【都はるみ】の「大阪しぐれ」は1980年に大ヒットとなりました。
2019年2月5日 更新

【都はるみ】の「大阪しぐれ」は1980年に大ヒットとなりました。

都はるみさんが1980年に発売した「大阪しぐれ」を覚えていますか?この曲は当時、演歌としては大ヒットした曲です。今回はそんな「大阪しぐれ」を振り返ってみたいと思います。

130 view

都はるみとは

都 はるみ(みやこ はるみ、1948年(昭和23年)2月22日 - )は、日本の女性演歌歌手。本名・北村 春美(きたむら はるみ)。京都市生まれ。レコード会社は日本コロムビアに所属。所属事務所は「コロムビア音楽芸能」、「サンミュージックプロダクション」、「プロデュースハウス都」を経て再びサンミュージックに所属。血液型はB型。
Amazon | 都 はるみ ベスト・コレクション | 都 はるみ | ミュージック | 音楽 (2081295)

5歳の頃から日本舞踊とバレエを習っていた都はるみさんは、6歳の頃お母様から浪曲と民謡を習います。

1964年に「困るのことヨ」でデビューを果たし、3枚目のシングルである「アンコ椿は恋の花」が大ヒットとなりました。

1976年には「北の宿から」で第18回日本レコード大賞・FNS歌謡祭最優秀グランプリなど数々の音楽大賞を受賞しています。

「はるみ節」と呼ばれる独特の力強い歌唱法を持ち、昭和後期を代表する国民的演歌歌手として数多くのヒット曲を世に送りました。

そんな都はるみさんですが、現在は事実上活動を休止しています。

都はるみ 公式ホームページはこちら

大ヒット曲「大阪しぐれ」

「大阪しぐれ」は1980年2月に発売された都はるみさんの82枚目のシングルです。

1980年のオリコン年間ヒットチャートで第49位を記録し、16回連続出場となった同年大晦日の『第31回NHK紅白歌合戦』でも歌唱されました。
■都はるみ|大阪しぐれ/おんな恋唄 <EP 1980年... - ヤフオク! (2081311)

都はるみさんはこの「大阪しぐれ」で第22回日本レコード大賞・最優秀歌唱賞を受賞しています。当時の日本レコード大賞で大賞・新人賞(現・最優秀新人賞)・最優秀歌唱賞の三冠を達成したのは、都はるみさんが初の快挙でした。素晴らしいですよね(^^)/

1980年の年末に多くの賞を受賞し紅白でも歌われたことから、翌年に渡ってロング・セールスとなりました。結果としてミリオンセラーを達成し、大ヒットをおさめています。

歌詞の中で北新地などネオン街の地名が登場するところは、大阪の方はやはり嬉しいのではないでしょうか?

数ある大阪ご当地ソングの中でも有名な曲だと思います。

大阪しぐれ 都はるみ 14 1990' UPL-0013

この楽曲に携わった人達

作詞:吉岡治

吉岡治(よしおかおさむ)さんは日本の作詞家・放送作家であり、日本作詩家協会副会長を務められた方です。

この曲で吉岡治さんは日本作詞大賞を受賞しています。

作詞した代表曲には石川さゆりさんの「天城越え」や大川栄策さんの「さざんかの宿」などがあります。

2003年には紫綬褒章を授章しています。

2010年5月に亡くなれました。享年76歳でした。

作曲:市川昭介

Amazon | 市川昭介作品集〜いい歌たくさん、ありがとう〜 | オムニバス, 舟木一夫, 村田英雄, ジュディ・オング, 杉良太郎, 都はるみ, 吉田よしみ, 島倉千代子, 畠山みどり, 小林旭, 美空ひばり | 歌謡曲 | 音楽 (2081329)

市川昭介(いちかわしょうすけ)さんは福島県出身の作曲家です。

1961年に島倉千代子さんが歌った「恋しているんだもん」で第3回日本レコード大賞作曲奨励賞を受賞します。この曲が作曲家としてデビューでした。

市川昭介さんは、都はるみさんを国民的スターへと成長させ、数々のヒット曲を世に出した陰の功労者といえる方だと思います。都はるみさんも「歌謡界の父親」と言って慕っていたそうです。

1990年(平成2年)から日本レコード大賞の実行委員長を務め、1998年(平成10年)からレコード大賞の制定委員を務めました。また、日本音楽著作権協会(JASRAC)の評議員、日本作曲家協会の副委員長も歴任しています。

1996年(平成8年)に紫綬褒章を受章し、2004年(平成16年)には旭日小綬章を受章しています。

2006年に亡くなられておりますが、多くの門下生を残し、日本の歌謡界に多大なる貢献をされた方です。享年73歳。

編曲:齋藤恒夫

齋藤恒夫(さいとうつねお)さんは1930年に生まれた愛知県出身の作曲家・編曲家です。

代表曲に石川さゆりさんの「波止場しぐれ」、小林旭さんの「昔の名前で出ています」、渡哲也さんの「くちなしの花」などがあります。

2009年に編曲者として古賀政男音楽博物館が定める「大衆音楽の殿堂」入りを果たしています。

1990年に亡くなれています。享年59歳でした。

都はるみ その他のヒット曲

30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

東京ドームでの「不死鳥コンサート」から「川の流れのように」まで…美空ひばりの晩年の軌跡を振り返る。

東京ドームでの「不死鳥コンサート」から「川の流れのように」まで…美空ひばりの晩年の軌跡を振り返る。

昭和を代表する歌手・美空ひばり。彼女の晩年は病魔との闘いでした。この記事では昭和末期から平成にかけての、彼女の晩年を振り返ります。
壮大なスケールの楽曲である【八神純子】の「Mr.ブルー 〜私の地球〜」を聴き直す

壮大なスケールの楽曲である【八神純子】の「Mr.ブルー 〜私の地球〜」を聴き直す

「みずいろの雨」で有名な【八神純子】が1980年にリリースした「Mr.ブルー 〜私の地球〜」は、地球をテーマとした壮大な内容の楽曲でした。今回はこの名曲を聴き直してみたいと思います。
つきねこ | 475 view
アメリカ三部作で有名な【山川豊】 演歌を背負って立つ男の名曲を振り返る

アメリカ三部作で有名な【山川豊】 演歌を背負って立つ男の名曲を振り返る

「函館本線」で華々しくデビューし、「アメリカ橋」というヒット曲を持つ山川豊さん。この先の演歌を背負っていくその男の歌声を改めて聴き直したいと思います。
つきねこ | 230 view
まわり道でも・・・君に会えたらいいね【松山千春】の「人生の空から」を聴き直す

まわり道でも・・・君に会えたらいいね【松山千春】の「人生の空から」を聴き直す

名曲揃いの松山千春さんの楽曲ですが、今回はその中から「人生の空から」(たびのそらから)をピックアップしてみました。短い曲ですが、大変心に沁みる名曲なので、是非最後まで読んでみてくださいね(^^)/
つきねこ | 559 view
デビューから22年目にして檜舞台の紅白に登場した【大月みやこ】ヒット曲の「女の港」をご存じですか?

デビューから22年目にして檜舞台の紅白に登場した【大月みやこ】ヒット曲の「女の港」をご存じですか?

「女の港」や「白い海峡」などのヒット曲を歌われている大月みやこさん。受賞歴もあり、日本の音楽シーンにおいても貴重な存在だと思います。そんな大月みやこさんを特集してみたいと思います。
つきねこ | 488 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト