映画「グリズリー」を知っていますか?国立公園に大熊が出現し、公園を恐怖のどん底に包む映画です!
2017年1月31日 更新

映画「グリズリー」を知っていますか?国立公園に大熊が出現し、公園を恐怖のどん底に包む映画です!

1976年に公開「グリズリー」。公園に大熊が出現するというパニック・ホラー。映画「ジョーズ」の影響も存分に受けているエピゴーネン(模倣)作品。その内容を見てみましょう。

9,110 view

概要

「グリズリー」

「グリズリー」

『グリズリー』(原題:Grizzly)は、『ジョーズ』の大ヒットを受けて製作された1976年のアメリカ映画。国立公園に出現した巨大なハイイログマの恐怖を描く。
監督のウィリアム・ガードラーは、さらに『エクソシスト』に影響された『マニトウ』を作り、大ヒット作品のエピゴーネン作品を二つも作った人物として記憶されている。
グリズリー

グリズリー

「グリズリー」のあらすじ

その国立公園で最初の犠牲者が出た。ひとたび人間の肉を味わったグリズリーは次々と犠牲者をつくりあげていった。
パーク・レンジャーのケリーは動物関係のエキスパート、スコットを招き巨大な殺し屋の追跡作戦を展開する。同時に公園責任者キットリッジに公園の閉鎖を要求した。
しかしキットリッジはテレビや新聞などのマスコミに取材を呼びかけ、宣伝する絶好のチャンスだと思うのだった。

Grizzly - YouTube

作品データ

監督 ウィリアム・ガードラー
脚本 ハーヴェイ・フラックスマン、デヴィッド・シェルドン
俳優 クリストファー・ジョージ、アンドリュー・プライン等
公開 1976年(昭和51年)
配給 コロムビア映画
時間 91分
全長6メートルとされているグリズリーに驚く女性(その後...

全長6メートルとされているグリズリーに驚く女性(その後、数秒で死亡)

エピゴーネン作品とは?

学問、思想、芸術などで、まねをするばかりで独創性のない人。模倣者。
元々の意味は「後に生まれた者」、「後継」の意味である。

エピゴーネン作品は、意外にも人気がある!?

グリズリー(灰色熊)とは、北米に生息する地上最大級の肉食獣。『ジョーズ』が大ブームとなった70年代後半、数多く粗製乱造されたアニマル・パニック・ムービーの中でも、本作は、本家本元に迫る良作だ。
グリズリー

グリズリー

カナダの森林公園に出現した巨大灰色熊と山岳レンジャーの戦い。「JAWS/ジョーズ」のプロットをそのまま山に置き換えただけの即席亜流動物パニック映画だが、楽しめる。

その他のエピゴーネン作品

映画「ドッグ」

映画「ドッグ」

日本公開 昭和52年。 アメリカ映画。
アメリカのある小さな学園都市で、ペットの犬達が突如人間を襲いだす。
人々は犬の群れから命からがら逃れ、大学校舎に篭城するが、結局ガラスを破られ侵入を許し、阿鼻叫喚の地獄絵図となるお話。
「テンタクルズ」

「テンタクルズ」

30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

本当の殺人シーンが写っているとされた映画。一度はお蔵入りにもなった殺人フィルム映画「SNUFF(スナッフ)」。初のR指定(外国映画として)となりました。

本当の殺人シーンが写っているとされた映画。一度はお蔵入りにもなった殺人フィルム映画「SNUFF(スナッフ)」。初のR指定(外国映画として)となりました。

映画「SNUFF(スナッフ)」は、本当の殺人シーンが入っていると噂になった怪作です。一度はお蔵入りになるも、再編集と綿密なマーケティングを用いて、ヒット作となった映画です。1976年の日本でも話題となりました。
ひで語録 | 62,510 view
アーメン!じゃなくて「オーメン」が懐かしい!

アーメン!じゃなくて「オーメン」が懐かしい!

「オーメン」って観てないけど、なんだか不気味な映画でしょ?はい、そうです!内容をまとめてみましたので、ぜひ一読下さい。
ひで語録 | 2,227 view
映画『ファンタズム』殺人球が人を襲う!幻想的な死後の世界が衝撃的だった!!

映画『ファンタズム』殺人球が人を襲う!幻想的な死後の世界が衝撃的だった!!

映画『ファンタズム』は、1979年に制作されたアメリカ映画で、アヴォリアッツ国際ファンタスティック映画祭審査員特別賞受賞作を受賞した作品。怪異なヴィジュアルに満ちた独特の映像と少年期特有の心情描写が相まったホラーファンタジーです。
星ゾラ | 10,722 view
実際の銀行強盗事件を題材に、アル・パチーノが主演した映画『狼たちの午後』

実際の銀行強盗事件を題材に、アル・パチーノが主演した映画『狼たちの午後』

1975年製作のアメリカ映画で、日本では翌1976年に公開された映画『狼たちの午後』。監督はシドニー・ルメット。映画中で実在の銀行強盗犯を演じたアル・パチーノの演技が高く評価されている。実際の銀行強盗事件が題材となっている。
ひで語録 | 1,103 view
映画『ヤング・フランケンシュタイン』アブノーマルな脳みその怪物が蘇る愉快なホラー映画だった!!

映画『ヤング・フランケンシュタイン』アブノーマルな脳みその怪物が蘇る愉快なホラー映画だった!!

『ヤング・フランケンシュタイン』は、1974年にアメリカで制作され、1975年10月31日に日本で公開されたホラーコメディ映画。元祖「フランケンシュタイン」をパロディ化したとても面白い作品です。また、「フランケンシュタイン」へのオマージュである不気味なモノクロ映像となっている。
星ゾラ | 3,474 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト