レベッカ解散後にソロ活動をした『NOKKO』のシングル曲である「人魚」は、多くのアーティストがカバーした!!
2016年11月5日 更新

レベッカ解散後にソロ活動をした『NOKKO』のシングル曲である「人魚」は、多くのアーティストがカバーした!!

レベッカでボーカルを務めていたNOKKOは、解散後にソロで活動し、レベッカ時代からの感情のこもったパワフルな歌声を披露していました。そして、歌唱の幅を大きく広げながらキャリアを重ね、2015年に再びレベッカを再結成させました。

10,284 view

NOKKO

NOKKO

NOKKO

本名:山田信子(やまだ のぶこ)
1963年11月4日生まれ。埼玉県浦和市(現:さいたま市)出身。
血液型A型、蠍座。REBECCA(レベッカ)のボーカルを務める。
レベッカでボーカルを務めていたNOKKOだが、1990年1月19日に日本武道館にて最後のコンサートを行い、その後、バンドは活動無期休止宣言をしました。

休止後、NOKKOは元ノーマジーンのもとこと「SHORT HAIRS」結成し、ボ・ガンボスのどんと等と共に自主的にレコーディングをはじめ、2曲を完成させました。そして、ソロ活動をするためにNYへ旅立ちます。

1990年8月にレベッカはベストアルバムを発表しますが、1991年に正式に解散します。

ソロ活動について

【ソロデビューシングル】

1992年より、ソロ・シンガーとして活動を開始します。

CRAZY CLOUDS/NOKKO

【NOKKOのヒット曲『人魚』】

1994年3月9日に5枚目のシングル「人魚 」をリリースしたNOKKO。1994年のオリコン年間ヒットチャートでは、第32位にランクインしています。
「人魚」はフジテレビ系ドラマ『ボクたちのドラマシリーズ・時をかける少女』のエンディングテーマに起用されました。さらに安室奈美恵やBONNIE PINK、柴咲コウ、JUJUなど、多くのアーティストにカバーされています。

NOKKOコラボ 人魚

※加藤ミリヤと一緒にコラボした『人魚』

【CMソングに起用された『ライブがはねたら』】

1994年6月22日発売に発売したシングル『ライブがはねたら 』は、カルピスウォーターライトのCMソングになり、NOKKO本人が出演しました。

カルピスウォーターライト NOKKO 出演 CM

【連続テレビ小説『ふたりっ子』主題歌になった「ナチュラル」】

1996年11月1日発売されたシングル「Natural」は、NHK連続テレビ小説「ふたりっ子」の主題歌になり、ヒットしました。
54 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

どこで~こわれたのOhフレンズ~♪「レベッカ」のNOKKOの現在は?!

どこで~こわれたのOhフレンズ~♪「レベッカ」のNOKKOの現在は?!

1985年の「フレンズ」や1986年「RASPBERRY DREAM」などヒット曲を連発させ、80年代半ばから90年代前半にかけて大活躍した「レベッカ 」。そのボーカルを担当していたNOKKOさんが気になり調べてみました。
ギャング | 8,605 view
SMAP25周年のベスト収録50曲が決定!ファンによるリクエスト投票の結果も発表!

SMAP25周年のベスト収録50曲が決定!ファンによるリクエスト投票の結果も発表!

SMAPは25周年を記念して、ファン投票による最後のベストアルバム「SMAP 25 YEARS」を12月21日に発売する。今回、リクエスト投票結果による収録50曲が発表された。
red | 758 view
【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 155,491 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 148,325 view
レベッカ伝説の東京ドーム公演から30年!当時のライヴ・フィルムを超高画質にしたプレミア上映が決定!!

レベッカ伝説の東京ドーム公演から30年!当時のライヴ・フィルムを超高画質にしたプレミア上映が決定!!

1989年7月17日、レベッカが5万人を集めた初の東京ドーム公演から30年が経過したのを記念し、9月23日(月・祝)に全国16か所26箇所の映画館にて、ライヴ・フィルム『REBECCA BLOND SAURUS TOUR ’89 in BIG EGG-Complete Edition-』の1日限定プレミア上映が決定しました。
隣人速報 | 1,679 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト