東映魔女っ子シリーズの異色作、主人公はサイボーグ少女なのに使う力はミラクルパワー『ミラクル少女リミットちゃん』
2017年12月16日 更新

東映魔女っ子シリーズの異色作、主人公はサイボーグ少女なのに使う力はミラクルパワー『ミラクル少女リミットちゃん』

東映魔女っ子シリーズ六作目にあたる本作は、もしかしたら一番マイナーで異色な作品かもしれません。 なにせ主人公はサイボーグ。使う力は「ミラクルパワー」といって、胸のダイヤルをひねる事でサイボーグパワーを切り替えるという、もうそれは魔法じゃないような……。そんな「表向きは」女児向けの本作を振り返ります。

2,711 view

概要

「リミットちゃん リマスター版DVDボックス」

「リミットちゃん リマスター版DVDボックス」

この娘が主人公「リミットちゃん」(サイボーグ)
後ろのパンダみたいなやつは愛犬の「グー」(サイボーグ)
本作は、手塚プロアシスタント経験者らで構成された企画集団「ひろみプロ」が企画した「少女版SF変身物作品」を具体化したものである。月曜19時の放送枠での「女の子を視聴中心対象とした児童一般向けの企画」として、対案に『キューティーハニー』が出されていたが、コンペの結果、本作が月曜19時の放送作品に採用された。(『ハニー』は土曜20時30分枠にて放送された)当初の企画書には「正義を貫くと、一年しか延命できない寿命がさらに縮まる」といったハードな設定が存在していた。NETサイドはこうした設定がともすれば作品を陰鬱にすると考え、「女子児童向け」として少女物の要素を強くし、魔法少女物にみられる学園ドラマを物語の主軸として再構築した。キャラ原案として漫画家の永島慎二を迎え、小松原一男のデザインワークを経て、現行の形にまとめられた。

「サイボーグ少女」という画期的要素をもった本作であったが、先に述べたように、サイボーグの設定は延命や人間に戻すといったSF要素は薄められ、「リミット」の性格や心情に影を落とすことに向けられた。またサイボーグ化によって得られた「ミラクルパワー」は、単に魔法に代わる超能力のような扱いとなる。これが発揮されなくとも話が成立する平凡なドラマ作りが行われることになってしまい、結果、視聴率的にも振るわなかった。だが本作でみられた作劇の実験的手法は、のちの『魔女っ子メグちゃん』にて開花することになる。
1972年 放送の東映魔女っ子シリーズ第五作「魔法使いチャッピー」と
1974年~75年まで放送されたシリーズ第七作「魔女っ子メグちゃん」の間に位置する本作、
「ミラクル少女リミットちゃん」は、1973年~74年まで放送された東映魔女っ子シリーズ第六作です。ただ、上記の概要にもありますが魔女っ子というよりどちらかと言えば『新造人間キャシャーン』みたいな感じです(笑)。

諸事情によるオープニングの冒頭の「ご挨拶」変更の経緯

オープニングの冒頭では、リミットがサイボーグであることを視聴者に分からせるよう、リミット自身による「ご挨拶」がある。放送時期により2種類存在する。

第1話から第7話の「サイボーグであることを気にしていない」趣旨のもの。
第8話から最終回の「サイボーグだから秘密の力がある」という趣旨のもの。
第8話以降の変更は、リミット自身の肉体的欠陥を卑下するような印象を避けるためだといわれ、NETで放送された別の番組にて差別的表現にクレームがつき、自主規制がなされた時期と重なっている。また、再放送では、第1話から第7話の物も使われている。
上記の通り、初期のOPナレーションでは自分のサイボーグ化された体を卑下するようなセリフがあったそうで、その後すぐに改変され、現在流通しているバージョンに差し替えられたのですが、これは当時NETと東映側が配慮した結果とのこと。同時期に同局で放送された時代劇に身障者差別と取れる描写にクレームがついたため、それを受けての変更だったということらしいですよ。

ストーリーの一部を紹介

リミットちゃん サイボーグ化の経緯

西山理美はつい最近まで普通の女の子でした。ところが父と旅行に出かけた際、乗っていた旅客機が墜落。理美は瀕死の重傷を負ってしまうのです。サイボーグ手術の国際的権威でもある父、西山博士は急遽理美にサイボーグ手術を敢行。全身にサイボーグ化を施すことで理美は一命を取り留めたのでした。

サイボーグとして生きるリミットちゃん

こうして父の手により、死の淵からサイボーグとしてよみがえった少女、理美改めリミット。元来明るく心やさしい少女であるため、学園や身近に起こるトラブルを、自身がサイボーグ化された際に手に入れた「ミラクルパワー」と「七つ道具」でそれとなく解決していました。同級生たちとは、時にはけんかや仲違いもありますが、今までと変わらない日々を過ごしていました。しかし身の回りに起こる事件が不思議な解決を見せることに、内心疑問を抱く者もありました。それは、リミットが自身の正体がばれて仲間外れになるのを恐れ、正体を秘密にしていたからでした。

リミットちゃんとコンプレックスと

人間ではないというコンプレックスに苦しみ悲しみにくれるリミット。父に自らの境遇を憂い、「ミラクルパワーは要らない、普通の人間になりたい」と当たることもありました。
「どうせあたしは機械人形よ!」と、 なにかにつけてスネる始末。父親が授業参観に来なかった事を「あたしが機械人形だから授業参観にこなかったんでしょ!」と吐き捨て、怒った父親に張り倒されるなんてことも。「パパなんか大嫌い!」と泣きながらサイボーグボディを嫌がるリミット…
そのたびに、父の温かい励ましを受け、また身体への改良も加えられ、日々を明るく過ごすよう努めていました。そして父もまた、娘の願いを叶えるべく研究に尽力するのでした。

打ち切りに近い終わり方

「リミットちゃん」は全25話と、東映魔女っ子シリーズの最短記録を更新し(現在も記録保持者)終了と相成ります。当初の予定では西山博士と助手の湯木みどりとの結婚を中盤のイベントとして用意。その上でリミットが人間に戻れるか否かを描く予定だったのでしょう。が、結局それらは全部積み残し終了してしまいました。

本編の最終回は、担任の女の先生が結婚するので、教師を辞めてリミットたちの学校を去る話。
…なのですが、ここから先はネタバレになってしまうので今回のストーリー紹介はここまで!

簡単なキャラクター紹介

西山 理美 / リミット 声 - 栗葉子

飛行機事故で瀕死の重傷を負い、科学者である父親の西山博士によってサイボーグ手術を受け、一命を取り留めるとともに、数々のミラクルパワーを得ることになったサイボーグ少女。
現在は小学五年生として過ごしています、お転婆ですが心やさしい少女です。自身がサイボーグであることは秘密で、カモフラージュ用に食事を摂る機能もあり、食べた物は超小型核融合炉の反応源として利用されています。
赤いベレー帽に、白い幅広カラーを付けたノースリーブの黄色い上着、青いホットパンツと赤いロングブーツというコスチュームを愛用。ベレー帽、上着に付けたペンダント、ブーツ、通学用ナップザックなどのコスチュームは実はそれぞれ七つ道具の一部になっています。

西山博士 声 - 柴田秀勝

45 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • リミットちゃん大好きさん 2018/1/4 01:26

    昔KBS京都でよく再放送していました。たしか京阪電車提供だったと思います。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

泣けるマンガがアニメ化!1996年『赤ちゃんと僕』

泣けるマンガがアニメ化!1996年『赤ちゃんと僕』

泣ける漫画として話題になった1996年放送『赤ちゃんと僕』!亡くなった母親の代わりに弟を見守る小学生!笑いと涙のストーリーに夢中になりましたね!子育て中に読むと共感できると今でも人気ですよ!
ロングアゴー | 2,255 view
【セーラームーンの生みの親】武内直子の期待作だった「PQエンジェルス」が打ち切りになった理由とは!?

【セーラームーンの生みの親】武内直子の期待作だった「PQエンジェルス」が打ち切りになった理由とは!?

「PQエンジェルス」はあの「美少女戦士セーラームーン」の作者、武内直子先生の少女漫画。「セーラームーン」終了後にスタートし、人気もあったのですがあっという間に打ち切りに!そこには驚きの理由があったんです。さらに、この可愛い主人公の女の子たちが実はゴキブリという衝撃の設定も…まさに幻の作品「PQエンジェルス」について徹底的に調査してみました。
ミチ | 2,967 view
女性メイクは時代とともに変化する。50年代から現在までのメイクの変遷をまとめました。

女性メイクは時代とともに変化する。50年代から現在までのメイクの変遷をまとめました。

いつの時代も女性にとってメイクは重要な役割を持っています。時代とともに変化する女性メイクを1950年代から現在までまとめてみました。オードリーヘップバーン、ツイッギーをはじめ、90年代の安室奈美恵やギャルメイクもは画像付きでご紹介します。
ローズリー | 40,043 view

関連する記事こんな記事も人気です♪

東映ドジロボットヒーローシリーズがTシャツに!「がんばれ!!ロボコン」など70年代の特撮キャラが勢揃い!

東映ドジロボットヒーローシリーズがTシャツに!「がんばれ!!ロボコン」など70年代の特撮キャラが勢揃い!

70年代に人気を集めた東映製作の特撮ドラマシリーズ「がんばれ!!ロボコン」「ロボット110番」「ロボット8ちゃん」「バッテンロボ丸」と有限会社ハードコアチョコレートがコラボしたTシャツが発売されている。
東映アニメーションの創立60周年記念作品『タイガーマスクW』!初回放送日は10月1日深夜に決定

東映アニメーションの創立60周年記念作品『タイガーマスクW』!初回放送日は10月1日深夜に決定

東映アニメーションの創立60周年記念作品として10月からの放送が決定している『タイガーマスクW』。10月1日スタートとなり、土曜の深夜2時45分からの放送となる。後番組の新日本プロレス中継「ワールドプロレスリング」(土曜の深夜3時15分)と完全連動して放送される。
【70年代】音楽クイズ!フォークからロック、アイドルまで!

【70年代】音楽クイズ!フォークからロック、アイドルまで!

ミドルエッジがおくる懐かしの70年代に関する音楽クイズ!全10問の三択形式クイズに皆さんも是非挑戦して下さい!!
メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

9月19日に発売が決定した「メガドライブミニ」。このたび、メガドライブミニに収録されるゲームに登場するするキャラを「編みぐるみ」にしている人がいると、SNSを中心に話題となっています。
隣人速報 | 399 view
ミドルエッジ女子必見!講談社「なかよし」が創刊65周年!記念原画展が開催決定!!

ミドルエッジ女子必見!講談社「なかよし」が創刊65周年!記念原画展が開催決定!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。それを記念し、原画展の開催が決定しました。今回二度目となる告知ですが、「なかよし」に連載されていた名作もご紹介します。
隣人速報 | 566 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト