【カービィボウル】可愛いけど難しい!?対戦も楽しいマルチゲーム!!
2017年1月24日 更新

【カービィボウル】可愛いけど難しい!?対戦も楽しいマルチゲーム!!

軽快な音楽とやり込み要素満載なゲームシステム。大人から子供まで幅広く楽しめるゲームだと思います。

2,332 view

カービィボウルとは?

『カービィボウル』は、1994年9月21日に任天堂より発売されたスーパーファミコン用コンピュータゲーム。
 (1522083)

主人公カービィがその名の通りボールとなって敵を倒し、ゴールのカップを目指していく、ゴルフとビリヤードの要素を加えたゲーム。
ステージ上には数匹の敵と障害物があり、敵を倒しながらゲームを進めていくと最後の敵はゴールカップになる。ゴールカップに入ることでステージクリアとなり、次のステージへ進む。

ストーリー

あるプププランドの夜、カービィが窓から空を見上げると星が1つしかないことに気づく。心配そうに寂しい夜空を見上げていると、そこにデデデ大王が飛んできて最後の星を奪っていってしまった。星たちがいなくなったのはデデデ大王の仕業だったのだ。プププランドの夜空の星を取り戻すためにカービィは旅に出るのであった。
 (1522087)

ゲームシステム

十字ボタンでボールの方向を決め、Aボタンでカーブや威力を決めショットする。ボールの打ち方は、ステージ上を転がるゴロと飛び跳ねるフライから選べ、カーブや回転をかけることができる(ショット前にフルパワーでショットした際の途中までの軌道が表示される)。
転がっている最中にAボタンを押すとごくわずかだが加速できるため、移動距離を伸ばすことが出来る。特にバンパーで反射する際や、バウンド時に着地する際にAボタンを押すことでより効果的に移動距離を伸ばせる。1P MODEでホールインワンを狙う上では重要なテクニックになる。
 (1522091)

ステージから落ちると失格となってしまう。
ギリギリを攻めてショットするのが楽しい。

1人でも2人でも遊べるゲームモード!

1P MODE
ゲームは8つのコースがあり、ラスボスを除く各コースに8つのステージがある。8つのステージが終わるとそれまでの打数が計算され、成績によって下から銅メダル・銀メダル・金メダルが得られる。最後のラスボスでは巨大ロボットになったデデデ大王(メカデデデ)と対戦し、倒すとゲームクリアになる。しかし、メカデデデがカービィの位置まで前進し終わると床が赤くなってミスとなり、残り玉数に関係なくゲームオーバーになる(左右両端にいるメカはカービィがダメージを受けると玉数を1つ失う)。
1P MODEは、いかに少ない打数でゴールカップにカービィを転がすかがカギとなる。1打でゴールカップに入れるとホールインワンになり、玉数を1つ増やすことが出来る。
 (1522100)

2Pモードではアイコンにより相手の能力を確認出来る。
相手にぶつかると能力を奪う事が出来るが
ぶつけられた側のバイタリティが1減るので相手の体力を奪う等
戦略を立てて遊ぶ事も出来る。
2P MODE
基本ルールは1P MODEと同じだが、敵を倒したときに出る星の色を手玉と同じ色にして星の数を競い、カップに入った時点での星の数をそれぞれ加算し、8ステージ終わった時点で星の数が多い方を勝ちとする。相手プレイヤーの取った星であっても、自分が触れることで自分の星にすることができるため、必ずしも敵を倒した数が多いことが勝利の条件ではない。

能力を使い分けよう!

フィールド上に居る敵に触れると能力をコピーすることが出来ます。
クリアするには能力の使い分けが必須でした。
 (1522106)

スパーク能力は相手にダメージを与えられるので
対戦時にも有効です。
 (1522109)

ニードルは斜面でも止まる事が出来るので
複雑な地形でのカップインに有効でした。
 (1522111)

ユーフォーは一定時間、自由にステージを移動することが出来る。
最強に近い能力でした。

様々な仕掛けと難解なステージ!

39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

スーパーファミコンの本気グラフィック!「スーパードンキーコング」を遊び尽くす!

スーパーファミコンの本気グラフィック!「スーパードンキーコング」を遊び尽くす!

任天堂が本気を出して作り上げた超絶グラフィックとスピリチュアルなBGMが特徴的な横スクロールアクションゲームの王道。今回は、そんな「スーパードンキーコング」を遊び尽くします!
alex_law | 14,478 view
【訃報】スーパーマリオの元ネタ、マリオ・セガールさん死去。

【訃報】スーパーマリオの元ネタ、マリオ・セガールさん死去。

世界中で愛されるキャラクター「マリオ」の名前の元ネタである、マリオ・セガールさんが亡くなっていたことが明らかとなりました。85歳でした。
隣人速報 | 1,378 view
あのレトロフリークから「アーケードスティック」と「SFC用コントローラーアダプターセット」が新登場!!

あのレトロフリークから「アーケードスティック」と「SFC用コントローラーアダプターセット」が新登場!!

株式会社サイバーガジェットより、レトロゲーム互換機『レトロフリーク』シリーズに対応した『レトロフリーク用アーケードスティック』および数量限定の特別カラー版『レトロフリーク(SFC用コントローラーアダプターセット)』の発売が決定しました。発売予定日は2018年10月31日。
隣人速報 | 1,284 view
ルールは独特でもやっぱり誰でも遊べる!『カービィのきらきらきっず』はカービィ初のパズルゲーム

ルールは独特でもやっぱり誰でも遊べる!『カービィのきらきらきっず』はカービィ初のパズルゲーム

『カービィのきらきらきっず』は、1997年1月にHAL研究所と任天堂が共同開発し、任天堂がゲームボーイ用ソフトとして発売した、『星のカービィ』を題材にした落ち物パズルゲームです。その後、1998年2月にスーパーファミコン用ソフトとしてニンテンドウパワー(ゲームソフトの書き換え販売サービス)で書き換えがスタートし、さらに1999年6月にはROMカセット版が発売されました。『カービィシリーズ』としては初めてのパズルゲームでしたが、ルールが少し独特で珍しくマイナーな作品です。
もし【ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータⅡ】が出るとしたら、収録してほしいタイトルを書こう。

もし【ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータⅡ】が出るとしたら、収録してほしいタイトルを書こう。

任天堂から出たニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ・ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコンは大ヒットでした、しかしあの名作が入ってないと思った人も。仮にニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータⅡが出るとしたら、収録してほしいタイトルは?

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト