ロック・バンド「エコーズ」で80年代を、作家として90年代を駆け抜けた『辻仁成』
2017年3月20日 更新

ロック・バンド「エコーズ」で80年代を、作家として90年代を駆け抜けた『辻仁成』

最近では、離婚した中山美穂の元夫や中性化してしまったおじさん、のようなイメージを持たれがちな「辻仁成」。しかしそんな彼は、80年代はロック・バンド「エコーズ」のフロントマンとして活躍した男らしいロッカーでした。

5,982 view

三度の離婚も…最近は中性化してしまった辻仁成

 (1785749)

2008年ごろから次第に中性化を指摘されるように。「時代は絶対、中性ですよ。めちゃかっこいい中性的なおじいさんを目指します」との宣言も飛び出し、ロングヘアにイメージチェンジ。時には化粧をすることもあり、世間を驚かせた辻仁成。

三度の離婚を経験

南果歩

南果歩

最初に結婚した一般人女性と離婚した辻仁成は、1995年に今度は女優の「南果歩」と再婚します。同年、男児を授かり順風満帆かと思われた結婚生活でしたが、長く続くことはなく、2000年に離婚することになりました。
中山美穂

中山美穂

2002年には、元アイドルで女優の中山美穂と3度目の結婚をしますが、2014年に離婚が成立。2004年に生まれた息子の親権は父親の辻仁成に渡りました。

とはいえ音楽に文学…才能豊かな「辻仁成」とは

 (1785824)

1959年10月4日、東京で生まれた辻仁成。1981年にロック・バンド「エコーズ」を結成し、ボーカル&ギターを担当。また作詞・作曲のほとんども手掛けました。1992年、バンド解散後はソロ活動を始めます。

一方、1989年には、小説「ピアニシモ」ですばる文学賞を受賞。小説家としても華々しいデビューを飾ります。

そのため、ミュージシャン活動と作家活動では名前の読み方が変わるのも特徴。本名は「仁成」(ひとなり)で、ミュージシャンや映画監督の場合は「じんせい」、作家活動の場合は「ひとなり」になります。

80年代は自身のバンド「エコーズ」で大活躍

 (1785274)

出典 trdam.com
エコーズのメンバーは、辻仁成(vo、g)今川勉(ds)、伊藤浩樹(g)、伊黒俊彦(b)の4人。当時は、ブラックジーンズにブーツ、バンダナが辻のお馴染みのファッション・スタイルでした。

1985年の1stアルバム『WELCOME TO THE LOST CHILD CLUB』や86年『No Kidding』などで高い評価を獲得していきました。
当時、ニューウェーブと呼ばれる音楽の流れをくむバンド、「エコー&ザ・バニーメン」や「U2」といった洋楽のテイストを積極的に取り入れた音作りが話題に。また、後に小説家として成功をおさめる片鱗が垣間見れるいじめ、家庭崩壊をテーマにした重くシニカルな歌詞に加え、時に散文詩的で若者に熱く語り掛けるようなメッセージ色の強い歌詞も熱狂的なファンを多く生み出しました。
さらに、1989年のシングル「ZOO」(1988年に川村かおりに提供した曲のセルフカバー)がヒットし、世間の認知度も上がっていきました。

WELCOME TO THE LOST CHILD CLUB(1985年4月21日発売)

1stアルバム「WELCOME TO THE LOST CHILD CLUB」は、当時としては斬新なコンセプトだったと言える、社会とのつながりを見いだせない、ひきこもりの子供たちを主役にした現代ではありがちな時代を先取りした内容のものでした。
 (1785802)

01.レプリカの街から
02.今夜ナイトラインで
03.ハーメルンの笛
04.ヒューマニズムにがまんできない
05.Between
06.Bad Morning
07.訪問者(ヴィジター)
08.Tightrope Dancing
09.10セントの夢
10.恐るべき子供達へ
52 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

X JAPAN、“X”時代の映像がリマスターBD化!1989年のライブ映像を基にしたMVを公開!

X JAPAN、“X”時代の映像がリマスターBD化!1989年のライブ映像を基にしたMVを公開!

X JAPANがソニー・ミュージックに在籍していた“X”時代の映像をリマスタリングした『VISUAL SHOCK Blu-ray BOX 1989-1992』が、1月18日(水)に発売される。発売に先駆け、収録映像から「X」のミュージック・ビデオがYouTubeで公開された。
FOCUS | 3,227 view
YOSHIKIとToshlの出身地!館山駅の発車メロディにX JAPAN「Forever Love」が採用される!!

YOSHIKIとToshlの出身地!館山駅の発車メロディにX JAPAN「Forever Love」が採用される!!

JR館山駅の開業100周年を記念し、X JAPANの1996年のヒットシングル「Forever Love」が、同駅の発車メロディとして採用されることが明らかとなりました。
隣人速報 | 357 view
バービーボーイズ29年ぶりの新作「PlanBee」の詳細がついに公開!新曲「無敵のヴァレリー」が先行配信されます!!

バービーボーイズ29年ぶりの新作「PlanBee」の詳細がついに公開!新曲「無敵のヴァレリー」が先行配信されます!!

2018年に一夜限りの復活を果たし、29年ぶりの新作「PlanBee」を発売することを先日明らかにした、伝説のバンド「BARBEE BOYS」。このたび「PlanBee」に収録される楽曲などの詳細を発表しました。
隣人速報 | 3,182 view
【比較動画あり】かつて音楽マニアを騒がせた!B'zがインスパイアされたと思われる楽曲の数々!!

【比較動画あり】かつて音楽マニアを騒がせた!B'zがインスパイアされたと思われる楽曲の数々!!

音楽におけるスキャンダルのひとつとして古今東西挙げられる「パクリ問題」。パクリ業界(?)でかつて音楽マニアを騒がせたのが、B'zのヒット曲の数々です。この記事では当時話題となった楽曲をいくつかご紹介したいと思います。
となりきんじょ | 21,626 view
筋肉少女帯の「エディ」こと三柴理が30周年記念アルバムを発表!ミドルエッジ編集部が独占インタビューしてきました!

筋肉少女帯の「エディ」こと三柴理が30周年記念アルバムを発表!ミドルエッジ編集部が独占インタビューしてきました!

筋肉少女帯のピアニスト「エディ」こと三柴江戸蔵としてのデビュー以来、今年で30周年を迎える三柴理。記念アルバム「BEST of PIANISM」の発売にあたり、ミドルエッジ編集部のインタビューに応えていただきました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト