ミニ四駆で遊んでた?ミニ四駆の流行から衰退までの流れと幼少期の思い出を語る
2020年11月28日 更新

ミニ四駆で遊んでた?ミニ四駆の流行から衰退までの流れと幼少期の思い出を語る

皆さんは子供の頃、ミニ四駆で遊んだ思い出をお持ちでしょうか?アラフォー世代ならきっとドンピシャな懐かしいミニ四駆の流行~衰退の流れを紹介すると共に、自身のミニ四駆にまつわる思い出を語ります!

1,507 view

ミニ四駆とは

ミニ四駆 - Wikipedia (2239984)

そもそもミニ四駆とはなんぞや?という方に向けて、まずは簡単な説明から。

ミニ四駆はプラモデルメーカーの「タミヤ」から発売された、動力付きの自動車模型の総称です。

動力となるのは単三の乾電池で、ラジコンなどとは異なりコントローラーなどは無く、スイッチを入れるとモーターが作動して自走するタイプの商品でした。

その名の通り四輪駆動で走り、子供向けに販売されていましたが
・タイヤ
・シャーシ(土台となる部分)
・モーター
・エアロパーツ
・ギア
etc・・・

上記のような様々なパーツを購入して、カスタマイズできるという拡張性から、子供から大人までを巻き込む一大ムーブメントを巻き起こしたおもちゃこそが「ミニ四駆」です。

ミニ四駆は流行と衰退を繰り返している!

 (2239986)

ミニ四駆は、登場から現在に至るまで数度に渡る流行と衰退を繰り返してきました。

その変遷を振り返りますが、ミニ四駆の流行と衰退には「私たちアラフォー世代」が大きく関与しています。

ミニ四駆第一次ブームはアラフォー世代の幼少期!

 (2239989)

ミニ四駆が最初に大きなブームとなったのは、1980年代中期です。

実は、ミニ四駆のルーツとなるタミヤの自走する車のおもちゃ自体は1968年に登場しています。
クイックレーサーという商標で発売され、ミニ四駆と同じく単三電池を動力に後輪駆動(車で言えばFRに近い構造)で走るというものでした。

クイックレーサーを改良し、1980年代初頭に人気を博していたフォードやシボレーを参考に開発されたのがミニ四駆。

その後もスピード感のあるレーサータイプへの改良などを経て、徐々に人気が広がっていきますが最も大きな影響を与えたのが「コロコロコミック」の存在です。
コロコロアニキ 2020冬号 2020年 11 月号 [雑誌]: 月刊コロコロコミック 増刊 | |本 | 通販 | Amazon (2239991)

当時、子供たちに大人気だった小学生向けの二大月刊「コロコロ」と「ボンボン」。

コロコロコミックで、「ダッシュ!四駆郎」が1987年から連載され、同紙の中で積極的にミニ四駆に関する特集や紹介が掲載されたことで、一気に大流行を果たしました。
ダッシュ!四駆郎 第1巻 (てんとう虫コミックス) | 徳田 ザウルス |本 | 通販 | Amazon (2239993)

ダッシュ!四駆郎の掲載期間は1987年~1992年まで。

実質の第一次ミニ四駆ブームは1987年頃から、およそ3年程度がピークで少しずつ子供たちからミニ四駆熱が冷めていきました。

ミニ四駆第二次ブーム

爆走兄弟レッツ&ゴー!!(1)【期間限定 無料お試し版】 (てんとう虫コミックス) | こしたてつひろ | 少年マンガ | Kindleストア | Amazon (2239996)

ミニ四駆の人気も落ち着いてきた1990年代初頭。

ところが、1994年にタミヤがフルカウル(タイヤを覆うボディ形状)タイプの新シリーズ「フルカウルミニ四駆」を発売したことで、ミニ四駆人気が再燃します。

コロコロコミックでも、同年「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」の連載が始まり、一気に第二次ブームとなりました。

第二次ミニ四駆ブームでは、各地のおもちゃ屋がサーキットを常設して、独自のレース大会を催すなど「モータースポーツ」的な楽しみ方に変化していったことも大きな特徴です。

ミニ四駆第三次ブーム

ミニ四駆第二次ブームは、後発される「遊戯王」のカードゲームやベイブレード、さらには家庭用ゲーム機の台頭などによって静かに去っていきます。

その後は、ミニ四駆は一部の根強いファン層に支えられ辛く長い衰退期を過ごす事になりました。

そんなミニ四駆ですが、2005年にタミヤが発売した「ミニ四駆PRO」という新シリーズを皮切りに息を吹き返します。
 (2240002)

実は、このミニ四駆第三次ブームを支えたのも「幼少期にミニ四駆を愛した世代」でした。

2005年ごろ、第一次・第二次ブームと共に育った子供たちは成人して子供が居てもおかしくない年代となっていました。

そんな中で、ミニ四駆PROが登場して公式大会なども行われるようになると、購買力のある大人へと成長した世代が昔を懐かしんで没頭するようになります。

子供とミニ四駆を通じてコミュニケーションを図る親も多く、子供たちよりも大人たちがヒートアップした印象が強いのが第三次ブームの特徴です。

現在も公式レースなどが定期的に開催されていますが、2005年~2013年ごろまでがピークだったと言えます。
26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

親子・家族・友達同士で遠足気分で楽しもう!大人のミニ四駆「ミニ四駆ジャパンカップ2017 東京大会2」(2017年7月16日)イベントレポート&ガイダンス

親子・家族・友達同士で遠足気分で楽しもう!大人のミニ四駆「ミニ四駆ジャパンカップ2017 東京大会2」(2017年7月16日)イベントレポート&ガイダンス

「ミニ四駆ジャパンカップ2017 東京大会2」(2017年7月16日)当日のレース参加者は3,117名、付き添いなどすべての来場者合計はのべ4000~5000名と見込まれます。 大勢の観客は会場を埋め尽くし、お祭りやビッグイベントのように大盛況でした。親子で楽しむイベントとして、まさに一大コミュニティ・文化イベントになっています。当日のレース参加者と観客の雰囲気と熱気をお伝えいたします。スピードと安定性をコース上でベストフィットさせることは難しい。奥が深いですよ。
【実車版エアロ アバンテ】タミヤが10/18、「1/1ミニ四駆実車化プロジェクト」で製作した実車版ミニ四駆「エアロ アバンテ」を世界初公開!

【実車版エアロ アバンテ】タミヤが10/18、「1/1ミニ四駆実車化プロジェクト」で製作した実車版ミニ四駆「エアロ アバンテ」を世界初公開!

1980~90年代に大ブームとなったミニ四駆が、なんと実車で登場しました!ボディデザインはシリーズのなかでも人気の高い「エアロ アバンテ」仕様。複雑な形状を忠実に再現し、最高速度は180km/hとのこと。10月18日に世界初公開された「1/1ミニ四駆実車化プロジェクト」製作の実車版ミニ四駆「エアロ アバンテ」を早速チェックします!!
青春の握り拳 | 6,863 view
今、大人がハマる・・・ミニ四駆ブーム再到来!

今、大人がハマる・・・ミニ四駆ブーム再到来!

子供の頃に熱中した「ミニ四駆」 その世代の大人達が、今や我が子を持つ父親となり、子供と一緒に楽しめることで、再ブームとなっている!おもちゃ屋・カラオケ店・飲み屋にまでミニ四駆のコースを置く店舗も出現!なんと利用者が増えているとか・・・
パウエル | 26,485 view
ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

1986年に発売され、現在に至るまで野球ゲームの傑作として認知されている「ファミスタ」シリーズについて振り返ってみましょう。
ミニ四駆世代必見!「タミヤフェア2017」が今年も開催されます!!

ミニ四駆世代必見!「タミヤフェア2017」が今年も開催されます!!

静岡の秋のホビーイベントとしてすっかり定着したタミヤフェア。注目の新製品の展示をはじめ、参加型の様々なイベント、さらに会場でしか買えない限定商品の販売や、掘り出し物の即売などのコーナーが展開されます。
隣人速報 | 1,786 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト