魔女っ子シリーズと言えば「魔女っ子メグちゃん」
2015年10月27日 更新

魔女っ子シリーズと言えば「魔女っ子メグちゃん」

今まで見ていたアニメと違って、所々で色っぽいシーンがあったりしたので、最初のうちはOPなどもちょっとだけどきどきしながら、見ていた気がします。でも内容は、二人の魔女候補が女王様争いの中で成長していく話で、ただただ毎週引き込まれるように見ていました。

2,500 view

「魔女っ子メグちゃん」とは

魔女っ子メグちゃん - TOEI ANIMATION (1502445)

『魔女っ子メグちゃん』(まじょっこメグちゃん)は、1974年4月1日から1975年9月29日まで、NET日本教育テレビ(現・テレビ朝日)系列毎週月曜 19:00 - 19:30にて全72話が放送されたテレビアニメである。東映魔女っ子シリーズの1つ。
本作の企画案は、前作『ミラクル少女リミットちゃん』と同じひろみプロが作成。これをもとに、魔法使いから発展した魔女の世界観を流入し、魔界の女王候補となるライバルとの駆け引きを描くことを軸とし、従来路線との差別化を図った。魔法少女作品において、主人公の魔法少女と対立するライバルキャラクターが登場した最初の作品である。また、クールなライバルヒロインのノン、滑稽な調査官チョーサン、闇の女王サターンは、後の魔法少女物のサブキャラクター像に大きな影響を与えている。

「魔女っ子メグちゃん」OP・ED

魔女っ子メグちゃん OP [HD] - YouTube

前川陽子さんのパワフルな歌声と歌詞がキャッチーで覚えている方も多いのではないでしょうか。

魔女っ子メグちゃん ED [STEREO] - YouTube

こちらも前川陽子さんが歌ってるんですが、OPと全然違う雰囲気で、出てくる子犬がものすごくかわいくて、でも寂しげな感じが印象的でした。

「魔女っ子メグちゃん」あらすじ

魔女っ子メグちゃん - TOEI ANIMATION (1502470)

魔界から、女王になるために地球にきたメグは、先輩魔女であるマミのいる神埼家の娘として暮ら
すことに。
見ず知らずの他人がお父さん、弟、妹となり、戸惑うメグであったが、ライバルとして現れたノンと
の海での対決で、瀕死の状態になり、お父さんが必死に看病してくれたことで「パパ」と呼び、
徐々に心を開いていく。

そして毎回起きる様々な出来事を通して、メグは人間の温かさ、愛情、を知っていくことになる。
また女王候補として、ノンも郷家で暮らすことに。郷家の先輩魔女はキーランで、かつてマミと女
王の座を争った関係であった。そんな二つの家で暮らすメグとノンは、ライバルとして対立し合い
ながらも、友人として助け合うこともあり、お互いを尊重するような関係を少しずつ気づいていく。

ラビ、アポとは本当の兄弟のように喧嘩をしながらも仲良くなり、パパとも本当の家族のような気持
ちをもつようになったが、ついに女王を決定するために魔界に戻ることになる。
メグは人間との暮らしの温かさに慣れ、人間界での暮らしを望むのだが・・・。

主な登場人物

神崎 メグ(かんざき メグ)

神崎 メグ(かんざき メグ)

女王候補の一人。黙っていれば美少女だが、そんな暇はないほどめまぐるしく活動的な女の子。人間界では中学3年生として過ごしている。ラビのいたずらなどで怒った時は「馬鹿野郎」「こんちくしょう」などと口が悪くなるなど、短気で直情的な性格ではあるが、心やさしい一面もあり、先輩魔女マミの影響で人間界では魔法より大切なものを学び取っている。
(出典:Wikipedia)
郷 ノン(ごう ノン)

郷 ノン(ごう ノン)

女王候補の一人。メグとは対照的なクールビューティーで、冷たいまなざし、青い髪に青白い肌の美少女。文武両道の秀才で魔法界の学校でもトップに立つ才女だが、魔女らしく人間を見下している。郷家の娘として迎え入れられ、メグと同じ中学3年生として過ごしている。一見クールだが情に厚い面もあり、ノンに、またはノン自身が心を開いたキャラクターも存在する他、メグのことを助けることもある。
(出典:Wikipedia)
神崎 ラビとアポ

神崎 ラビとアポ

ラビ/神崎家の長男。いたずら好きであり、特にメグには何かとちょっかいを出しては姉弟げんかが絶えない。メグへのスカートめくりもコミュニケーションの一つになった感がある。根は家族思いの優しい男の子であり、時には涙を流すこともある。

アポ/神崎家の末娘。おしゃまな幼稚園児。兄とはいたずらでタッグを組むこともあり、見た目より頑固な一面もある。ちょっとした家庭内のいさかいにも敏感に反応し泣き出すことも。
(出典:Wikipedia)
神埼パパとマミ

神埼パパとマミ

神埼パパ/人間界ではメグの父となる。展示会や講演会など各種催事を行なう「神崎プロモーション」の創業者兼社長。少々あわて者ではあるが、いざというときは身を挺(てい)して家族を守ろうとするなど、勇敢な一面を持つ理想的な父親である。

マミ/メグの先輩魔女であり、人間界のホームステイ先としてメグを受け入れ、母親代わりとして接する。パパとは大恋愛の末結婚し、幸せな家庭生活を営んでいる。ややふくよかな体型で、温厚そうな中年女性に見える。今でも現役で魔法を使える。かつてメグ同様女王候補として人間界で修業した経験を持ち、その時のライバルである魔女キーランと次期女王の座を争った関係だった。
(出典:Wikipedia)
チョーサン

チョーサン

女王候補の振る舞いを監視し試験の採点の参考とするために女王に報告することを任務とする女王直属の調査官。肩書きは立派なものの、実際は非常にだらしなく、強い者に媚びる性格。真剣にその職務を全うする気などなく、人間びいきのメグには辛い点を与え、ノンこそ女王にふさわしいと彼女に肩入れしてメグを妨害し、あわよくばそのまま排除しようとするなど個人的な贔屓が甚だしい上、ツユスキーの特性を利用して街に被害を与えようとするなど悪知恵にも長けている。
(出典:Wikipedia)
ゴンベエ

ゴンベエ

52話「帰ってきたゴンベエ」から神崎家で飼われている。ぼーっとした感じがかわいい犬。

気になる最終回は

魔界からの鳩が、二人のもとに女王様からの手紙を届けます。
そこには、明日限りで修行を終えて魔界へ帰るよう書かれていました。
今ではメグはすっかり神埼家の家族であるということが当たり前になっており、皆に会えなく
なるのが嫌だ、帰りたくないとマミに訴えます。
ですが、マミは女王様の言葉は絶対であることを、メグにさとします。
学校に行っても、みんなの記憶から自分が消えてなくなってしまうのが悲しくて仕方ありません。
校庭の隅で木に倒れ掛かるメグ。
そこに通りかかったノンが「下界の暮らしに未練を持ってるようじゃ私に勝てっこないわね、
悪いけど女王の椅子は私が手にいれたも同然ね」と挑発しますが、その通りなのでメグは言
い返すことができません。
家に帰るとメグの部屋のものは跡形もなく片付けられており、ショックを受けます。
それをやったのはマミなのですが、修行が終わり、もうメグとは他人なのだから、
部屋も片付けて当然でしょとメグに言います。
本当はメグと別れるのは悲しいけど、メグのことを思い、心を鬼にしてきついことを言うマミ。
そしてメグは家族の記憶から自分の思い出を消すことを了承しますが、いざ皆がメグのこと
を忘れると、つらくて号泣してしまいます。
悲しみにくれたメグは、それでもしかたなく魔界へ戻ります。
魔界にはチョーサンが調査官の仕事がうまくいかず、女王様にお叱りをうけ、鎖をつけられ
掃除をさせられていました。
メグは自分が女王になったらこんなもんじゃすまないと言います。
それを恐れたチョーサンは、何かいい方法はないか人間界を覗きます。
するとアポとラビが夢の中でメグの夢をみて、アポだけ雨の中メグを探しに行ってしまい、
病気になっていることを知ります。
すぐさまそれをメグに伝え、メグは人間界に行くことに。ところがそれを知ったノンが、
勝手に対決をすっぽかして逃げるなんて許せないとメグを追いかけます。
メグはすぐにでもアポのところへ行きたいのですが、ノンは対決しないと気がすみません。
しょうがなく魔法で戦っていましたが、ついには素手での殴り合いになり、二人ともボロボロ
に。最後は女王様がでてきて、対決は終了となりました。
女王様の二人への判定は、メグは人間に溺れすぎていて、ノンは人間を知らなすぎる
ということで、もう一度人間界で修行をすることを命じられます。
かくしてアポも元気になり、メグも今まで通り元気に学校へ通います。
最後はアニメを見ている皆さんに魔法をかけて終わりました。
魔女っ子アニメ列伝/魔女っ子メグちゃん・その1 (1502501)

26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

男勝りの女の子がドタバタ活躍!椎名あゆみさん――『無敵のヴィーナス』

男勝りの女の子がドタバタ活躍!椎名あゆみさん――『無敵のヴィーナス』

ケンカップルといえば、『1/2らんま』のあかねちゃんと乱馬を思い出す方は多いんではないんでしょうか。今回は『りぼん』で活躍したケンカップルをクローズアップしたいと思います。
me*me | 413 view
『ピアニカ(鍵盤ハーモニカ)』 沼田健のノスタルジーX(エックス) ~昭和あるあるマンガはじめました~vol.39

『ピアニカ(鍵盤ハーモニカ)』 沼田健のノスタルジーX(エックス) ~昭和あるあるマンガはじめました~vol.39

イラストレーター沼田健さんによる『昭和あるある』4コマ漫画! 懐かしいエピソードに共感して楽しんでもらうもよし、一人でノシタルジーに浸るもよし、あの頃昭和へプレイバック!!小学校で誰もが使ったピアニカ。色んな思い出がそれぞれあるはず。果たしてどんな思い出になっているのでしょうか。
沼田健 | 891 view
泣けるマンガがアニメ化!1996年『赤ちゃんと僕』

泣けるマンガがアニメ化!1996年『赤ちゃんと僕』

泣ける漫画として話題になった1996年放送『赤ちゃんと僕』!亡くなった母親の代わりに弟を見守る小学生!笑いと涙のストーリーに夢中になりましたね!子育て中に読むと共感できると今でも人気ですよ!
ロングアゴー | 1,782 view
女子高生と男性教師が結婚したらトラブル続出!な少女漫画「Oh!myダーリン」~ ストーリー編 ~

女子高生と男性教師が結婚したらトラブル続出!な少女漫画「Oh!myダーリン」~ ストーリー編 ~

Oh!myダーリンは、上田美和による少女漫画で、1992年から別冊フレンドで連載されました。担任教師と女子高生の秘密の結婚を描いた当作品は、当時少女たちの間で話題になりました。
おにいちゃん | 1,307 view

関連する記事こんな記事も人気です♪

【クイズ】懐かしい名作テレビアニメ(1970年代編)

【クイズ】懐かしい名作テレビアニメ(1970年代編)

あの名作アニメの登場人物や名シーン、主題歌など…。 1970年代の懐かしいテレビアニメに関する10問クイズです。
乙女心をくすぐる美少女アニメ「花の子ルンルン」

乙女心をくすぐる美少女アニメ「花の子ルンルン」

「花の子ルンルン」と言えば、ルルルンルンルンルルルンルンルン、ルルルン、ルン、ルンルンルン~♪というフレーズが浮かんでしまうほど、インパクトある歌を思い出します。また王子様と結ばれるという乙女な設定にも心奪われました。
soora | 2,256 view
東映魔女っ子シリーズの異色作、主人公はサイボーグ少女なのに使う力はミラクルパワー『ミラクル少女リミットちゃん』

東映魔女っ子シリーズの異色作、主人公はサイボーグ少女なのに使う力はミラクルパワー『ミラクル少女リミットちゃん』

東映魔女っ子シリーズ六作目にあたる本作は、もしかしたら一番マイナーで異色な作品かもしれません。 なにせ主人公はサイボーグ。使う力は「ミラクルパワー」といって、胸のダイヤルをひねる事でサイボーグパワーを切り替えるという、もうそれは魔法じゃないような……。そんな「表向きは」女児向けの本作を振り返ります。
岸辺ミル | 2,253 view
懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.10(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい特撮・アニメ・漫画の傑作エピソードvol.10(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ)

懐かしい1970年代と80年代の昭和のアニメと特撮ドラマを中心に衝撃的な傑作エピソードやホラータッチな特撮トラウマ作品を振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 64,722 view
懐かしい特撮・アニメ・漫画・テレビ番組の傑作エピソードvol.3(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ・トンデモない特撮やアニメ)

懐かしい特撮・アニメ・漫画・テレビ番組の傑作エピソードvol.3(想定外の衝撃的な展開・みんなのトラウマ・トンデモない特撮やアニメ)

懐かしい昭和の特撮やアニメの衝撃的な傑作エピソードやトンデモない作品やつい笑ってしまう面白いテレビ番組を振り返ってみましょう。いずれの作品も色々な意味で衝撃的かつトンデモない面白いネタが勢ぞろいです。
トントン | 79,450 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト