遺産相続時、相続税のトラブルを防ぐ「税理士ドットコム」をご案内。
2018年9月16日 更新

遺産相続時、相続税のトラブルを防ぐ「税理士ドットコム」をご案内。

現実的な問題として、ご両親からの遺産相続が発生する方は大勢いらっしゃいますよね。相続税は相当持っていかれる、なんて漠としたイメージを持っていても現実的にどのような対処が必要か、そしてどんな税理士に相談すべきか。なかなか厄介な問題だと思います。トラブルにも気を付けたい相続税、懇切丁寧に対処してくれる税理士が多数登録する「税理士ドットコム」で相談してみませんか。

181 view

遺産相続、具体的にはどんな資産が対象?

現実的な問題として、そろそろご両親の遺産相続について考えるべき時期になっている方、多いかと思います。

私たちはなんとなく「相続税は相当とられる」なんてイメージだけは持っていますが、いざその時にどのような対処が必要か、それは税理士に相談するしかないか、くらいの認識だと思います。

「亡くなった人の財産を配偶者や子どもといった関係者がもらう」この時点で誰がどれだけ遺産相続の対象となり、そのことで発生する相続税がそれぞれにいくらか、正直分からないですよね。。。。
相続税の申告のしかた

相続税の申告のしかた

なかなか自分で相続税申告するというわけにも…
まず、遺産としては現金預金だけでなく

-土地や建物などの不動産
-自動車や宝石といった動産
-株式などの有価証券
-借金などの債務
-故人が有していた著作権などの権利


こういったものが対象となってきます。

遺産相続のトラブル、税理士に任せておけばOK?

トラブルにならないよう銀行が紹介してくれた税理士に任せたはずなのに?
実際のところ、これでもトラブルになるケースは多々あります。

そもそも身内の不幸に端を発する手続きだったりしますから、ただ手続きのプロに委ねればOKということにはならないのも当然。

例えば、依頼する方の心情にきちんと配慮した対応が出来る方なのか。
それから一連の相続税申告手続きの費用請求がとても高額だった、なんてこともあるようです。

相続税申告、いざというときトラブルを招かないために

今回ご紹介したいのは、全国の弁護士紹介業で有名な「弁護士ドットコム」が提供するサービス「税理士ドットコム」です。

全国の信頼できる税理士が登録するこのサービス、なかでも相続に強い実績ある税理士が名を連ねています。

「税理士ドットコム」相談の段取り

まずはこちらのサイトから電話やメールで無料お問い合わせをなさってください。
「税理士ドットコム」スタッフがお客様の状況を伺った上で、適切な税理士をご提案いたします。
⇒お願いしてもいいなと思った場合
 (2049567)

相続税申告を任せてもよい税理士が見つかったら、実際に面談をしてみたり見積りをもらってみましょう。
もちろん、その後でNGを出しても全く問題ありません。

諸々名納得して、信頼できると判断したら契約という流れです。
「税理士ドットコム」がお客様から紹介手数料をいただくことはありませんので、あくまでも納得できる税理士選びに専念することが出来ますよ。
17 件

関連する記事こんな記事も人気です♪

ミドルエッジ世代の不動産は「居住・事業利用」と「純投資」と「相続財産」としての3つの顔を持つ

ミドルエッジ世代の不動産は「居住・事業利用」と「純投資」と「相続財産」としての3つの顔を持つ

ミドルエッジ世代の不動産は「自ら居住用・事業用として利用する」「純投資」「相続財産」の3つの顔を持ちます。不動産は金融商品との類似点はあるものの、物件によるリスク・リターンの個別性、流動性の低さに関する課題が大きく、金融商品と根本的に異なる点も多いです。不動産の資産価値の維持や実現には専門家のアドバイスも必要になります。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト