映画「タクシードライバー」 アメリカン・ニューシネマの傑作であり、大統領暗殺未遂事件の遠因にもなった狂気の映画でもありました。
2017年1月31日 更新

映画「タクシードライバー」 アメリカン・ニューシネマの傑作であり、大統領暗殺未遂事件の遠因にもなった狂気の映画でもありました。

映画「タクシードライバー」。ロバート・デ・ニーロ主演で1976年の作品。本作はアメリカン・ニューシネマの最後の傑作とされています。また、その後の大統領暗殺未遂事件にも影響した映画でもありました。

4,270 view
アメリカン・ニューシネマ最後の傑作として名高い「タクシードライバー」。
孤独な男のあまりにもバイオレンスで哀しい社会への復讐劇。

他者とのコミュニケーションの取り方が下手な男。
世の中への独りよがりな不満を、ついに爆発させてしまうその哀れな末路を、マーティン・スコセッシらしい生々しい映像で見事に捉えた作品でした。
 (1575669)

1976年公開
「タクシードライバー」
ニューヨークの夜を走るひとりのタクシードライバーを主人公に、現代都市に潜む狂気と混乱を描き出した傑作。

あらすじ

 (1575701)

主人公・タクシードライバー
トラヴィス・ビックル(ロバート・デ・ニーロ)
大都会ニューヨークを流すタクシー。元海兵隊員のトラヴィスはベトナム戦争に従軍して退役した後、職業あっせん所に行き、仕事を探していた。

 そこで見つけたのはタクシー運転手の職だった。

 家族もいないトラヴィスは、今は将来の当てもなく、ただ毎日タクシー運転手としてその日暮らしで働いていた。

一方、彼の中では、次第に社会への怒りやいら立ちが募ってきていた。孤独や空虚、そして自分自身を理解してくれる者が誰もいないことを悟った彼は、ある決心をする。
 
 自分自身と言う存在を世間に知らしめるべきなのだ…。
 (1575752)

トラヴィスが一目ぼれしたベッツィー(シビル・シェパード)は女性事務員(次期大統領候補のパラダインの選挙事務所)。
せっかくデートに誘うも、相手の事を考えずにポルノ映画を観に行き、嫌われる。
ふとしたきっかけで銃を手に入れた彼は、身体を鍛え、大統領候補の暗殺を考えるのだが・・・。
 (1575725)

拳銃を入手し、銃の扱いを上達させつつ、身体も鍛錬していく。
ある夜、トラビスは食料品店を襲った黒人の強盗を射殺した。この頃から、彼はタクシー仲間から『キラー』と呼ばれるようになった。
 (1575852)

売春をしている10代の少女と知り合う。それが売春婦アイリス(ジョディ・フォスター)。
そしてアイリスと再会し、足を洗うように説得するトラヴィスは彼女をどうにか説き伏せるも、アイリスを金蔓にするスポーツは足を洗うと言った彼女を再びたらし込んで引き留める。

そんな中、満を持してトラヴィスは大統領候補パランタインの大集会に向かう。サングラスにモヒカン頭で現れた彼は、拳銃を抜こうとしてシークレット・サービスに発見されるも人ごみに紛れて逃走する。
 (1575737)

サングラス、モヒカン姿
その夜トラヴィスは、アイリスのヒモ、スポーツ(アイリスのヒモ)のアパートを訪ねた。トラヴィスは正義の名の下にスポーツや用心棒、アイリスの客を立て続けに射殺。銃弾を受けて重傷を負うも、一人の少女を売春から救った彼は新聞から英雄扱いされる。

心変わりしたベッツィーからも好意を寄せられるが、彼は何事もなかったかのように夜の街をタクシーで一人彷徨い続けるのであった。
 (1575738)

惨殺劇の過程で重傷を負う。

アメリカン・ニューシネマ最後の傑作 「タクシードライバー」

「タクシードライバー」は1976年の製作で、主演は若き日のロバート・デ・ニーロ。カンヌ映画祭でパルムドールを受賞している。
ニューヨークのタクシードライバーが主人公。アメリカン・ニュー・シネマの代表作かつ、最後の作品と言われている。
 (1575713)

DVD版
出典 ameblo.jp

アメリカン・ニューシネマとは

アメリカン・ニューシネマとは1960年代後半までのハリウッド大作主義(ハッピーエンドが中心、予算膨大、大スターを揃えたキャスト)に対して起こったアメリカ映画の新しい風のことを主に指すそうです
35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

実際の銀行強盗事件を題材に、アル・パチーノが主演した映画『狼たちの午後』

実際の銀行強盗事件を題材に、アル・パチーノが主演した映画『狼たちの午後』

1975年製作のアメリカ映画で、日本では翌1976年に公開された映画『狼たちの午後』。監督はシドニー・ルメット。映画中で実在の銀行強盗犯を演じたアル・パチーノの演技が高く評価されている。実際の銀行強盗事件が題材となっている。
ひで語録 | 1,298 view
本当の殺人シーンが写っているとされた映画。一度はお蔵入りにもなった殺人フィルム映画「SNUFF(スナッフ)」。初のR指定(外国映画として)となりました。

本当の殺人シーンが写っているとされた映画。一度はお蔵入りにもなった殺人フィルム映画「SNUFF(スナッフ)」。初のR指定(外国映画として)となりました。

映画「SNUFF(スナッフ)」は、本当の殺人シーンが入っていると噂になった怪作です。一度はお蔵入りになるも、再編集と綿密なマーケティングを用いて、ヒット作となった映画です。1976年の日本でも話題となりました。
ひで語録 | 64,991 view
映画「グリズリー」を知っていますか?国立公園に大熊が出現し、公園を恐怖のどん底に包む映画です!

映画「グリズリー」を知っていますか?国立公園に大熊が出現し、公園を恐怖のどん底に包む映画です!

1976年に公開「グリズリー」。公園に大熊が出現するというパニック・ホラー。映画「ジョーズ」の影響も存分に受けているエピゴーネン(模倣)作品。その内容を見てみましょう。
ひで語録 | 10,112 view
アーメン!じゃなくて「オーメン」が懐かしい!

アーメン!じゃなくて「オーメン」が懐かしい!

「オーメン」って観てないけど、なんだか不気味な映画でしょ?はい、そうです!内容をまとめてみましたので、ぜひ一読下さい。
ひで語録 | 2,443 view
「ボヘミアン・ラプソディ」に続け!ホイットニー、プリンス、エルトン・ジョンなど様々な大物歌手の映画が製作中!!

「ボヘミアン・ラプソディ」に続け!ホイットニー、プリンス、エルトン・ジョンなど様々な大物歌手の映画が製作中!!

映画「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒットにより、再び注目を集めているロックバンド「クイーン」及び「フレディ・マーキュリー」。連日各メディアで報道されていますよね。そんな中、他の洋楽アーティストを題材にした映画が「クイーンに続け」とばかりに、多数企画されているのをご存知でしょうか?
隣人速報 | 1,385 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト