【スキャンダルにまみれた苦悩の?エース】元巨人・桑田真澄さんの波乱万丈の人生
2017年7月1日 更新

【スキャンダルにまみれた苦悩の?エース】元巨人・桑田真澄さんの波乱万丈の人生

「KKコンビ」として甲子園を史上最大級に沸かせたPL学園の桑田真澄さん。しかし、彼の野球人生は、栄光ばかりではありませんでした。あることないことを書かれ、非常につらい思いも。真実はもちろんご本人にしかわかりませんが、彼の人となりを紹介してみたいと思います。

16,143 view

野球大好きのスパルタの父のもとに生まれる。

1968年4月1日、兵庫県西宮市で桑田真澄さんは誕生します。
(wikipediaでは大阪府八尾市出身とありますが、これは正確ではなさそうです。4歳の時に大阪府に引っ越されたという情報が正しいようです。)
西宮市は甲子園の所在地。まさに生まれながらにして、甲子園を沸かす運命にあったようにも思えます。
桑田さんの父親・泰次さんは、大の野球好きで、赤ちゃんである真澄さんの枕元に野球道具を置き、将来は絶対に野球選手にする、と意気込んでいたそうです。

2歳になると、もう桑田さんは野球道具を担いで、バッティング・ピッチングをするという末恐ろしいお子さんになっていました。
野球道具を担ぐ桑田真澄さん

野球道具を担ぐ桑田真澄さん

2歳でバッティング

2歳でバッティング

2歳でピッチング

2歳でピッチング

8歳で少年野球チーム「八尾フレンド」に入団。

8歳で少年野球チームに入団すると、父・泰次さんのスパルタ指導はさらに加速していきます。
こわい!桑田さんのお父さん

こわい!桑田さんのお父さん

父の指導に従って、毎日5kmのランニング、1時間のキャッチボールを毎日!
やらされる子供もたまったものではありませんが、これに毎日付き合うお父さんのほうがすごいとも思います。
よっぽどお父さんは野球が好きだったんですね。
桑田真澄さんが子供の頃に描いた長期展望。

桑田真澄さんが子供の頃に描いた長期展望。

小学生ー中学生の頃には、既に、自分は将来PL学園に入り、早稲田大学に進み、巨人に入るんだ、という目標を立てます。
そこで、「早稲田大学に入るには勉強ができなければ無理よ」と、お母さんの敏恵さんに言われて、勉強も併せて力を入れるようになります。
結果的に早稲田大学には入りませんでしたが、その経験は、今の桑田さんのインテリっぽい雰囲気の一つの要因になっているのかもしれません。
桑田真澄さんの輝かしい活躍については、こちらの記事をぜひご覧ください。
この記事では、桑田さんが心無い周囲の人から受けた「バッシング」について、ご本人が出演された番組の情報をもとに、ご紹介します。
ただし、wikipediaの情報と食い違う点もあり、真相はわかりません。

巨人入団時の経緯の不可解さ。

早稲田ー巨人へと進むと宣言していた桑田さん

早稲田ー巨人へと進むと宣言していた桑田さん

巨人か阪神以外は行きたくないと宣言していた清原和博さん

巨人か阪神以外は行きたくないと宣言していた清原和博さん

ドラフトで分かれた2人の運命。

「早稲田大学に進学する」と宣言していた桑田さんですが、巨人がドラフトで1位に桑田さんを指名します。
結局、清原さんは意中の外である西武に指名されます。

このことが、世間では、「桑田さんは実は巨人と裏取引をしていて、表向きは早稲田に進学するから他球団からの指名をあきらめさせておいて、やすやすと巨人の単独1位指名を勝ち取ったのではないか」と非難されます。
呆然の清原さん

呆然の清原さん

マスコミに非難される桑田さん

マスコミに非難される桑田さん

44 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

100年間の全国高校野球選手権大会の激闘をまとめた『甲子園 運命の一球』が堂々発売!!

100年間の全国高校野球選手権大会の激闘をまとめた『甲子園 運命の一球』が堂々発売!!

株式会社エイ出版社は、100回の歴史的な節目を迎える全国高校野球選手権大会の激闘をまとめた『甲子園 運命の一球』を2018年6月27日(水)に発売することを決定しました。
隣人速報 | 471 view
【7対29】1985年夏の甲子園で屈辱的敗戦の東海大山形【どんな試合だったのか】

【7対29】1985年夏の甲子園で屈辱的敗戦の東海大山形【どんな試合だったのか】

1985年の第67回夏の甲子園2回戦で、桑田・清原率いるPL学園に7-29というすさまじいスコアで敗戦した、東海大山形高校。甲子園は魔物が住む、と言われますが、この試合を機に高校野球というものが変わり始めた、意義のある試合でもあります。
ジバニャンLOVE | 35,336 view
巨人・岡崎郁!1989年近鉄に3連敗後の4連勝で日本一!その立役者だった!

巨人・岡崎郁!1989年近鉄に3連敗後の4連勝で日本一!その立役者だった!

巨人(読売ジャイアンツ)のレギュラー岡崎郁(おかざきかおる)。オープンスタンスでの勝負強いバッティングから篠塚二世と呼ばれた。岡崎郁は近鉄との日本シリーズで活躍し、90年代前半まで巨人軍の勝利に貢献した名選手だった。
ひで語録 | 7,265 view
巨人で活躍した投手ガリクソン!息子の名前に「クワタ」と名付けた!

巨人で活躍した投手ガリクソン!息子の名前に「クワタ」と名付けた!

80年代後半、巨人の投手で印象深いビル・ガリクソン。巨人入り前はメジャーでも大活躍していた選手で巨人での年棒は2億円とも!桑田真澄とも親交が深く、息子のミドルネームにクワタと名付けた。二人の熱い友情エピソードも特集する!
ひで語録 | 12,411 view
【工藤公康】アイドル顔負けの人気を誇った80年代から「優勝請負人」を経て球界を代表する「鉄腕」と称された現役晩年までを追う。

【工藤公康】アイドル顔負けの人気を誇った80年代から「優勝請負人」を経て球界を代表する「鉄腕」と称された現役晩年までを追う。

「工藤公康」と聞いて、あなたはどの球団時代を思い出しますか。私はやっぱり西武時代の工藤が印象に残っています。西武黄金時代を東尾修や渡辺久信・郭泰源・松沼博久らと支えた工藤、その後の優勝請負人としてのキャリア、鉄腕とまで称された晩年まで振り返ります。
青春の握り拳 | 11,690 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト