文学ガールズロックバンド『ZELDA』に迫る
2016年4月28日 更新

文学ガールズロックバンド『ZELDA』に迫る

80年代に活躍したガールズロックの祖 「ZELDA」。パンクからブラック・ミュージックまで多様な音楽の中に文学的な歌詞を載せ唄いつづけた彼女たちの軌跡を振り返ってみましょう。

9,679 view

ガールズ ロックバンド「ZELDA」 誕生

ZELDA

ZELDA

1979年、ベースの小嶋さちほを中心に結成されたガールズロックバンド「ZELDA」。

1982年に日本フォノグラムからメジャーデビュー。以降長きに渡り ロックを基調とした様々な音楽性を取り入れたスタイルで、日本の音楽シーンを牽引してきました。
メンバーが全員女性のガールズバンドの草分け的存在であった。女性グループとしてもっとも長い活動歴を持つことで、ギネスブックにも記載されている。

バンド名は、アメリカの小説家、F・スコット・フィッツジェラルドの妻、ゼルダ・セイヤーに因んでいるとのこと。

独自の世界観と歌詞で人気爆発!

ZELDAの人気が爆発した理由のひとつはその歌詞と世界観にあります。

文学に造詣があるボーカルのSAYOKOは、当時 雑誌「宝島」でエッセイを連載していました。

彼女が歌い上げる少し斜に構えた文学的歌詞は、宝島の読者であった少女たちのハートをしっかりと捉えたのです。
Ash-Lah 曲中歌詞「いつか金色に 染まろうとする人が 働きずくめで白くなる パタパタと粉になる」という部分が自分のエセ文学少女のハートに刺さりました。

ZELDA - Ash-Lah - YouTube

「詩はカート・ボネガットの小説から。振り付けはフェリーニの映画から」(SAYOKO)
他のガールズバンドがラブソングを歌う中で 自分たちの世界観を貫くその姿に ロック魂を感じます。

ZELDA - 小人の月光浴 ハベラス - YouTube

ZELDAのメンバー

 (1637608)

小嶋さちほ (こじま さちほ、1958年12月26日 - ) - ベース、リーダー 通称“チホ”。後にボ・ガンボスの ボーカル、どんとの夫人となる。長男は元ズットズレテルズ(OKAMOTO'Sの前身バンド)のラキタ。次 男はナツノムジナ、Gateballersの久富奈良。

高橋佐代子 (たかはし さよこ、1964年10月10日 - ) - ボーカル 『招き猫カゲキ団』では“高橋小夜子”名義も有り 。後にSAYOKO名義でエイベックスからソロデビュー。現在は元JAGATARAのOTOら と結成したサヨコオトナラというバンドのボーカル。

鈴木洋子 (すずき ようこ) - ギター

石原富紀江 (いしはら ふきえ、1960年12月23日 - ) - ギター、法政大学卒業

本村直美 (もとむら なおみ) - ギター 現在はエレキのソロギタリストとして活動中。2013年にソロアルバム『whole』を発表。国内、国外でライブを行っている。

野沢久仁子 (のざわ くにこ) - ドラム 通称“マル”。

小澤亜子 (おざわ あこ、1963年2月16日 - ) - ドラム、日本女子大学理学部中退 一部で“小沢亜呼”名義も有り。

ケイ - ボーカル 初代ボーカル。

トヨ - シンセサイザー
バンド意外にも優れた才能やビジュアルを兼ね揃えていた彼女たちは人気絶頂の1986年、『ビリィ・ザ・キッドの新しい夜明け』という映画に「ZELDA」として出演します。

また、リーダーの小嶋さちほとSAYOKOの二人は、メンバー入れ替えで空白になった時間で別ユニットを結成。『招き猫カゲキ団』と称し、脱力系 昭和歌謡でZELDA時とは別のファン層を獲得しました。
招き猫カゲキ団

招き猫カゲキ団

後年の紹介記事で「大中」的なセンスと評された招き猫カゲキ団の原色の強いジャケットを見ると、極端なガーリー色を強く押し出した「きゃりーぱみゅぱみゅ」の世界観の原型が窺えるなど、八〇年代のサブカルチャーの中に散見していた今日の「サブカル」に連なる要素を早くから具現化していた
デビュー当初、「不思議ちゃんバンド」という見方をされていたZELDAは、今で言う"サブカル女子"文化の祖だったのかもしれません。

ZELDAの残した音源

以下は日本フォノグラムから

ZELDA (1982年8月25日)

CARNAVAL (1983年11月5日)

以下はCBSソニーから

空色帽子の日 (1985年10月21日)

C-ROCK WORK (1987年4月1日)

Dancing Days (1988年6月22日) ※ライブ・アルバム

SHOUT SISTER SHOUT (1988年10月21日)

D.R.O.P. (1989年9月21日)

以下はCutting edgeから

LOVE LIVE LIFE (1992年10月21日)

FULLMOON PUJAH (1993年10月21日)

虹色のあわ (1996年5月2日)

以下はSony Music House Inc.から

GOLDEN☆BEST/ZELDA-time spiral (2003年3月19日)
22 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

もう伝説と言ってもいいかもしれないですね。カワイイだけではない!80年代のZELDA(ゼルダ)は、今聴いても実に刺激的!

もう伝説と言ってもいいかもしれないですね。カワイイだけではない!80年代のZELDA(ゼルダ)は、今聴いても実に刺激的!

独特な世界観を持ち、ギネスに認定されるほどガールズ・バンドとしては長期間活動していたZELDA(ゼルダ)。カワイイだけではない革新的な音楽性は、今聴いても実に刺激的ですよ。
obladioblada | 5,351 view
あぶらだこ、アレルギーなどの幻の映像が蘇る!80'sパンクシーンを収めた映画「aura aurora」が公開!

あぶらだこ、アレルギーなどの幻の映像が蘇る!80'sパンクシーンを収めた映画「aura aurora」が公開!

80年代のパンクシーン黎明期を描いた貴重なライブ・ドキュメンタリー「aura aurora / オーラ・オーロラ」が、9月14日より東京「新宿 K's cinema」など全国の劇場で公開されることが決定しました。
隣人速報 | 889 view
パンクを映像化するとこのようにしかならない!と誰もが納得するであろう石井聰亙の初期作品!

パンクを映像化するとこのようにしかならない!と誰もが納得するであろう石井聰亙の初期作品!

今なお絶大な人気を誇る石井岳龍が石井聰亙を名乗っていた頃のパンキッシュな作品群。パンクを映像化するとこのようにしかならないと誰もが納得するであろう作品群。そんな作品を集めた「石井聰亙作品集DVD-BOX 1 ~PUNK YEARS 1976-1983~」をご紹介します。
obladioblada | 2,298 view
伝説のパンクバンド「アナーキー」!逸見泰成の死を乗り越え、18年ぶりにアルバムを発表!!

伝説のパンクバンド「アナーキー」!逸見泰成の死を乗り越え、18年ぶりにアルバムを発表!!

和製パンクバンドの始祖として名高い亜無亜危異(アナーキー)が、18年ぶりの新作アルバム「パンクロックの奴隷」をリリースすることが明らかとなりました。発売予定日は9月5日。
隣人速報 | 5,388 view
6月6日にCD『Ken Yokoyama VS NAMBA69』発売!タワレコの定番ポスターにも仲良く登場!

6月6日にCD『Ken Yokoyama VS NAMBA69』発売!タワレコの定番ポスターにも仲良く登場!

タワーレコードの「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター意見広告シリーズに、スプリットCD『Ken Yokoyama VS NAMBA69』を6月6日に発売する横山健率いるKen Yokoyamaと難波章浩率いるNAMBA69の両バンドのメンバーが登場。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト