今やスナック菓子は星の数ほどあり、おやつに困ることはありませんが、「それにつけてもおやつはカール」。この言葉に嘘はありません。
2017年11月6日 更新

今やスナック菓子は星の数ほどあり、おやつに困ることはありませんが、「それにつけてもおやつはカール」。この言葉に嘘はありません。

飽食の時代と言われて久しいのですが、カールが生まれた1968年はまだまだおやつを選べるほど豊かではありませんでした。そんな時代から現在まで我々のおやつ事情をささえてきたカールのキャラクター「カールおじさん」をまとめてみました。

841 view

明治 カール

まずこのCMを観てみてください。

'86-90 明治 カールCM集

カワイイ。ほのぼのとは正にこの事ではないでしょうか?哀愁、郷愁という言葉も脳裏をよぎります。日本がまだ日本らしかった、国際化社会となる前の日本ですね。
明治 カール

明治 カール

明治のスナック菓子「カール」が、2017年8月の生産分をもって東日本での販売を休止するというニュースに激震が走りました。

今やスナック菓子は星の数ほどあり、おやつに困ることはありませんが、「それにつけてもおやつはカール」です。気軽に食べられなくなるかと思うと残念な気持ちでいっぱいになります。

そこで、カールよ永遠なれ!の気持ちを込めて、あれこれとまとめてみることにしました。

そもそも、カールが発売されたのは1968年のことです。さすがに歴史がありますね。ポップコーンから着想を得て作られたカールは日本初のスナック菓子なんだそうです。

最初は「チーズ味」と「チキンスープ味」の2種類だったカールですが、数多くいのバリエーションが作られました。そのひとつが地域限定のご当地味ですね。
地域限定 ご当地カール

地域限定 ご当地カール

北は北海道から南は沖縄まで、実に多種多様なカールが作られています。更にグルメ志向を反映したのか高級感あるれるカールなどというものもありました。
大人の贅沢カール

大人の贅沢カール

カールおじさん

カールと言えば、やっぱりそのキャラクターである「カールおじさん」を抜きに語ることは出来ません。カールおじさんは、1974年に初めてテレビCMにカール坊やとともに登場しています。
カールおじさん

カールおじさん

帽子を取るとこんな感じ。やっぱりカワイイですね。
カールおじさん

カールおじさん

カールおじさんとカール坊や
ところが、カールおじさんの実写版はカワイクナイ!イケメンすぎです。余りにも意表を突いたこのCMにカールファンならずとも腰を抜かされました。
カールおじさん(実写版)

カールおじさん(実写版)

演じるのは武田真治。誰かと思ってしまいますよね。CM自体もカッコイイです。

カールおじさん 実写版CM

CM(メイキングあり)
武田真治のファンにはたまらないでしょうね。聞くところによるとカールファンにも好評だったとか。日本人離れした感じで確かにカッコイイのですが、しかし、カールおじさんは奇をてらわずにやってほしかったという思いがつのります。
これだったら志村けんの方が良かったかもしれないですね。

カール

志村けん 変なおじさん
38 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【緊急会議】今後、東日本在住の人がカールを食べたい時はどうするべきか?

【緊急会議】今後、東日本在住の人がカールを食べたい時はどうするべきか?

ミドル世代には懐かしの「カール」が東日本で販売中止になるというニュース、みなさん既にご存知だと思います。私もショックでした。ですが決まったことは仕方ありません。なので今後「東日本でカールを食べたくなったらどうすればいいのか」を考察し、記事にしてみました。
音楽配信サイト"AWA"でマツドデラックスがお届けする第2弾!まるでカセットテープのような「J-POP BEST  女性アーティスト編」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でマツドデラックスがお届けする第2弾!まるでカセットテープのような「J-POP BEST 女性アーティスト編」をご紹介!

音楽配信サイト「AWA」の公式プレイリスターの「マツドデラックス」こと「山本圭亮」がお送りする「まるでカセットテープのような」シリーズ!それを皆様に聴いて欲しいのでこんな企画をやっちゃったわ!どうかアクセスして聴いて頂戴ね!
♡祝40周年♡「うる星やつら」の美女キャラ集めてみました♡

♡祝40周年♡「うる星やつら」の美女キャラ集めてみました♡

うる星やつら(うるせいやつら)は、70年代から80年代にかけて週刊少年サンデーで連載されていた高橋留美子のギャグ要素満載のラブコメ漫画で、連載開始から40年経った今でも絶大な人気を誇り続けています。
おにいちゃん | 7,705 view
美人とは、こういった女性のことをいうのでしょうね。最も魔性の女が似合う女優らしい女優、岩下志麻。

美人とは、こういった女性のことをいうのでしょうね。最も魔性の女が似合う女優らしい女優、岩下志麻。

これほど魔性の女の役が似合う女優はいないのではないかと思います。可憐な娘から鬼嫁にヤクザの女房。そして息子との禁断の愛に溺れる母親役まで。美人だからこそできる、いえ、美人でないと出来ない魔性の女役。岩下志麻はさすがです。
obladioblada | 1,872 view
清純、可憐にしてヌードも辞さない栗原小巻。改めて見てみると、やっぱり美人ですなぁ。

清純、可憐にしてヌードも辞さない栗原小巻。改めて見てみると、やっぱり美人ですなぁ。

文句なしに美人ですよね。栗原小巻。吉永小百合が主演を辞退した映画「忍ぶ川」では、ヌードになり濡れ場を演じて大きな評価を得ました。可憐ではかなげな容姿はコマキストにはたまらんところです。
obladioblada | 12,855 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト