「キングコング2 怒りのメガトンパンチ」が面白い! 私もハマった!攻略法も紹介!!」
2017年1月24日 更新

「キングコング2 怒りのメガトンパンチ」が面白い! 私もハマった!攻略法も紹介!!」

「キングコング2 怒りのメガトンパンチ」は1986年12月18日にコナミから発売されたファミコン向けのゲームソフトです。タイトルに「キングコング2」とありますが、これはアメリカで制作された映画「キングコング2」を題材にしているゲームと言うことで、ゲームソフトとして「キングコング1」というゲームはありません。このゲーム私が小さい頃プレイしましたけど、面白かった記憶があります。ということで、その面白さを伝えるべくご紹介していきたいと思います。

19,238 view

映画「キングコング2」とは?

映画「キングコング2」

映画「キングコング2」

『キングコング2』(キングコングツー)は、1986年のアメリカ映画で、映画『キングコング』の1976年版の続編である。原題は"King Kong Lives"だが、日本およびスペイン、イタリアでは『キングコング2』のタイトルで公開された。
キングコングはワールドトレードセンターから転落しジョージア州アトランティック大学研究所にて10年間昏睡状態となっていた。エイミー博士率いるスタッフは人工心臓を作り心臓移植を計画するが、そのためには大量の輸血が必要だった。ボルネオ島に住むミッチェルという男からジャングルで捕らえた雌のコング、レディコングを売ってもらうことにより輸血が可能となり心臓移植は成功するが、レディコングの悲鳴を聞いたキングコングは暴れ出し、レディコングとともに山へと姿を消す。

キングコング2とはどんなゲーム?

プレイ画面

プレイ画面です

プレイ画面です

ゲームの目的は研究のために研究所に連れ去られたキングコングが、同じくさらわれたレディコングを救出するために研究所を抜け出して、敵と戦いを繰り広げるという内容です。
全部で9ステージ、エンディングはありますが、その後もループして続いていきます。
アメリカで制作された映画を題材としたアクションゲームです。コナミより発売されています。
1画面ごとに移動する画面切り替えスクロール方式が採用されています。
縦型アクションゲームで、ライフ制及び、残機数もあります。ライフがゼロになるか、穴に落ちるとみすになり、キングコングの残り数が減ります。残り数が0になるとゲームオーバーです。
面白い表現方法を見つけました。
それはこのゲームは”コナミのゼルダの伝説”だというものです。確かに、言われてみればそうかもしれません。スクロールの仕方も初期のゼルダの伝説に似ているかもしれませんね。

ゲームシステム及び操作方法は?

プレイ画面2

プレイ画面2

プレイヤーは主人公・キングコングを操作します。
十字キーで上下左右に移動し、攻撃方法はパンチ、踏みつけ、岩投げの3種類になっています。
セレクトボタンでパンチと岩投げを切り替えます。パンチはいつでも出せますが、岩投げは岩がないと投げられません。また、特定の障害物を壊すとアイテムが出現したり、重要なアイテムや他のワールドにワープする扉が存在する部屋に入ることもできます。隠し要素ですね。それを探すのもこのゲームの楽しみだと思います。

どんなアイテムがあるの?

アイテム一覧です。

アイテム一覧です。

ハート キングコングの体力(ライフ)を5回復させることが出来る とっても重要です。
ロック  岩ですね。一つ拾うと岩を5個補充できます。こちらも重要
スピード 黒いボトルのようなアイテムで、コングの移動速度が1段階上昇して、しかもジャンプの飛距離も伸びます。
パワーロック キングコングの投げる岩の攻撃力が1段階じょうしょうします。
人工心臓 各ワールドに一つづつあります。このアイテムを取るとコングのライフの最大値が100増える。同時にライフも最大限まで回復します。
ロックケース キングコングがモテる岩の数が10増える。(最大99まで)
スターロック 星形のアイテム。12秒間無敵状態。ただし水によるライフの減少は防げないのと、アナに落ちてもダメです。
モアイ 1UPアイテム。モアイって言うのがコナミらしいですよね。他にこのゲームはスコアによっても1UPします。
ハイパーポンプ 青い※形のアイテムで、取るとその場にいる敵が全滅します。
コナミマーク 取ると画面下からコナミマンが飛んできます。
コナミマン そしてそのコナミマンに触れると完全回復します。
鍵 ワールド1~8のボスを倒すと出現します。すべて集めると最終ボスの部屋の扉を破壊できるようになります。

扉が重要!!

1面のボスの扉です。

1面のボスの扉です。

普通のゲームですと各ステージ(ワールド)のボスを倒すと次のステージに行きますよね。
でもこのゲームは違います。扉が重要なんです。
扉を見つけてボスの部屋に行く。扉を見つけて違うステージ(ワールド)へ行く。
扉を見つけてアイテムをゲットする。ということです。
なので、順番を間違えるといきなりボス戦とかになってしまうわけです。
一番いいのは、きちんと順番を踏まえて、アイテムをゲットして徐々にパワーアップしていき、次のステージへ行くというのが一番、良いと思います。

ボスの紹介!!

50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【クイズ】ファミコン大好きだった80年代、お世話になったあのソフトやゲーム機にまつわるクイズに挑戦!

【クイズ】ファミコン大好きだった80年代、お世話になったあのソフトやゲーム機にまつわるクイズに挑戦!

1980年代のゲームといえばみんな大好き?ファミコン!というわけで「もちろん知ってるよ!」なことから「ちょっと難しいかも!?」なことまで10問、クイズ形式にしてみました。ぜひぜひ、お気軽に遊んでみて下さいね。
【1986年のテレビゲーム】コンピュータゲームが大きく発展した1980年代を、ファミコンを中心に1年ごとに丁寧に振り返る。

【1986年のテレビゲーム】コンピュータゲームが大きく発展した1980年代を、ファミコンを中心に1年ごとに丁寧に振り返る。

【1986年のテレビゲーム】1980年代に幼少期から青春時代を生きた私たちは、家庭用ゲーム期黄金世代と呼ばれる世代です。1983年のファミコン登場以降、家庭用ゲーム機が遊びの主流へと駆け上がる中で、私たちは「外遊び」「家遊び」「勉強」を巧みに使い分けながら、ファミコンを中心とした家庭用ゲーム機の進化を肌で味わってきたといえるでしょう。そんな1980年代を1年ごとに振り返る、今回は1986年について振り返ってみます。
青春の握り拳 | 36,008 view
ファミコン「グーニーズ」の隠れキャラ、全て出現できましたか!?

ファミコン「グーニーズ」の隠れキャラ、全て出現できましたか!?

1986年発売のファミコンゲーム「グーニーズ」。とても面白いゲームでした。このゲームには普通にクリアするだけでは見られない「隠れキャラ」が多数出現するのです。今回は、その隠れキャラに目を当てて、紹介していきたいと思います。
よっちゃん | 14,423 view
ファミコン『サーカスチャーリー』様々なサーカスステージのミニゲーム!コナミから発売されたアーケードゲームの移植作品だった!!

ファミコン『サーカスチャーリー』様々なサーカスステージのミニゲーム!コナミから発売されたアーケードゲームの移植作品だった!!

ファミコンソフト『サーカスチャーリー』は、1984年にコナミから発売されたアーケードゲームを1986年3月4日にソフトプロが移植作品として発表した作品です。サーカスを舞台とした右スクロールアクションゲームで操作が簡単でした。
星ゾラ | 2,794 view
戦う乙女誕生!硬派ロールプレイングゲーム「ワルキューレの冒険」

戦う乙女誕生!硬派ロールプレイングゲーム「ワルキューレの冒険」

「攻略本がなくてもどうにかなる」そんな理屈が吹っ飛ぶ超硬派RPGがありました。 その難易度の高さは、パッケージの美少女にまんまと騙された子供たちを絶望に陥れました。 しかしその媚びないスタンスと硬派なゲーム内容で今も愛されているゲームのひとつです。 そんな「ワルキューレ」とはどんなゲームだったのでしょう。
あずき | 20,129 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト