ゲッターロボG 70年代の変形ロボットものの代表作です。
2016年3月2日 更新

ゲッターロボG 70年代の変形ロボットものの代表作です。

人類の奴隷化を目指す百鬼帝国と戦う3人の若者達。彼らの熱い戦いを思い出そう!ただ、百鬼帝国は本当に悪なのか?

3,924 view

あらすじ

巴武蔵の犠牲と共に恐竜帝国は滅び、地上に平和が戻ったかに見えた。だが、この時を待っていたかのように新勢力百鬼帝国が科学要塞島を浮上させ侵略を開始した。
恐竜帝国との戦いがやっと終わり、一息つくまもなく新たな敵が。そしてゲッターもパワーアップ。
ロボ師WORKS ゲッターロボG ゲッタードラゴン (1586704)

ゲッターロボGの勇姿 真ん中がドラゴン号が頭部のゲッタードラゴン、左がライガー号のゲッターライガー、右がポセイドン号のゲッターポセイドンです。
かねてより人類の新たな脅威の出現を危惧していた早乙女博士は新早乙女研究所と新ゲッターロボを開発。恐竜帝国との戦いに生き残った流竜馬と神隼人に加えて車弁慶を新パイロットに迎え、百鬼帝国から人類を守る戦いを展開する。
熱い戦いを繰り広げていましたね。

主要な登場人物

 (1586692)

流 竜馬 技と力でゲッターチームを率いるリーダーですね。声は北斗の拳のケンシロウの神谷明さんですね。
(俳優)(声優)キートン 山田(キートン やまだ) - キャラクター図鑑 Wiki* (1586693)

神 隼人 技と力の竜馬に対してスピードと頭脳。ゲッターチームの中では最強じゃないかと思うのですが!
アニメ情報 (1586698)

車 弁慶 力と食欲の弁慶ですね。どうしても3枚目ですね。巴武蔵の後を引き継ぎ、ゲッター3人目の搭乗者になる。
アニメ情報 (1586697)

早乙女博士 ゲッターのはじまりの人。この人がいたからゲッターの世界ははじまった。
2013年08月13日の記事 | ロボットアニメ/特撮ロボット/戦隊ロボットよろずブログ|kajunのロボログ - 楽天ブログ (1586696)

早乙女 ミチル 紅一点
 (1586702)

ブライ大帝 ヤッターマンのボヤッキーの声の人ですね。

若い命が真っ赤に燃えて~

若い命が真っ赤に燃えて~

ゲッターロボ! 作詞:永井 豪、作曲・編曲:菊池俊輔、歌:ささきいさお
懐かしいですね。

悪の帝国?百鬼帝国!!

頭に角を持つ「鬼」と呼ばれる者たちによる軍政国家。鬼は元から角を持つ一種のミュータントと、サイボーグ手術を受けて鬼になった者とが混成している。高度な科学力と強靱な肉体を持っているが、角を折られると死んでしまう。

恐竜帝国の全滅を見計らったかのように世界侵略を開始する。人類奴隷化計画に必要なゲッター線増幅炉を手に入れる為、新早乙女研究所を狙う。

アニメ版、およびその当時連載されていた漫画版では百鬼帝国の起源については詳細不明となっている
前作の恐竜帝国の場合には、元々暮らしていた地上に戻るという目的がありました。それに比べると、百鬼帝国の目的は不明でした。ただ、それに気づかせない勢いが当時見ていたゲッターロボにはありましたね。

百鬼帝国は本当に悪か?

このゲッターロボGの後に、原作者の一人である石川賢が壮大なスケールでゲッターロボの世界を作り上げています。そこでは、悪の帝国である百鬼帝国も少し様子が変わってきます。彼らは何故地球を、いえ、地球人類だけを攻めてきたのでしょうか?何故、ゴール率いる恐竜帝国とは戦わなかったのか?
『ゲッターロボG』の敵役である百鬼帝国は、彼らが送り込んだ最初の兵器であったことが巴武蔵の説明で判明した
百鬼帝国は、実は単なる操り人形に過ぎなかった。では本当の敵とは?
アンドロメダ流国[編集]
ゲッターロボとゲッター線を滅ぼさんと現れた未来からの侵略者。2500年以上先の未来(連載当時は750年以上先の未来と設定されていた)に拠点を置き、過去の地球(本作の時代)に存在するゲッターロボを滅ぼさんと、あらゆる兵力を送り込む。その正体は未来でゲッター軍団の侵略に抵抗していた異星人であり、ゲッターこそを「宇宙の侵略者」と呼び、自らの宇宙を守らんとする。
最初に現れたゲッターロボ、そしてゲッターエンペラーへと進化して、彼らから見て宇宙の侵略者と化すゲッタードラゴンンを倒すために、時をさかのぼり彼らは現れたのです。
24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

東映まんがまつりの劇場版『マジンガー』シリーズ:70年代の子供たちが満喫したスーパーロボットの夢の競演!

東映まんがまつりの劇場版『マジンガー』シリーズ:70年代の子供たちが満喫したスーパーロボットの夢の競演!

家庭の小さなテレビ画面でなく映画館の大きなスクリーンでのみ見ることができたスーパーロボットの夢の競演(クロスオーバー作品)!それが「東映まんがまつり」の劇場版『マジンガー』シリーズでした。異なるアニメ作品のヒーローたちが共演するのが特徴で、当時の子供たちを熱狂させました。マジンガーZとデビルマン、グレートマジンガーとゲッターロボなどが競演した劇場版『マジンガー』シリーズを振り返ってみましょう。
ガンモ | 19,688 view
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
『ベルばら』大相撲とコラボレーション!オスカルの懸賞幕が土俵を回る!!

『ベルばら』大相撲とコラボレーション!オスカルの懸賞幕が土俵を回る!!

1970年代から人気を集めている少女マンガ『ベルサイユのばら』の最新13巻が1月25日に発売することを記念して、22日まで大相撲一月場所にオスカルの懸賞幕が毎日登場する。
red | 997 view
【ベルばら】オスカルとアンドレの“幻の結婚生活”を表現したティーカップセット

【ベルばら】オスカルとアンドレの“幻の結婚生活”を表現したティーカップセット

男装の麗人・オスカルと幼馴染にして彼女の従卒であるアンドレの“叶わなかった結婚生活”を表現したティーカップ&ソーサーセットが登場。2017年に45周年を迎える漫画『ベルサイユのばら』と高級陶磁器メーカー『ノリタケ』のコラボで実現した。
ribbon | 1,769 view
スパロボの名作『ゲッターロボG』!「小学三年生」掲載のコミック版最終回の衝撃の内容とは?

スパロボの名作『ゲッターロボG』!「小学三年生」掲載のコミック版最終回の衝撃の内容とは?

『マジンガーZ』と並ぶスーパーロボット物の名作、『ゲッターロボ』「ゲッターロボG」は、その続編にあたる作品。幼年誌「小学三年生」に連載されていた、コミカライズ版『ゲッターロボG』を紹介!
滝口アキラ | 7,397 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト