サイバー色豊かな個性的なロック・サウンドが魅力的なバンド『VANILLA(バニラ)』
2016年2月12日 更新

サイバー色豊かな個性的なロック・サウンドが魅力的なバンド『VANILLA(バニラ)』

元ユニコーンのドラマーの川西幸一と元ラフィンノーズの野山昭雄と共に立ち上げたバンドです。デビューシングル『愛をちょうだい』がヒットしました。

10,622 view

VANILLA(バニラ)

ロックバンド『VANILLA』

ロックバンド『VANILLA』

1995年デビュー。
1999年4月、無期限活動停止。

テレビ出演
MUSIC STATION (1995年、テレビ朝日)
HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP (1995年、フジテレビ)

メンバー

笹本希絵 ボーカル

笹本希絵 ボーカル

野山昭男 ギター

野山昭男 ギター

ラフィンノーズ再結成時のメンバー。


ラフィン脱退後、このバニラを結成しました。
出典 ameblo.jp
川西幸一 ドラム

川西幸一 ドラム

1987年、バンド「ユニコーン」のメンバーとしてデビュー。

1993年の解散後は、「VANILLA」でバンド活動をする。
坂巻晋 ベース

坂巻晋 ベース

「the wells」のメンバートして活動後、森 純太氏のソロ活動に参加する。その後「VANILLA」でバンド活動をする。
出典 ameblo.jp
VANILLAは、シーケンスに合わせてライヴを行うというライヴ形式を行っていました。

バンドの経歴

1993年1月にユニコーンを正式脱退。その後、原田龍二のレコーディングに参加した際に、野山昭雄氏に再会(以前、川西さんは野山昭雄氏のテレビ番組にゲストで出た事があったらしい)。そこから、川西野山坂巻の三人で下北沢地域を中心にバンド構想を練るという名の飲み会が繰り広げられました。そして、ヴォーカルを探すという名目のもと下北沢地域を中心に飲み歩いて発掘されたのが、笹本希絵となります(嘘/実際はボーカルをオーディションしつつ募集している所にデモテープを送ってみたら、三人がライヴを見に来たらしい)。
1994年からこの四人のメンバーでライヴスタート。
 “下世話な毒々しさ”(渋谷系ではなく敢えて言えば新宿系)をモットーに活動が開始されます。
そして奥田民生のソロデビューシングル「愛のために」でバックバンドとして参加します。笹本はパーカッションを担当しました。
1995年7月21日に発売された『愛をちょうだい』で	...

1995年7月21日に発売された『愛をちょうだい』で ソニー・ミュージックレコーズからデビュー。

1995年9月1日にアルバム『VANILLA』をリリース。
満を持して発売されたファーストアルバム。ちなみにレコーディングの前日に坂巻晋氏が車に跳ねられて肋骨が折れたのですが、それより前のイベントの際に川西さんがスノーボードですっこけて肋骨を折ったままライヴをしていた為に余り心配されなかったとか(笑)。
アルバム『VANILLA』1995年発売

アルバム『VANILLA』1995年発売

同年レコード大賞新人賞受賞
1996年7月1日にアルバム玉椿をリリース
アルバム『玉椿』1996年発売

アルバム『玉椿』1996年発売

1997年10月22日にアルバム『The SPIDER』リリース。
アルバム『The SPIDER』1997年発売

アルバム『The SPIDER』1997年発売

36 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

X JAPANのYOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』を発売!異例の「発売前重版」やメイキング映像にも注目!

X JAPANのYOSHIKI、28年ぶりの写真集『XY』を発売!異例の「発売前重版」やメイキング映像にも注目!

X JAPANのYOSHIKI(54)が、28年ぶりとなるオール撮りおろし写真集『XY』を発売することが決定しました。
隣人速報 | 204 view
【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 157,533 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 153,291 view
【訃報】ハードロックバンド「ヴァン・ヘイレン」のギタリスト、エディ・ヴァン・ヘイレンさん死去。

【訃報】ハードロックバンド「ヴァン・ヘイレン」のギタリスト、エディ・ヴァン・ヘイレンさん死去。

「ヴァン・ヘイレン」でギタリストを務めるエディ・ヴァン・ヘイレン(エドワード・ヴァン・ヘイレン)さんが、癌のため10月6日に亡くなっていたことが明らかとなりました。65歳でした。
隣人速報 | 1,291 view
元祖イケメンドラマー「ザ・ゴールデンカップス」のマモル・マヌーさん死去。長い髪の少女、愛する君になど

元祖イケメンドラマー「ザ・ゴールデンカップス」のマモル・マヌーさん死去。長い髪の少女、愛する君になど

60年代後半のグループサウンズを代表するバンドのひとつ「ザ・ゴールデン・カップス」でドラマー兼ボーカルを務めたマモル・マヌー(本名:三枝守、さえぐさ まもる)さんが9月1日、心筋梗塞のため亡くなっていたことが明らかとなりました。
隣人速報 | 587 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト