演で1976年の作品。本作はアメリカン・ニューシネマの最後の傑作とされています。また、その後の大統領暗殺未遂事件にも影響した映画でもありました。
ひで語録 | 3,940 view
映画「007 黄金銃を持つ男」を特集!原作者イアン・フレミングの遺作でもあります。

映画「007 黄金銃を持つ男」を特集!原作者イアン・フレミングの遺作でもあります。

1974年公開。「007 黄金銃を持つ男」は、007シリーズ映画化第9作目。原作者イアン・フレミングの遺作です。
ひで語録 | 2,716 view
エロ映画の金字塔「エマニエル夫人」日本の情事は団地妻が定番ですが、仏は夫人なんですたぶん!

エロ映画の金字塔「エマニエル夫人」日本の情事は団地妻が定番ですが、仏は夫人なんですたぶん!

「エマニエル夫人」といえば洋モノポルノだと思ってませんか?はい、ほとんど当たりです!ですが、芸術の国フランス。演出もこだわってます。そして、映画の売り方も巧かったようです
ひで語録 | 9,679 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト