【1990年代J-POP】美の映像にピッタリ!女性が歌った懐かしの化粧品CMソング7選
2023年5月3日 更新

【1990年代J-POP】美の映像にピッタリ!女性が歌った懐かしの化粧品CMソング7選

化粧品のCMといえば、昔から映像の美しさに定評があり、起用されるBGMもまた美を引き立てるセンスがありました。1970年代には有名歌手の楽曲が起用されるようになり、その後は、歌った本人が出演することも。今回は1990年代にフォーカスし、当時お茶の間でよく流れたCMソングを7曲ご紹介します。

1,033 view

go for it! / DREAMS COME TRUE(1993年)

リリース:1993年9月9日
作詞:吉田美和
作曲:吉田美和・中村正人
編曲:中村正人


『go for it!』は、DREAMS COME TRUEの13枚目のシングルで、『雨の終わる場所』との両A面曲です。『決戦は金曜日』『晴れたらいいね』に続いて3作連続でオリコンナンバーワン(年間では16位)を獲得しました。資生堂化粧品の「'93秋キャンペーン」のCMソングとして起用された楽曲です。

「資生堂レシェンテ」のCMには、吉田美和本人が出演し、赤い薔薇をバックに本曲を歌っています。その後、映画や他のCMにも使用され、世代を超えて長年親しまれるドリカムの人気曲です。

go for it! / DREAMS COME TRUE(1993年)

資生堂レシェンテCM 90年代①

もっと もっと… / 篠原涼子 with t.komuro(1995年)

リリース:1995年2月8日
作詞:小室哲哉
作曲:小室哲哉
編曲:小室哲哉・久保こーじ


『もっと もっと…』は、篠原涼子の5枚目のシングルで、小室哲哉プロデュースにより「篠原涼子 with t.komuro」という名義になっています。マンダム「トリーティア ハーブ in ウォーター」のCMソングで、篠原本人が出演しました。

爆発的ヒットとなった前作『恋しさと せつなさと 心強さと』ほどではないものの、オリコン3位(年間54位)と上位ランク入りを果たしています。

※以下の動画は、CM動画ではなくミュージックビデオです。

もっと もっと… / 篠原涼子 with t.komuro(1995年)

Motto Motto

Hate tell a lie / 華原朋美(1997年)

リリース:1997年4月23日
作詞:TETSUYA KOMURO
作曲:TETSUYA KOMURO
編曲:TETSUYA KOMURO


『Hate tell a lie』は、華原朋美の6枚目のシングルで、小室哲哉プロデュース最後のミリオンセラー曲です。カネボウ化粧品のREVUEブランド「ブロンズラヴ」のCMソングに起用され、華原朋美本人が "白い肌" と "黒い肌" の2つのメイクで出演しました。キャッチコピーは「ナツ ハダ ヒカル。」。オリコンナンバーワン(年間14位)を獲得しています。

因みに、『Hate tell a lie』は、英語の文法的には誤り(正しくは "Hate to tell a lie")です。このことについて小室は、本場米英では歌詞はあまり文法を気にしなくてよいが、このタイトルは良くなかったと話しています。

Hate tell a lie / 華原朋美(1997年)

カネボウ ブロンズラヴ CM 1997年

カサブランカ・ダンディ / 田村直美(1997年)

リリース:1997年12月25日
作詞:阿久悠
作曲:大野克夫
編曲:弥吉淳二・鷹羽仁


『カサブランカ・ダンディ』といえば、もちろん沢田研二のヒット曲ですが、本曲は、田村直美が16枚目のシングルとしてカバーした楽曲です。ノエビア化粧品が展開したテレビCMシリーズ「コスメティック・ルネッサンス」のCMソングとして起用され、世代を超えて親しまれる楽曲となりました。CMはイラストのみで構成され、実写の人間が登場しないのが特徴です。

戦時中の名作映画『カサブランカ』をテーマにしており、歌詞に登場する "ボギー" とはもちろん、主演のハンフリー・ボガートのことです。

カサブランカ・ダンディ / 田村直美(1997年)

NOEVIR CM History 88.5~98.5 Cosmetic Renaissance

愛のしるし / PUFFY(1998年)

リリース:1998年3月14日
作詞:草野正宗
作曲:草野正宗
編曲:奥田民生


『愛のしるし』は、女性デュオ・PUFFYが1998年に歌ったヒット曲で、最近ではTikTokで振り付け動画が人気になっています。当時はオリコン3位(年間64位)を記録し、PUFFYの代表曲となりました。スピッツの草野正宗が、作詞・作曲を手がけています。

資生堂「TISS」のCMソングとして起用され、CMではPUFFY本人がOL姿で出演。本曲と "ティース" という挨拶風のフレーズが話題になりました。その後も、映画やCMなどで使用され、世代を超えて伝わる人気曲です。

愛のしるし / PUFFY(1998年)

資生堂 ティス パフィー CM

RESPECT the POWER OF LOVE / 安室奈美恵(1999年)

リリース:1999年3月17日
作詞:小室哲哉
作曲:小室哲哉
編曲:小室哲哉


『RESPECT the POWER OF LOVE』は、安室奈美恵の13枚目のシングルで、本曲もまた小室哲哉プロデュースの楽曲です。出産から復帰後2枚目となるシングルで、オリコン2位(年間43位)を記録しました。コーセーの「ヴィセ」のCMソングとして起用され、CMには本人が出演しています。

当時、本曲以上に話題となったのが、リリース当日の1999年3月17日に発生した安室奈美恵実母殺害事件。気丈にも彼女は、そのわずか12日後に「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」に生出演しています。

RESPECT the POWER OF LOVE / 安室奈美恵(1999年)

Namie Amuro-KOSE VISEE 15s (RESPECT the POWER OF LOVE)

Boys & Girls / 浜崎あゆみ(1999年)

リリース:1999年7月14日
作詞:ayumi hamasaki
作曲:D・A・I
編曲:Naoto Suzuki、D・A・I


『Boys & Girls』は、浜崎あゆみの9枚目のシングルで、彼女にとって初のミリオンセラー曲です。オリコン3週連続1位(年間11位)を獲得し、NHK紅白歌合戦初出場を果たしました。花王「AUBE」のCMソングとして起用され、CMには本人が出演しています。

浜崎あゆみの化粧品CMというとコーセーの「ヴィセ」が有名ですが、実は「AUBE」の方が最初で、「ヴィセ」に起用されたのは2000年以降です。
21 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

携帯電話サービスTu-Kaのイメージキャラクター「浜崎あゆみ」を始め豪華キャストもCMに出演していた

携帯電話サービスTu-Kaのイメージキャラクター「浜崎あゆみ」を始め豪華キャストもCMに出演していた

今や老若男女問わず持っている携帯電話ですが、90年代に存在した「Tu-Ka」という携帯電話ブランドをご存知でしょうか?浜崎あゆみさんが出演するツーカーのCMは、大変思い出深いです。歴代CMキャラクターには他にも豪華な方たちが抜擢されていました。今回は、浜崎あゆみさんのツーカー集を始め、あの豪華キャストも出演されていたCMをまとめました。
あやおよ | 4,053 view
【1990年代J-POP】オシャレ映像にピッタリ!男性が歌った懐かしの化粧品CMソング6選

【1990年代J-POP】オシャレ映像にピッタリ!男性が歌った懐かしの化粧品CMソング6選

化粧品のCMといえば、昔から映像のクオリティに定評があり、起用されるBGMもまた美を引き立てるセンスがありました。さらに1990年代に入ると、メンズ化粧品のCMに男性タレントが登場するようになります。今回は1990年代の男性アーティストにフォーカスし、当時お茶の間でよく流れたCMソングを6曲ご紹介します。
izaiza347 | 679 view
今年もたくさん耳にしました!2019年のCMに採用された昭和~平成の懐かしヒット曲!!

今年もたくさん耳にしました!2019年のCMに採用された昭和~平成の懐かしヒット曲!!

CMを彩るタイアップ曲・使用される楽曲は最新のものから懐メロまで色々ありますよね。CMとのタイアップがヒットの鉄則と呼ばれる時代もありました。この記事では、2019年に放送されたCMに使用されている、90年代以前の名曲にスポットを当ててみたいと思います。
隣人速報 | 3,558 view
小室哲哉のヒット曲の数々が彩る音楽朗読劇「SWEET 19 BLUES」が東京・高田馬場で開催決定!!

小室哲哉のヒット曲の数々が彩る音楽朗読劇「SWEET 19 BLUES」が東京・高田馬場で開催決定!!

東京・高田馬場の「ベルサール高田馬場」にて、音楽朗読劇 「SWEET 19 BLUES-FEATURING THE SONGS OF TETSUYA KOMURO-」の開催が決定しました。
隣人速報 | 104 view
【1996年】PUFFY! SPEED! dos! 日本レコード大賞新人賞の受賞曲は!?受賞者は今!?

【1996年】PUFFY! SPEED! dos! 日本レコード大賞新人賞の受賞曲は!?受賞者は今!?

昔は大晦日の夜といえば、テレビの前で一家団欒。『日本レコード大賞』と『紅白歌合戦』をはしごして視聴した方が多かったことでしょう。中でもドキドキするのが、日本レコード大賞の「大賞」と「最優秀新人賞」の発表の瞬間。今回は、日本レコード大賞の「新人賞」にフォーカスし、受賞曲と受賞者の今についてご紹介します。
izaiza347 | 167 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト