【恋愛冒険活劇】ほぼ幻?の映画、「ジュリエットゲーム」を知っていますか
2019年6月22日 更新

【恋愛冒険活劇】ほぼ幻?の映画、「ジュリエットゲーム」を知っていますか

「ジュリエットゲーム」は1989年2月4日に公開された日本映画で、劇作家・演出家である鴻上尚史さんの初監督作品です。今ではなかなか観ることが出来ないこの映画について取り上げます。

2,745 view

監督・鴻上尚史さんについて

早稲田大学在学中の1981年に「劇団第三舞台」を結成、チケットの取りにくい人気劇団として小劇場ブームを引っ張っていました。
2001年に劇団を封印(2012年に正式解散)後はプロデュースユニット『KOKAMI@network(コウカミ・ネットワーク)』や『虚構の劇団』で演劇活動をされています。
最近では執筆活動や
「空気を読んでも従わない」

「空気を読んでも従わない」

アエラドットでの相談が人気です。

作品について

『ジュリエット・ゲーム』は、1989年2月4日に公開された日本映画。鴻上尚史の初監督作品である。
公開された1989年は平成元年。税率3%で消費税が施行され、映画では「魔女の宅急便」が大ヒットしました。

当時発売された「ジュリエットゲーム」のビデオパッケージには物語の紹介としてこう書かれています。
まるごとの純愛贈ります。
小学校の教員、正彦は駅のホームで見た真智子にドッキリ、ひとめぼれした。正彦のまわりは皆、愛に迷い、夢を失おうとしていた。しかし正彦は、愛もひとめぼれも思い込みも幻想であること知りつつ、真智子を追い続ける。だが、彼女を執拗に追いかける男・郡山が正彦の目の前に現れる。ひとめぼれを信じた正彦が追う追う、どこまでも追う。現代のカリスマ鴻上が贈る新しい”愛のかたち”
(ビデオパッケージ裏面記載)
純愛物語だそうですが主人公は今で言うとちょっといわゆるストーカーっぽいような?
ほぼ幻なだけに画像や予告動画などの入手も困難です。そこで当時発売されたパッケージの裏側に載っている写真を見てみることにします。
とりほりとん私物 (2115064)

上から

1・謎のほほえみでたたずむ真智子
2・靴を見る真智子の隣でうさぎ耳のようにハイヒールを自分の顔の横にあて、おどける正彦
3・スケートボードで住宅街を滑走する正彦
4・海上を走るモーターボートで立ち、コートを大きく横に広げている正彦

これらから読み取れるのは

1・神秘的な女性、真智子
2・ふたりはデートをする機会もあり、少し憂いを感じる表情の真智子に正彦がふざけて場を和ませている様子
3と4・街の中はもちろん海を渡ってまで?追いかける正彦

本当にどこまでも追って追って、追っているようですね。
出典 とりほりとん私物

登場人物について

追う男/正彦

主人公の正彦役には村上弘明さん。
村上弘明

村上弘明

デビューは1979年の「仮面ライダー(スカイライダー)」でした。「ジュリエットゲーム」の中でもスカイライダーの変身ポーズをなさっているそうです。以降、時代劇や「極道の妻たち」など幅広い役柄で活躍中、最近では2019年1月30日放送のフジテレビ系『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(後10:00)に出演された際に2018年2月に初期の大腸がんが見つかり手術を受けていたとお話になり、話題になりました。

ヒロイン/真智子

正彦に追われる女性、真智子には元おニャン子クラブの国生さゆりさん。
国生さゆり

国生さゆり

最近はメディアに登場される機会が少ないようですが、ご自身のInstagramではファッションや大好きなアーティストのことなどを投稿していらっしゃいます。
40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

これは昭和か平成か、二つの時代を満喫したミドルエッジ世代に贈る挑戦状10問!

これは昭和か平成か、二つの時代を満喫したミドルエッジ世代に贈る挑戦状10問!

昭和と平成。いずれも去り行く元号となる2つの時代を満喫した(?)ミドルエッジ世代。ついアバウトになりがちな当時の記憶を思い出す、脳みそライザップ的なクイズを10問どうぞ!!
宮本和知【プロ野球選手】ってどんな選手だった?現役時代~現在は何をしてる?

宮本和知【プロ野球選手】ってどんな選手だった?現役時代~現在は何をしてる?

宮本和知と言えば巨人軍の投手として記憶に残っている方も多いと思います。今回は宮本和知選手の現役時代に関する成績やエピソードなどを振り返りつつ、現在はどのような活躍をしているのかを紹介します。
ゆうなパパ | 774 view
「お帰りなさい。小野田さん!」明石家さんまにつっこまれていたMr.オクレとは。

「お帰りなさい。小野田さん!」明石家さんまにつっこまれていたMr.オクレとは。

無気力、無表情でネガティブキャラですが、なぜか笑いの取れる唯一無二の芸人。オレたちひょうきん族では、「何人トリオ」の一員で注目をあびました。
かわうそ | 1,435 view
OVA版【バイオ・ハンター】独特の雰囲気を漂わせる本格ホラー&アクション!

OVA版【バイオ・ハンター】独特の雰囲気を漂わせる本格ホラー&アクション!

原作は細野不二彦さんによるコミックで、その内容を忠実に映像化したOVA版も発売されました。今回はOVA版『バイオ・ハンター』にスポットを当て、本編動画やストーリー・登場人物などを紹介していきたいと思います。ぜひ独特の雰囲気を漂わせる本格ホラー&アクションをお楽しみください。
tsukumo2403 | 343 view
【文字起こし】近藤真彦と中森明菜の『金屏風会見』

【文字起こし】近藤真彦と中森明菜の『金屏風会見』

1989年の大晦日、近藤真彦と中森明菜による緊急会見が行われました。同年7月に自殺未遂を図った中森の復帰会見です。恋愛関係にあった二人の結婚を連想させるように金屏風が設置されるも、実際には中森の謝罪会見となった『金屏風会見』をレポート。会見の様子を【文字起こし】しています。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト