バンドの世界観を確立し、多くのロックファンに影響を与えたバンド『ナンバーガール』
2017年1月25日 更新

バンドの世界観を確立し、多くのロックファンに影響を与えたバンド『ナンバーガール』

このバンドを1度聴いたら好きにならずにいられない!!解散してしまったが、インディーズ界でも影響をもたらした伝説のバンドです。

14,741 view

ナンバーガール

90年代の邦楽ロック界。
イカテンでのバンドブームの余韻が残る中、多くのバンドは日向から日陰へ消え、ブランキージェットシティなど一部のバンドだけが生き残っていた。
ブルーハーツは諸般の事情(もごもご)により↑THE HIGH LOWS↓になってたし、ミッシェルガンエレファントのライブチケットは毎回ソールドアウト。ギターウルフは革ジャンを着て汗だくでビールを浴びるように飲み、おマンチェ好きはスーパーカーの「スリーアウトチェンジ」に見事打ち取られた。
そんな時代。
バンド 『ナンバーガール』

バンド 『ナンバーガール』

日本のオルタナティヴ・ロックバンド。1995年8月に福岡で結成され、2002年11月30日に解散。

結成当初から地元福岡でチェルシーQなどのイベントを中心に精力的に活動しつつ、1996年『Atari Shock』や1997年『omoide in my head』など、自主制作カセットテープを作成及び販売する。

1997年11月、羽生和仁主宰の福岡のレーベル、automatic kissから1stアルバム『SCHOOL GIRL BYE BYE』をリリース。SUPERCARやくるりなどと共に「'97の世代」と呼ばれた。
ナンバーガールとは、
もともと向井が宅録時代に名乗っていたユニット名が「ナンバーファイブ」(ビートルズの編集盤から命名)であり、その後バンドを一緒に組もうとした人達が以前やっていたバンド名が「カウガール」(ニール・ヤングの曲「Cowgirl In The Sand」から命名)であった為、これを合体させたものである
無愛想にしてユーモア満載の詞世界。豪快でありながらナイーヴに張りつめた、向井秀徳、田渕ひさ子、中尾憲太郎、アヒト・イナザワのアンサンブル。錯乱の彼方から世界とロックを射抜く鋭利な攻撃性……それまでのギターロックとはあからさまに異質な音と歌を響かせ、時代性やスター性には一瞥もくれることなく、あまりにも鮮烈に時代を突き刺していったナンバーガール。

メンバー

1995年、バンドを結成するまで宅録を行っていた向井秀徳がバンドを組もうと決意し、当時ライブハウスで照明のアルバイトをしていた中尾憲太郎を誘う。その中尾がライブを観て是非組もうと思っていたのが田渕ひさ子であり、そのまま田渕も呼ばれることになる。その後、昔からアヒト・イナザワのドラムスタイルに惚れ込んでいた向井が、アヒトが参加していたバンドを脱退したことを聞き彼をさそい、メンバーが揃う。
向井秀徳     ボーカル、ギター担当。

向井秀徳 ボーカル、ギター担当。

2002年にバンドは解散する。
その後、向井は「ZAZEN BOYS」として更に深化をしている。
変速リズム、サンプリング、実験性。
掻き鳴らされていた初期衝動は、ロックンロールと言う形骸化したジャンルを越えて、インプロバイゼーションを含む変態ロック音楽として昇華しつつある。
つんのめるような変速さ、異様に長い溜め(30秒近く全員が身構えたまま固まったり)、急なアドリブアレンジ。
向井ほどに「言葉」と言うものを操れるミュージシャンはかなり稀有だと思う。
ナンバーガールは、向井のメガネであり、ポロシャツ。
メガネは、不良に反する。
不良でもなんでもない部活動の延長線上にも一見見えるカジュアルな格好。上っ面の「不良ロック」なテンプレートを踏襲しない。
ロック=モテる、ではなくイメージ上の「普通の青春」のカリカチュアライズ。
向井は初期衝動を歌う。
その声が音と一体化する事で歌詞が掻き消え、典型的な
「ボーカル+バンド」
という構成ではなく
「バンド(ボーカル)」
バンドはボーカルの背後で鳴るのではなく、楽器と同列にボーカルが存在し、ギターがコードを押さえられ鳴らされるのと同じように、向井の歌は歌詞をただの音階として鳴り響く。
「繰り返される諸行無常、蘇る性的衝動」
なんども使われる歌詞は既に本来の意味を無くし、人力サンプリングと同じく繰り返される事で記号化する。
記号化した意味の分からない歌詞。
それは声と歌を単なる音にするための手段として機能している
田渕ひさ子     ギター担当

田渕ひさ子 ギター担当

中尾憲太郎     ベース担当

中尾憲太郎 ベース担当

アヒト・イナザワ     ドラムス担当

アヒト・イナザワ ドラムス担当

作品

シングル作品
1st 1998年8月20日 DRUNKEN HEARTED
2nd 1999年5月26日 透明少女
3rd 1999年9月22日 DESTRUCTION BABY
4th 2000年5月31日 URBAN GUITAR SAYONARA
5th 2000年11月29日 鉄風 鋭くなって
6th 2002年3月20日 NUM-AMI-DABUTZ
7th 2002年4月8日 I don't know
アルバム作品
1st	1997年11月6日 SCHOOL GIRL ...

1st 1997年11月6日 SCHOOL GIRL BYE BYE

2nd	1999年7月23日 SCHOOL GIRL ...

2nd 1999年7月23日 SCHOOL GIRL DISTORTIONAL ADDICT

2011年10月26日(再発)
2014年6月18日(15th Anniversary Edition)
53 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

あの「イカ天」がついに30周年!記念スペシャルライブ「にしあらイカ天」が10月8日に開催!

あの「イカ天」がついに30周年!記念スペシャルライブ「にしあらイカ天」が10月8日に開催!

80年代後半から90年代前半にかけて若者の間で爆発的にヒットした「三宅裕司のいかすバンド天国」。1989年の放送開始から来年で30周年となるのを記念し、西新井ギャラクシティ・西新井文化ホールにて、スペシャルライブ「にしあらイカ天」の開催が決定しました。
隣人速報 | 3,582 view
劇場上映が決定したバービーボーイズ「1988年の東京ドーム公演」!リマスターでここまで綺麗に生まれ変わります!

劇場上映が決定したバービーボーイズ「1988年の東京ドーム公演」!リマスターでここまで綺麗に生まれ変わります!

伝説のバンド「BARBEE BOYS(バービーボーイズ)」が1988年8月22日に東京ドームで行ったライブの映像が、最新のHDリマスタリングを施し、初めて劇場公開されることが決定したというニュースを先日お伝えしました。このたび、その映像処理で新たに生まれ変わった楽曲が公開され、話題となっています。
隣人速報 | 4,228 view
「カルメン・マキ&OZ」が41年ぶりに再結成!クラブチッタのイベントには高中正義、久保田利伸らも集結!!

「カルメン・マキ&OZ」が41年ぶりに再結成!クラブチッタのイベントには高中正義、久保田利伸らも集結!!

「時には母のない子のように」の大ヒットで著名なカルメン・マキを中心に結成され、70年代のロックシーンに大きな影響を与えた伝説のバンド「カルメン・マキ&OZ」が、実に41年ぶりの再結成をすることが明らかとなりました。
隣人速報 | 554 view
BOØWYが解散宣言をした「渋谷公会堂公演」が【完全版】になって蘇る!その内容とは?

BOØWYが解散宣言をした「渋谷公会堂公演」が【完全版】になって蘇る!その内容とは?

伝説のロックバンド「BOØWY」のデビューから今年で35周年。それを記念し、解散宣言を行った87年12月24日の東京・渋谷公会堂公演の「完全版」が発売されます。果たしてどんな内容なのか?全BOØWY世代必見!
隣人速報 | 3,824 view
『ZIGZO(ジグゾ)』L'Arc〜en〜Cielなど有名ヴィジュアル系の元メンバーが集結したロックバンドだった!!

『ZIGZO(ジグゾ)』L'Arc〜en〜Cielなど有名ヴィジュアル系の元メンバーが集結したロックバンドだった!!

バンド『ZIGZO(ジグゾ)』は、1999年に結成されたロックバンドです。有名ヴィジュアル系バンドの元メンバーが結成し、バンド名を明かさず開催したシークレット・ライブでは、チケットが瞬く間に完売するという伝説のバンドです。
星ゾラ | 6,439 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト