終わりなき非(?)日常〜 漫画「究極超人あ〜る」
2017年1月20日 更新

終わりなき非(?)日常〜 漫画「究極超人あ〜る」

85年から87年、週刊少年サンデーに連載された漫画「究極超人あ〜る」。ある種画期的な、時代の雰囲気を負っていた作品だと思うのですが、皆様どう見られるでしょうか。

5,943 view

終わりなき(非?)日常、は続く、、

ギャグ漫画の定番としては、それこそ「終わりなき日常」、連載が何年続いても作中の主人公たちは同じ学年ですが、あ〜るは違いました。
3年生2学期になっても部長のままだった(あいかわらず非常識ですね、、^^;)鳥坂先輩に代わり、OB会議で決められた(もちろんおもしろいかどうかだけで決められる訳です)新部長にR、副部長にさんごとシイちゃん。
生徒会長選やら学園祭「春高祭」やら、鳥坂先輩も(とうぜん一悶着はありますが^^;)卒業し(就職しても部室に日参するわけですがf^^;)、新入生(新部員)も入ってきますし、転校生もやってきます。
 (1599378)

Rらの2学年下、86年度入学の光画部部員の3人

左:兵藤信
女装が特技の女顔の男の子。反面、本人曰く「品性下劣で売ってます」

右下:曲垣剛
信の幼馴染み。中学時代はピッチャーとして全国大会優勝経験。鳥坂の策略に嵌り、変則野球勝負で、春高野球部を諦め光画部に入らさせられる。華道を嗜む一面もあり、腕前もかなりのものと思われる。幼稚園児のとき結婚の約束をしてしまったことがあり、信には弱い

間垣の上:西園寺えりか
生徒会長、西園寺まりい(後述)の妹。姉とは対照的で言動も発言も小学生のよう。
 (1599402)

3巻、表紙

Rの後:天野小夜子
幽霊として登場、光画部の文字通りの「幽霊部員」となる^^;
実は意識不明で入院中の身体から抜け出てきていた生き霊であった。
肉体に戻り、2年生(Rらの1学年下)の後半で春高に転入。即、Rのあとの部長を継ぐ。
部長に就いてからは予算もぶんどってくるし、金にきたなく、部を支える。
「ひねくれてて、ノリが良くて、押しが強くて先天的にえらそう。」=女とさか
と言われ、本人は「意識不明」と口を出て呆然とするほどショックを受けるがf^^;
幽霊をやめた後も、頭を壁に打つけると幽体離脱できる。
 (1599410)

Rらの3学年下、87年度入学の光画部部員

右:レオナルド根岸
日系アメリカ人。外国人というだけで鳥坂らに「ベンジャミン」と名付けられる(また古い、、f^^;)。

左:国枝千里
女子ながら特撮マニア。写真も特撮風の合成作品を撮ったりする。
wada y (1599425)

荒又
本人曰く「おれは気短で15年生きてきたんだよ!」。
ベンジャミンの歓迎会のドンチャン騒ぎを見て、「おれ、こーゆー活気あるの好きだぜ!」とまったく熟慮することなく入部。
via wada y
 (1599412)

西園寺まりい
西園寺えりかの姉。Rたちと同学年。Rと生徒会長選を闘い、生徒会長に。
容姿の反面、性格は強烈な「鉄の女」。
光画部など一部文化系クラブの部費削減を断行。光画部を敵対視し、取り潰しを画策するが成功しなかった。
 (1599413)

鰯水等
Rたちと同学年。女生徒から人気のハンサムガイ。通算5年分の全校女子生徒の顔と名前を記憶しているといい、友人から「色魔」呼ばわりされたり。
まりいに好意を持っており、光画部撮影旅行に加わるえりかを連れ戻すために列車に乗り込んだが、
強制的に旅行に参加させられ部員にされる。

終わりなき日常は終わらない

Rが春風高校に転入(どこから?^^;)してくる第1話からようやく数話後、当時刊行のコミックスでいえば2巻に入って(さすがに最初の年の、幽霊部員小夜子の出現より前ですがf^^;)から、
いよいよRの正体が明かされます。いや、いよいよっていうか、全然謎を追うような形ではなく放置されていたのですが、、f^^;

「さる科学者が世界征服のために作り上げたロボット」(だからアンドロイド、、)とRのことを探っていた刑事からたどって、光画部の面々は、成原博士なるあやしげでRに輪をかけてマイペースにボケた人物の研究所に行き着きます。

Rは、成原博士の交通事故に遭った息子そっくりにつくられたロボットR・28号だったのです。最初はかわいがっていたという成原博士ですが、「なにぶん主人の作る物ですから…なんのとりえもございませんでしょ?」(成原夫人談)ということでお化け屋敷に売り飛ばしてしまったのだそうです、、どこかで聞いたような、、f^^;
でもどこかで聞いた話と違うのは、、その息子あきらは別に死んだ訳でもなんでもなかったのでした。なんだそりゃ。

成原博士の野望と、一昨日からの妹

さて、相も変わらぬ調子で年月は経ていき、
さんごらの学年も無事卒業というのに、Rだけは成績も人並み(よくできたアンドロイドですからね^^;)単位が足らず、年度が変わってもまだ日々先生らと一対一の補習に引っぱられていくという日々のなか、
突然初登場の女の子が春高に訪ねてきます。
 (1599417)

と言う、この女の子、一昨日の夜完成した妹のR・29号「アール・デコ」だったのでした。
思い出したように(たぶん思い出したんですね、、f^^;)、“悲願”だった世界征服に、成原博士がデコとともに乗り出したのでした。
といっても、やったのは春高の屋上に要塞(どこかでみたような、、太◯の塔的な要塞)を築いて、「世界征服の基礎はまず練馬から!」なんてアドバルーンを上げただけなのですが、、

悩んだ末、生みの親である成原博士との“対決”に向かったRですが、
博士は今回のためにつくり出したメカ成原に下克上されてしまいます。
wada y (1600583)

光画部、生徒会など“総力戦”のなか、春高最強のクラブ「土木研究会」が“違法建築の撤去”に突入します。
瓦礫の山と化す要塞、その下から飛び立って逃亡するメカ成原、
帰らぬR、、
via wada y
wada y (1600586)

しかし、もちろん「だれが死ぬんだ、このマンガで!?」な訳でです、
後日、光画部の撮影旅行(デコも一行に加わっております)、最初に登場したのと同じ池からRは帰還したのでした、、^^
via wada y

大賞もものにした本格SF(!?)

部室のだらだらした日々を描いて可笑しい、ある種エポックな作品ではないかと思うのですが、
実はあ〜るは第19回星雲賞マンガ部門受賞の「SF」だったのです!
、、まあアンドロイド出てくるしねf^^;
作者のゆうき氏は日本SF界隈に近しい人ですしね、、SFや特撮ネタも多いし、
当時筆者は数名しか分かっておりませんでしたが、あ〜るの登場キャラクターは、ゆうき氏のそんな界隈などの友人をモデルとしたものが多いのです、、
作品の背景と特徴

もともとこの漫画は全くの創作というわけではなく、その舞台は都立板橋高校の光画部[注 1]をモデルにしている。ゆうきまさみの友人である音楽ディレクター・とまとあきの出身校で、その高校の後輩の成原(ナリゲンと読む。成増に住む原人の意。とまとあきの3つ下)があ〜るの直接のモデルである。[7]

それ以外にも、ゆうきの友人・知人をモデルにしたキャラクターや、明らかにモデルがわかるキャラクターが多数登場する。

ゆうきの友人・知人をモデルにした例:

たわば → 先に挙げたとまとあき[7]
鳥坂 → 鳥坂(細川)司(とまとあきの後輩[7]、元東京都職員)
まりい → 川村万梨阿(声優)[8]
伊東 → 伊藤和典(脚本家)[7]
伊東の彼女→高田明美(イラストレーター、連載時は伊藤和典の妻(後年離婚))
刑事さん → 福田孝(サンデーでの初代担当)
島崎 → 島崎信行(OVAでのディレクターの一人)
審判・島本[注 2] → 島本和彦(漫画家)[注 3]

明らかにモデルがわかる例:

毒島 → 天本英世[9]
軽音の山本君 → 山本正之
兵藤信 → 兵藤まこ

両者に当てはまる例:

校長 → 春風亭柳昇(落語家。ゆうきの知人、知吹愛弓の父親)[8]
そんな奇妙でもヘンテコでも、日常ですから、終わりもありません。
最終回も前述の通り、すべて世は事もなし、、^^

その後、2012年には光画部の面々が特撮ヒーローに扮した短編「究極戦隊コウガマン劇場版3D」が、
15年には後日譚(譚たってまたたいしてなにもおこらないんですけどねf^^;)が前後編読み切りで発表されました。
いつまでも終わらないそれが日常、、光画部の面々の日常も、我々の日常も、どんなに間抜けで奇妙でも、決して終わらないのでありました、、^^
40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

石ノ森章太郎の生誕85周年記念!石ノ森自身が描いた仮面ライダーを忠実に再現した「仮面ライダー高精細デジタル版画」が登場!

石ノ森章太郎の生誕85周年記念!石ノ森自身が描いた仮面ライダーを忠実に再現した「仮面ライダー高精細デジタル版画」が登場!

インペリアル・エンタープライズより、石ノ森章太郎の生誕85周年を記念した「仮面ライダー高精細デジタル版画」が、PREMICOオンラインショップにて現在好評発売中となっています。
隣人速報 | 230 view
大友克洋全集『AKIRAセル画展』が大阪・心斎橋PARCOで開催!キービジュアルが公開!!

大友克洋全集『AKIRAセル画展』が大阪・心斎橋PARCOで開催!キービジュアルが公開!!

2023年10月6日より、大阪・心斎橋PARCO 14F「SPACE14」にて『大友克洋全集 AKIRAセル画展 OSAKA』が開催されます。
隣人速報 | 199 view
サイバーパンクの金字塔『攻殻機動隊』の原作&アニメ横断の公式SNSがオープン!渋谷PARCOでポップアップも開催中!!

サイバーパンクの金字塔『攻殻機動隊』の原作&アニメ横断の公式SNSがオープン!渋谷PARCOでポップアップも開催中!!

日本が誇るサイバーパンク作品の金字塔『攻殻機動隊』の原作&アニメシリーズ横断の公式SNSが、8月22日にオープンしました。
隣人速報 | 215 view
大友克洋「AKIRA セル画展」が開催決定!全集「OTOMO THE COMPLETE WORKS」の第1期も発売中!!

大友克洋「AKIRA セル画展」が開催決定!全集「OTOMO THE COMPLETE WORKS」の第1期も発売中!!

1988年公開の劇場版アニメーション映画『AKIRA』のセル画展が、8月10日~31日まで東京・池袋「Mixalive TOKYO」で開催されます。
隣人速報 | 245 view
士郎正宗の描いたオリジナルイラストを一挙展示!「士郎正宗仕事展」がマルイシティ横浜で開催!!

士郎正宗の描いたオリジナルイラストを一挙展示!「士郎正宗仕事展」がマルイシティ横浜で開催!!

神奈川県・マルイシティ横浜7Fイベントスペースにて、漫画家・士郎正宗の描いたオリジナルイラストを中心とした展示会が開催されます。開催期間は2023年7月1日~17日。
隣人速報 | 340 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト