【1996年】口ずさみたくなる曲ばかり♪カラオケチャートを振り返ってみよう!
2021年6月27日 更新

【1996年】口ずさみたくなる曲ばかり♪カラオケチャートを振り返ってみよう!

毎年のカラオケチャートは、オリコン売上チャートとはまた少し違います。みんながたくさん歌った曲はどの曲なのでしょう?今回は1996年のカラオケチャートを振り返って見ましょう。

2,124 view

まずは10位から6位まで!

Amazon Music - 安室奈美恵のDon't wanna cry(Radio Edit) - Amazon.co.jp (2286437)

まずは10位から6位までを一気に振り返っていきましょう!

10位 「そばかす」:JUDY AND MARY
9位 「バンザイ~好きでよかった~」:ウルフルズ
8位 「LA・LA・LA LOVE SONG」:久保田利伸 with ナオミ・キャンベル
7位 「名もなき詩」:Mr.Children
6位 「Don't wanna cry」安室奈美恵

でした!

年間売り上げチャートでは「名もなき詩」が1位、「LA・LA・LA LOVE SONG」が3位でした。やはり売り上げチャートとはまた別のランキングになっていますね。「名もなき詩」はドラマ「ピュア」の主題歌。「LA・LA・LA LOVE SONG」は「ロングバケーション」の主題歌でしたね。

ドラマの主題歌がヒットチャート上位に来る時代でしたね。逆にタイアップのない曲がチャートにランクインすることはほとんどなかったですよね。

5位 「あなたに逢いたくて~Missing You~」:松田聖子

Amazon Music - 松田聖子のあなたに逢いたくて~Missing You~ - Amazon.co.jp (2286440)

5位は1996年4月にリリースされた松田聖子さんの38枚目のシングルです。この時松田さんは34歳でした。デビューは1980年ですのですでにベテランの域に入っていた印象でしたが今思えばまだまだ若かったですね。

「ビートたけしのTVタックル」のエンディングテーマとCanon「PIXEL」のイメージCM曲というWタイアップが付いていました。シングルでは松田さん最大のヒット曲で、唯一のミリオンヒット曲でもあります。ミリオンヒット曲が1曲だけというのは意外ですが、この時代が一番CDが売れた時代というのも大きいでしょう。ご自身で作詞作曲された楽曲です。

紅白歌合戦でも歌われた楽曲で、2007年には高校の音楽の教科書にも掲載されました。曲はラブバラードですが、ラブソングも教科書に載る時代というのにびっくりです。

カラオケでは好きな人に思いをはせて熱唱する女子が多かったでしょうね。男性からのリクエストも多そうです。

4位 「チェリー」:スピッツ

Amazon Music - スピッツのチェリー - Amazon.co.jp (2286582)

4位はスピッツの「チェリー」です。こちらも1996年4月に発売されたシングル。こちらはノンタイアップの楽曲ですが、年間売り上げチャートでも4位にランクインしています。初週は1位を逃したものの、4週目に1位を獲得しています。こうやって徐々に売れているのも時代を感じますね。最終的な売り上げは161万枚で「ロビンソン」とほぼ同じです。

「チェリー」は前年のツアー中に制作された楽曲。地に足をつけてテクテク歩いているというイメージだそうです。新たな旅立ちの歌ですね。ツアーであちこちの土地を回ったことがこの曲に影響されているそうですよ。

チェリー、桜は春に咲く花なので何かから抜け出すイメージでタイトルにつけられたそうです。

スピッツの楽曲はキーが高いので女子にも歌いやすいです。男性女性両方が歌っているので上位にランクインしているのではないでしょうか。2012年から2014年までもカラオケベスト30にランクインしていて幅広い世代にうたわれています。

3位 「DEPARTURES」globe

Amazon Music - globeのDEPARTURES - Amazon.co.jp (2286585)

1996年1月1日に発売されたglobeの4枚目のシングル「DEPARTURES」が3位です。年間売り上げチャートでは2位でした。

竹野内豊さんと江角マキコさんが出演するJR SKISKIのCMソングです。JR東日本から「『若いカップルが新幹線に乗ってスキーに出かける』『カップルがホームから列車に乗り込むシーンから始まって、雪が降る駅を新幹線が静かに出て行く所で終わる』という依頼の元制作されたそうです。ずいぶん細かい設定ですが、ぴったりの楽曲に仕上がっていますよね。いまだに雪が降るとこの曲が頭に流れます。

小室さんは竹野内豊さんと江角マキコさんの経歴や人となりまでリサーチして楽曲を作ったそうです。さすがですね。

キーが高い楽曲ですが、カラオケで歌うと気持ちがいいです。

CD売り上げは28.8万枚で、日本のCMソングとして最も売れた楽曲なんですよ。これだけこだわって作っていたら納得ですね。

2位 「アジアの純真」:PUFFY

 (2286592)

1996年5月にリリースされたPUFFYのデビューシングル「アジアの純真」が第2位でした。この年の楽曲は難しい曲が多かったですが、これは歌いやすいのでカラオケでみんなで歌って盛り上がりましたね。独特の振り付けもはやりました。

キリンビバレッジ・「天然育ち」のCMソングで本人たちも出演していました。

作詞は井上陽水さん、作曲は奥田民生さんです。井上陽水奥田民生のユニットでセルフカバーもされています。陽水さんが歌うとよりアジアチックになっていますよ。ほかにも多数のアーティストにカバーされているので、歌いたくなる楽曲なんでしょうね。

1位 「I'm proud」:華原朋美

 (2286596)

1位は華原朋美さんの「I'm proud」でした。華原朋美さんの3枚目のシングルで前作に続くミリオンヒット。この楽曲が最大のヒット曲になっています。歌番組に出演された華原さんのキャラクターも相まって人気になりましたよね。

TBCの「the レディ・エステティック」のCMソングで、ご本人と小室哲哉さんが出演されていたことでも話題になりました。

こんなにキーの高い楽曲が一位というのはびっくりですね。当時のカラオケは原曲キーではなく、歌いやすいキーが標準になっていたのですが、「I'm proud」はキーを3つ上げないと原曲キーになりません。でもいかに原曲キーで歌えるかというのにチャレンジしていたのを思い出します。

この年のカラオケランキングは女性のラブバラードが多いですね。盛り上がるというより少人数で熱唱することが多かったのでしょうか。そして失恋の曲ではなくどれも内容は明るい(「DEPARTURES」はどっちにも取れますが)曲です。

カラオケランキングを改めてみてみるとなかなか面白いですよね。ほかの年代もぜひチェックしてみてください。

18 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

オリコン1位の常連!B’zの楽曲が配信サイト・AWAのランキングで上位100位すべてを独占する快挙を達成!!

オリコン1位の常連!B’zの楽曲が配信サイト・AWAのランキングで上位100位すべてを独占する快挙を達成!!

サブスクリプション型(定額制)音楽ストリーミングサービス「AWA(アワ)」にて、5月21日にこれまでリリースしてきたシングル、アルバムなどを一挙配信開始したB’zが、AWAの再生数リアルタイムランキング「THE HOT 100」で一時1位から100位まですべてを独占したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 525 view
T-BOLANがついに30周年!シングルベスト的なライブパフォーマンスをCSで披露!!

T-BOLANがついに30周年!シングルベスト的なライブパフォーマンスをCSで披露!!

CS放送ファミリー劇場で放送中の「ファミリー劇場 de ラグジュアリーLIVE」にて、T-BOLANのバンド史上初となるシングルベスト的なスペシャルプログラムパフォーマンスの放送が決定しました。
隣人速報 | 873 view
カラオケの定番曲『小さな恋のうた』が映画化!ロケの最新情報をまとめました!

カラオケの定番曲『小さな恋のうた』が映画化!ロケの最新情報をまとめました!

沖縄が生んだ人気ロックバンド・MONGOL800(モンパチ)。デビュー20周年に際して、カラオケの定番でもある名曲『小さな恋のうた』が実写映画化されます。2018年10月からは撮影が地元沖縄で始まっています。最新情報をお伝えします。
90年代はアニソンバブル期!?オリコン上位にチャートインしたアニメソングの数々!!

90年代はアニソンバブル期!?オリコン上位にチャートインしたアニメソングの数々!!

CMやドラマなど、CDの売上において他のメディアとのタイアップが重要視されていた90年代。アニメも例外ではなく、様々なミュージシャンがアニメのタイアップに参戦し、特大ヒットの数々を生み出してきました。この記事では、オリコンで3位以内にチャートインしたアニメソングをご紹介したいと思います。
「ロード」の25周年を記念し「ロード」のみで構成された2枚組アルバムが発売される!!ニコ生で特番もやります!

「ロード」の25周年を記念し「ロード」のみで構成された2枚組アルバムが発売される!!ニコ生で特番もやります!

伝説のビックヒット曲「ロード」がリリースから25周年となるのを記念し、アニバーサリーアルバム「ロード - ザ・ベスト〜25th anniversary」の発売が決定しました。ニコニコ生放送での特番もやりますよ!
隣人速報 | 579 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト