【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!伊達英二VSリカルド・マルチネス
2020年4月21日 更新

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!伊達英二VSリカルド・マルチネス

1990年代に連載されて、今もなお連載が続いている漫画『はじめの一歩』。これまで数々の激戦を振り返ってきましたが、今回は伊達英二とリカルド・マルチネスの世界タイトルマッチについて記事にしていきたいと思います。読んでいるだけで体温が上がってしまいそうになる試合内容で、絶対に見逃せない注目の戦いです。

773 view

『はじめの一歩』とは?

はじめの一歩

はじめの一歩

作者 :森川ジョージ
出版社:講談社
連載誌:週刊少年マガジン
発表号:1989年43号~
『はじめの一歩』(はじめのいっぽ)は、ボクシングを題材とした森川ジョージによる日本の漫画作品。1989年から『週刊少年マガジン』(講談社)で連載中。
母子家庭のいじめられっ子であり、釣り船屋を親子で支えている主人公・幕之内一歩が、プロボクサー鷹村守との出会いをきっかけに鴨川ボクシングジムに入門。「強いとは何か?」という問いの答えを求め、プロボクサーとして、また人間としても成長していく過程を、周囲との交流やライバル達との戦いを通じて描いてゆく。主人公のみならず脇役である仲間やライバル達の戦いも詳細に描いている点が特徴的であり、作者は「登場人物全員が主人公です」とコメントしている。

伊達英二VSリカルド・マルチネス

因縁の対決

因縁の対決

この試合は、破竹の勢いで勝ち上がってきた一歩に初めて黒星をつけた伊達が世界タイトルに挑戦するといった内容。この世界タイトルマッチに対する伏線は一歩との試合の中でも描かれてきており、いよいよ待ちに待った試合といえます。

伊達英二のボクサー人生

伊達はボクサーとしては年齢が高く、本編ではベテランといえる存在です。一歩との試合においても、その持ち味は大いに発揮されました。無類の強さを誇るように見えますが、過去に世界タイトルに挑戦した経験があり、その試合内容は2ラウンドKO負けと圧倒的な力の差を見せつけられていたのでした。そして、そのときに伊達を負かした相手こそ、今回の世界タイトルマッチで挑戦するリカルド・マルチネスなのです。

引退してからのカムバック

世界タイトルマッチで敗退した伊達は、一度はボクサーを引退して、サラリーマンになるという選択をします。仕事は順風満帆でしたが、その生活に心から満足することはありませんでした。そんな日々を過ごしていると、やはりボクシングに未練があって、再び世界タイトルに挑戦したいという自分の内なる気持ちに気づくのです。
伊達は自分の本当の気持ちを偽るのを止め、ボクサーとしての現役時代にトレーナーとしてお世話になっていた仲代会長がいるボクシングジムの門を叩くのでした。

伊達英二が身につけたテクニック

一歩との試合で見せた伊達のテクニックは、いずれ挑戦する世界タイトルマッチを見越して身につけたものです。ここではボクサーとして、伊達を代表する2つの高等テクニックを紹介しておきます。
ひとつ目は首いなしと呼ばれるもので、パンチが当たる瞬間に、意図的に首から上をクルリといなしてダメージを逃がすテクニックになります。
ふたつ目はハートブレイクショット。伊達はコークスクリューブローを得意としますが、さらにタイミング良く心臓をコークスクリューブローで打ち抜くことによって、瞬間的に相手の動きを止めてしまうという必殺ブローとなります。ハートブレイクショットを受けた相手は時間が止まったかのように、ガードもできず、無防備で返しのパンチをもらってしまいます。

圧倒的な強さを誇るリカルド・マルチネス

伊達の引退後、復帰して再び挑戦してくるまでの10年以上もの間に渡ってタイトルを保持し続けている世界チャンピオンで、キングオブキングスに挙げられる存在といえます。
人物像としては落ち着いたイメージがあって、紳士的で、立派な世界チャンピオンという印象が強いです。『はじめの一歩』には個性的なボクサーが多く登場しますが、リカルド・マルチネスは人間としても成熟していて模範的なキャラクターといえるでしょう。

伊達VSリカルドの試合展開

いよいよ世界チャンピオンのリカルド・マルチネスが来日して、世界タイトルマッチの開催日が迫ってきました。リカルドのスパーリングの調整相手に指名された主人公・一歩、挑戦者の伊達は一歩のライバルである宮田をスパーリングの調整相手に指名しました。
しかし、圧倒的な強さを誇るリカルドや伊達に、タイトルホルダーの一歩と宮田のどちらも一発のパンチも当てられずに終わって世界のレベルとその壁の厚さを改めて実感します。
そして、いよいよタイトルマッチ当日を迎え、伊達は圧倒的な強さを誇る世界チャンピオン・リカルドとの再戦が幕を開けるのでした。
運命のゴングが鳴る

運命のゴングが鳴る

ゴング開始直後から伊達は積極的に攻め、強引にリカルドのガード目がけて左ストレートを放り込みます。伊達の左拳はリカルドのガードを跳ね上げると、さらに伊達は踏み込んでダブルで放った左ストレートを顔面にねじ込むのでした。一歩はスパーリングで一発のパンチも当てられなかったのに、伊達は試合の開始直後にリカルドの顔面を捉えることに成功して幸先のいいスタートを切ります。
次はリカルドが反撃してきますが、伊達は首いなしのテクニックをつかって簡単にかわしてみせます。そのままジャブの応酬になりますが、左の差し合いは伊達・リカルドで拮抗した展開となります。お互いに右の大砲を出そうとした瞬間に第1ラウンドの終了を告げるゴングが鳴り、続きは第2ラウンドに持ち越されるのでした。
前回の試合でKO負けを喫した第2ラウンドが始まり、不吉な予感を感じた伊達は警戒を高めます。リカルドはとうとう右ストレートを出し、伊達はかわしたことで空を切りますが、その威力は標的の後方をも打ち抜くほどのもので驚きを隠せません。
コーナーに追い込まれてしまった伊達は、接近戦でのパンチの応酬となり、リカルドとの高度な駆け引きを求められます。伊達の首いなしに対応して、リカルドはボディー狙いに切り替えてきました。そして、強烈なボディーブローは伊達の腹部に深々と突き刺さり、倒れてしまいそうになりますが、なんとか踏ん張って持ち堪えます。
ここで驚いた表情を見せたのはリカルドで、これまで数々の挑戦者たちの腹筋を貫いてきたボディーブローに耐えた伊達の姿を驚異的に感じました。そして、伊達が世界チャンピオンである自分よりも、さらに強いパンチ力をもつボクサーと戦った経験があると察したのです。
こうして伊達は第2ラウンドを乗り切り、前回は第2ラウンドでKO負けした事実を踏まえ、確実にリカルドとの力の差が小さくなったことを実感したのでした。
本来の姿をみせるリカルド

本来の姿をみせるリカルド

伊達・リカルドは互角の勝負を演じているように見え、伊達や周囲の観客は第3ラウンドの展開にも期待をもっていました。しかし、第3ラウンドが始まると、リカルドのファイトスタイルは大きく変わって、理詰めで教科書のようなボクシングから、強引で暴力的なパンチを打ってくるようになりました。
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

一歩がまさかの引退!?「はじめの一歩」の壮絶すぎる展開が話題に!

一歩がまさかの引退!?「はじめの一歩」の壮絶すぎる展開が話題に!

一歩がまさかの引退か!?週刊少年マガジンで連載中のボクシング漫画「はじめの一歩」の壮絶すぎる展開が、今ファンの間で話題となっています。長らく「はじめの一歩」から遠ざかっていた人も要チェックですよ!
隣人速報 | 17,117 view
【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!宮田一郎VSアーニー・グレゴリー

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!宮田一郎VSアーニー・グレゴリー

現在も連載中でミドルエッジ世代から圧倒的な人気を誇るボクシング漫画『はじめの一歩』。 今回の記事では、主人公・一歩のライバルであり、憧れの存在である宮田一郎が東洋太平洋タイトルに挑戦する試合について振り返っていきます。対戦相手でありながら紳士的な戦いぶりをみせるアーニーにも好感がもてる対戦です。
tsukumo2403 | 71 view
【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!鴨川源二VSラルフ・アンダーソン

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!鴨川源二VSラルフ・アンダーソン

ミドルエッジ世代の青春といえるボクシング漫画『はじめの一歩』。今回は主人公・一歩の師匠といえる鴨川会長の若き日のエピソードを振り返っていきます。現代のボクシングでは絶対にありえないマッチメイクですが、だからこそ熱くなってしまい、惹き付けられる魅力があるように思えます。
tsukumo2403 | 881 view
【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS沢村竜平

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS沢村竜平

現在でも根強い人気を誇るコミック『はじめの一歩』。これまで数々の激戦が描かれてきましたが、主人公・一歩が最も苦戦した試合といえば、沢村竜平との対決を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。今回の記事では、幕ノ内一歩VS沢村竜平のデンプシーロール破り破り…について振り返っていきましょう。
tsukumo2403 | 912 view
【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS島袋岩男

【はじめの一歩】熱かった数々の試合を振り返る!幕ノ内一歩VS島袋岩男

ミドルエッジ世代の青春の1ページと言っても過言ではない『はじめの一歩』。今回の記事では同キャラ対決といえる対決、幕ノ内一歩と島袋岩男の試合を振り返っていきたいと思います。海で育ってきたという境遇や、選手としてもクロスレンジでの打ち合いを得意とするファイタースタイルなど、似ている要素が多い両者の戦いぶりを見ていきましょう。
tsukumo2403 | 740 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト