映画『ヌードの夜』余貴美子が男を騙すミステリアスな殺人者に!
2017年2月5日 更新

映画『ヌードの夜』余貴美子が男を騙すミステリアスな殺人者に!

1993年の映画『ヌードの夜』。監督・脚本は「天使のはらわた 赤い眩暈」「死んでもいい」の石井隆。出演は竹中直人、余貴美子、余貴美子、余貴美子など。キネマ旬報ベストテンで第9位に輝いた。

14,327 view

ヌードの夜

監督・脚本は「天使のはらわた 赤い眩暈」「死んでもいい」の石井隆。カメラマンは両作品でコンビを組んだ佐々木原保志。
主演は「死んでもいい」にも出演した竹中直人。ヒロインは「眠らない街・新宿鮫」の余貴美子。
ヌードの夜 [DVD]

ヌードの夜 [DVD]

他にも石井隆のほとんどの映画作品の音楽を担当している安川午朗が加わり、石井隆周辺のスタッフが集結した映画だった。

恋人のヤクザを殺した女とその女に惚れたがゆえに、殺人事件に巻き込まれていく男の不思議な関係を描く。本作はキネマ旬報ベストテンで、黒澤明の「まあだだよ」を抑え、第9位に輝いた。

ヌードの夜 (1993) - 劇場予告編

あらすじ

村木哲郎(竹中直人)は、何でも屋だ。廃ビルを事務所兼自宅にして、ゴミ掃除から犬の散歩まで何でも請け負って気儘なその日暮しをしている。
そんな村木の事務所に、依頼人・土屋名美(余貴美子)が訪ねて来た。東京に出て来て右も左も分からないので、観光案内をして欲しいという。
ハードボイルドを気取る三枚目の何でも屋・村木哲郎(竹中直人)

ハードボイルドを気取る三枚目の何でも屋・村木哲郎(竹中直人)

ぶつくさすぐ文句を言うが、情に厚い一面も。
どこか影のある土屋名美(余貴美子)

どこか影のある土屋名美(余貴美子)

名美はミステリアスでいて、エロティック。
村木は、名美に頼まれるまま東京の名所を案内して回って無事依頼をやり遂げた。その夜、名美から電話が掛かって来た。急遽帰ることになったので、ホテルに預けた荷物を自宅に送って欲しいという。
指定されたホテルの部屋に行ってみると、そこには何と男(根津甚八)の変死体が転がっていた。ここで初めて、村木は自分が嵌められたことに気付いた。
東京を巡り、水族館を楽しみ、食事をし、最後はホテルで人...

東京を巡り、水族館を楽しみ、食事をし、最後はホテルで人を殺す。目まぐるしい1日。

上から5コマ目、血だらけで死んでいる男は根津甚八。
別れたがる名美を暴力的に支配。この日も名美が隠していたナイフを見つけ、逆上し暴力をふるい、犯した。されるがままの自分も許せない名美。
その後、男はシャワーに入っているところを名美に刺され、絶命した。
旅行バッグに死体を入れ、いったんは事務所まで運び込んだものの、翌日には、名美の勤務先をつきとめ、バッグごと死体を返すのだった。
名美は遠く離れた森の中に死体を埋めようとするがうまく行かず、結局死体を部屋に放置する。名美のアパートを訪ねてきた行方の弟分、仙道(椎名桔平)は、死体を見つけ怒り狂う。
名美を助けるために、次郎は拳銃を手に入れ、仙道の指を吹き飛ばした。
仙道(椎名桔平)

仙道(椎名桔平)

ボクシング経験者のようで、兄貴同様に暴力的。また、兄貴に心酔しており、執拗に村木の事務所兼自宅に押しかけ、居場所を問いただした。
名美のアパート。銃で仙道を撃つ村木。

名美のアパート。銃で仙道を撃つ村木。

銃が一つあるだけで、空間内の雰囲気が一変する。3人が緊迫したシーンを好演。
名美を助けるために、次郎は拳銃を手に入れ、仙道の指を吹き飛ばした。部屋に残された二人は港へ行く。名美は、行方が好きだったことを次郎に告げると車ごと海へ身を投げた。車には行方の死体も入っていた。次郎は名美を救出するが、彼女は次郎の前から姿を消した。

名美は仙道のところへ行き、自首するつもりだと述べた。そのとき追い詰められ錯乱した借金取りの志村がやってきて、二人を撃つ。一方、次郎が部屋を掃除していると名美がやってくる。二人はその夜初めて結ばれる。しかし、次の瞬間、名美はベッドに血痕を残したまま姿を消す。

その後、海に沈んだ車が引き上げられる。ドアには名美の洋服が挟まっていた。
港での二人。雨が降り、切ないシーン。

港での二人。雨が降り、切ないシーン。

ヒロイン・余貴美子

本名も余 貴美子(よ きみこ)。
1956年5月12日生まれ。神奈川県横浜市中区出身(東京都や神戸市にも一時期暮らしていた)。
台湾人の父と、日本人の母親との間に生まれた。
余 貴美子(よ きみこ)

余 貴美子(よ きみこ)

高校卒業後の1976年にオンシアター自由劇場に入団した。自由劇場時代の代表作は『上海バンスキング』のリリー役。
1984年に自由劇場を退団し、1985年に大谷亮介らと東京壱組を旗揚げする。原田宗典の戯曲を中心に解散まで14公演を公演。その後は活躍の場をテレビや映画に移す。

若い頃は横浜で「ハマのマリア」と呼ばれ、テーマソングまであったという。かなりの酒豪で、明るくさばさばした性格の姉御的存在である。
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

夢だけど、夢じゃなかった!愛知県に「ジブリパーク」を誕生させる大構想が始動!!

愛知県長久手市にある愛・地球博記念公園を「ジブリパーク」に――このたび、愛知県とスタジオジブリが愛・地球博記念公園に開業を目指している「ジブリパーク」の基本デザインがまとまり、2022年度に開業を目指すことで一致したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 2,087 view
世界初のフルCGアニメ『トイ・ストーリー』からウッディとバズ・ライトイヤーがディズニー初のアバターアプリに登場!

世界初のフルCGアニメ『トイ・ストーリー』からウッディとバズ・ライトイヤーがディズニー初のアバターアプリに登場!

1996年3月に公開されたディズニー配給のフルCGアニメーション『トイ・ストーリー』。アプリ『ディズニー マイリトルドール』に、同作の人気キャラ、ウッディとバズ・ライトイヤーがリトルドールとなって登場した。
あの「ママレード・ボーイ」が20年の時を経て実写映画化!2018年公開決定!

あの「ママレード・ボーイ」が20年の時を経て実写映画化!2018年公開決定!

吉住渉の人気少女漫画「ママレード・ボーイ」が、このたび実写映画になることが決定しました。原作者も待望していた実写映画化だけに、かつてママレード・ボーイに夢中になった方は必見ですよ!
隣人速報 | 507 view
「ジュラシック・パーク」の公開25周年記念コンサート開催!行く前にトイレの名シーンなどを復習しておきましょう!

「ジュラシック・パーク」の公開25周年記念コンサート開催!行く前にトイレの名シーンなどを復習しておきましょう!

1993年に公開され、全世界で大ブームを巻き起こした『ジュラシック・パーク』。その歴史的映画『ジュラシック・パーク』映画全編を大スクリーンで上映し、舞台上のフルオーケストラが音楽部分を映画に合わせて生演奏するというシネマオーケストラが、8月5日に東京国際フォーラム・ホールAで開催されます。
隣人速報 | 296 view
ガブリエル・アンウォーのタンゴが艶やかな映画『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』

ガブリエル・アンウォーのタンゴが艶やかな映画『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』

日本で1993年に公開された映画『セント・オブ・ウーマン/夢の香り』。盲目の元軍人を演じたアル・パチーノは、まったく瞳を動かさない演技を行い、自身唯一のアカデミー主演男優賞を受賞している。ガブリエル・アンウォーとのタンゴも名シーンとされている。
ひで語録 | 6,040 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト