ジッタリン・ジンの名曲『夏祭り』、20年後に明かされた恋の真相は…
2017年8月5日 更新

ジッタリン・ジンの名曲『夏祭り』、20年後に明かされた恋の真相は…

イカ天バンド『ジッタリン・ジン』が1990年に発表した夏の定番曲「夏祭り」。 夏祭りに一緒にでかけた少年の、少女に対する淡く切ない恋慕の気持ちを綴った「夏祭り」にはペアとなるアンサーソングがあった。20年の時を経てアンサーソングの歌詞で明かされた恋の真相について紹介。

48,000 view

夏の定番曲、ジッタリン・ジン『夏祭り』

『夏祭り』1990年8月29日に発売された、JITTERIN'JINN(ジッタリン・ジン)4枚目のシングル。
夏祭りに一緒にでかけた少年の、少女に対する淡く切ない恋慕の気持ちを綴った歌である。
JITTERIN'JINN(ジッタリン・ジン)

JITTERIN'JINN(ジッタリン・ジン)

1986年に結成。デビュー前の1989年5月20日には、人気オーディション番組『三宅裕司のいかすバンド天国』に出場し6代目キングとなった。
1990年、「プレゼント」「にちようび」「夏祭り」などが大ヒット。「にちようび」はオリコン初登場1位を記録した。
浦田松蔵が脱退後、ベースパートのメンバーの脱退・加入を繰り返し現在はベースにサポートメンバーを迎えインディーズで活動している。
出典 ex-img.com
ジッタリン・ジン『夏祭り』

ジッタリン・ジン『夏祭り』

作詞・作曲・編曲:破矢ジンタ。
週間3位(オリコン)
1990年度年間80位(オリコン)

哀愁漂うジャケットデザインも秀逸。

【動画】Jitterin' Jinn(ジッタリン・ジン) - 夏祭り

【動画】JITTERIN'JINN『夏祭り』Liveバージョン

「君がいた夏は 遠い夢の中 空に消えてった 打ち上げ花火」から始まる歌詞は、好きな女の子に告白できなかった男の子の淡く切ない恋心が描かれている。

2000年、ガールズバンド・Whiteberryによるカバーが大ヒット

JITTERIN'JINNの『夏祭り』が発売された1990年8月から、10年後の2000年8月9日に、Whiteberry(ホワイトベリー)の3枚目のシングルとしてカバー版の『夏祭り』が発売された。

オリコン週間チャートで3位のヒット曲となり、Whiteberryはこの曲で第51回NHK紅白歌合戦に出場。
Whiteberryのミニスカート型の浴衣も話題になり、現在のミニ浴衣の原型となったとも考えられている。
Whiteberry『夏祭り』

Whiteberry『夏祭り』

週間3位(オリコン)
2000年度年間34位(オリコン)
登場回数17回(オリコン)

【動画】Whiteberry 夏祭り

アイドルグループ・ももいろクローバーも、結成初期に『夏祭り』をライブで歌っていた。
さらに2013年7月31日に放映された「FNSうたの夏まつり」の番組中でも、ももいろクローバーZとしてこの曲を歌っている。

FNSうたの夏まつり ももクロwith夏祭り - YouTube

愛され続ける名曲『夏祭り』

・東京ヤクルトスワローズのチャンステーマ。
・高校野球・社会人野球(ヤマハ硬式野球部)の応援歌としてもよく用いられている。
・株式会社SANKYOのパチンコ「CRフィーバー大夏祭り」のCMソングに起用。
・音楽ゲーム「太鼓の達人」のアーケード版では第2作以降すべての作品に登場する人気曲である。

2010年、JITTERIN'JINNがペアソング『なつまつり』を発表。

『夏祭り』を発表した1990年から20年後の2010年。
JITTERIN'JINNは『なつまつり』を発表。

オリジナルの『夏祭り』が、夏のお祭りの日に一緒にでかけた男の子の、女の子へ淡く切ない恋慕の気持ちを綴った唄であったのに対して、『なつまつり』は同じ時に女の子が抱いていた男の子への気持ちを歌ったという謂わばペアとなるべき作品。

『夏祭り』と『なつまつり』は、本来は一対の作品となって発表されるべきものだった。
しかし、「夏祭り」が先行し、想像を超えるヒットになったことで永い間、『なつまつり』は陽の目を見ずにいたが発売から20年の時を越えアンサーソングとして解禁されることになった。

夏の夜が持つ一瞬の景色の中で、男女二人の気持ちの交錯が限りない甘酸っぱさを放つ傑作「夏祭り」は、誰しもが持つ青春への悔恨と憧憬を端的に歌ったキラーチューンだが、そのときの女の子の気持ちは楽曲中で明かされていなかった。

「夏祭り」では告白できなかった男の子の気持ちに対して、女の子は何を想っていたのか。
20年間語られなかった夏の夜の答え、そして誰もがずっと言えなかった“大切な思い”の答えが、この「なつまつり」には綴られている。

「なつまつり」PVは漫画家の松本大洋氏が作画。

「なつまつり」のプロモーション・ビデオは、「ピンポン」「鉄コン筋クリート」「花男」などで知られる漫画家の松本大洋氏が手がけている。
自身初となるプロモーション・ビデオの作画については、元々親交のあったJITTERIN'JINNメンバーからの「なつまつり」発表に伴う映像化の依頼を受けて快諾し、初の描き下ろし提供になった。

3回に分けて公開された 「なつまつり」の予告編ムービー

39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"で公式プレイリスターとして情報提供しているミドルエッジがお届けする「‘70 ‘80 ‘90 Best」シリーズ!今回はその集大成と言える「昭和J-popに酔いしれる!!」に収録した84曲の一部をライナーノーツ的に紹介します。曲のチョイスは「何故この曲?」なんて堅いことは言いっこなし(笑、有線さながらのバックミュージックに使えて、そして懐かしむミドルエッジの王道を是非ご堪能ください。
Your&My | 12,419 view
『日本人が見た最もロックンロールな夢【BLANKEYJETCITY】まとめ』

『日本人が見た最もロックンロールな夢【BLANKEYJETCITY】まとめ』

1990年に結成し、1998リリースの「赤いタンバリン」の大ヒットなどでスターダムをのし上がるも、バンドとしても絶頂期の2000年突如解散。そんな一瞬の夢のように去っていったBLANKY JET CITYの魅力をまとめてみました!
味塩太郎 | 67,241 view
イカ天でブレイク!「ジッタリン・ジン」は今も現役

イカ天でブレイク!「ジッタリン・ジン」は今も現役

1989年5月、当時の人気オーディション番組「三宅裕司のいかすバンド天国」で6代目キングとなり、注目を集めました。同年デビューし、独特の2ビートでヒットを連発。代表曲「夏祭り」は後にwhiteberryがカバーし再ヒットしましたね。今も活動を続けるジッタリン・ジンについて、これまでを振り返ります。
infinity | 43,572 view
これぞROCK「ブランキージェットシティー」

これぞROCK「ブランキージェットシティー」

90年代本当のRockをかき鳴らした「Blankey Jet City」彼らだからこそ作れる音楽は多くのファンに愛されました。そんな「Blankey Jet City」の事を詳しく見ていきましょう。
manami-n | 11,992 view
バンドブーム全盛期の80年代。みんながバンドに影響を覚えた

バンドブーム全盛期の80年代。みんながバンドに影響を覚えた

80年代は、全国規模でアマチュアバンドが勃発した時代でした。中学生・高校生バンドが多く私の当時の学校でもバンドだけで10組ほど出来てた記憶が有ります。
ryoryo05 | 46,297 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト