『ねらわれた学園』峰岸徹の特殊メイクがすごすぎる
2017年1月27日 更新

『ねらわれた学園』峰岸徹の特殊メイクがすごすぎる

眉村卓同名小説が原作。薬師丸ひろ子をスターダムに押し上げた作品ともいえる。しかし、すべてが中途半端な作品のように思われる。映画の長さからすると仕方がないのだろう。当時の特殊効果はこんなものだったのだろうか、昭和40年代のウルトラマンをみるような質である。

10,962 view

ねらわれた学園

『ねらわれた学園』(ねらわれたがくえん)は、眉村卓のジュブナイルSF小説。1973年刊。また、それを原作とする映画
1981年に大林宣彦監督・薬師丸ひろ子主演、高柳良一(関耕児 役)、長谷川真砂美(高見沢みちる 役)、峰岸徹(魔王子・京極 役)による映画がヒットする。角川映画のアイドル路線および、大林宣彦の“大林ワールド”と呼ばれる独自の映像スタイルを確立させた作品。薬師丸ひろ子も本作でアイドルとしての地位を確立させた。「キャンペーンの最中に行く先々でファンが増えてくる、アイドルが誕生する過程を体験した」と大林は話している。このため『ねらわれた学園』は「アイドル映画」時代の開幕を告げる作品と評される。『日経エンタテインメント!』2015年3月号の特集「アイドル&女優が輝く映画」では、その系譜の始まりに本映画が据えられた。また本作はSFのジャンルに入れられるが、アイドルが恐怖に巻き込まれるスリリングな展開と独特の陰のある映像は、その後の「アイドル・ホラー」に大きな影響を与えたとも評され、その嚆矢とも評される。
2012年に「角川ブルーレイ・コレクション」の一作品としてブルーレイディスク化された。

ねらわれた学園 - YouTube

「何もかもいつもの通りだ!でも、誰かがこの学園を狙っている...どうして...何故?」新宿副都心の高校。クラス一の優等生・三田村由香は自分に予知能力や物を動かす能力があると気づく。剣道部主将・耕児が大会で勝ったのも彼女のおかげだった。北海道から転校して来た美少女・高見沢みちるはその魔性の魅力で生徒達を思うままに操...
出典 youtu.be

スタッフ

製作:角川春樹、逸見稔
原作:眉村卓
脚本:葉村彰子
音楽:松任谷正隆
主題歌:松任谷由実「守ってあげたい」
撮影監督:阪本善尚
美術:薩谷和夫
録音:宮内一男
音響デザイン:林昌平
照明:渡辺昭夫
編集:P・S・Cエディティングルーム
助監督:山下稔
ピクトリアルデザイン:白組(島村達雄、坂間雅子)
作画合成:チャンネル16(山田明方、山田孝)
技斗:斎藤一之
カースタント:タカハシレーシング
録音スタジオ:アバコクリエイティブスタジオ
現像:IMAGICA
プロデューサー:稲葉清治
監督:大林宣彦

キャスト

三田村由香(薬師丸ひろ子)

三田村由香(薬師丸ひろ子)

優等生の高校2年生。自分が持っている不思議な力をめぐって、いろいろな事件が起こる。
関耕児(高柳良一)

関耕児(高柳良一)

由香の幼馴染の同級生。剣道部に並々ならぬ情熱を傾けている
高見沢みちる(長谷川真砂美)

高見沢みちる(長谷川真砂美)

由香のクラスに転校してきたなぞの少女。生徒会会長に絶対的多数で就任し、規律を守らない生徒をパトロール隊を組織して牽制しようとする。
星の魔王子(峰岸徹)

星の魔王子(峰岸徹)

自らを宇宙だと豪語する、地球外生命体。地球の状況を憂い、学園の支配から、地球の支配を目論む。

ストーリー

 (1689500)

三田村由香は優等生の高校2年生。学校の帰る三輪車に乗った男の子がトラックに轢かれそうになったとき、戻ってと心に念じたところ本当に元の場所にもどった。
剣道の試合も由香が関に勝つように念じるとみるみるうちに勝ち上って城南学院を下してしまった。その体育館のなかに髪の白い怪しげな男がいた。
その男は、由香をつけ車に乗れと誘った。不思議な力で断ることが出来ない由香はその男の車にのってしまった。男は、由香を自分たちの仲間だといい、仲間に入ればこの世界を超能力によって支配できるという。
 (1689508)

高見沢みちるという少女が由香のクラスに転校してきた。自分は生徒会役員に立候補するので学級委員にはならないという。そして、あっという間に生徒会会長に決まってしまった。
由香は、みちるの不思議な力を感じずにはいられなかった。
みちるは、校内パトロールを編成した風紀を乱した生徒を取り締まるという。由香は不安でたまらなかった。
取り締まりにあった生徒は、みちるによって英光塾につれていかれた。
 (1689522)

みちるたちのパトロールに反対な山形先生は、みちるによって交通事故に会う。
その他、みちるに目をつけれられた生徒や先生も事故に巻き込まれていく
由香は、みちるたちと戦おうと決心した。そして、由香にもみちるの手が下されて由香はけがをしてしまう。
 (1689526)

 (1689529)

一足はやく英光塾についていた関は、髪の白い星の魔王子に苦戦していた。
由香と星の魔王子との戦いが始まり、由香が勝利した。地球の平和は守られたのだ。
35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

日劇閉館イベントで「スニーカーぶる~す」が上映。近藤真彦が公開の81年当時を振り返り舞台挨拶でコメント

日劇閉館イベントで「スニーカーぶる~す」が上映。近藤真彦が公開の81年当時を振り返り舞台挨拶でコメント

2月4日に閉館するTOHOシネマズ日劇で「青春グラフィティ スニーカーぶる~す」(1981年)が上映され、たのきんトリオの一人として出演していた近藤真彦が舞台挨拶に登壇。1981年の公開当時の想い出を語った。
ようこそKADOKAWAの世界へ 「セーラー服と機関銃」を特集です!

ようこそKADOKAWAの世界へ 「セーラー服と機関銃」を特集です!

相反するキーワードで綴るタイトル「セーラー服と機関銃」!
ひで語録 | 1,723 view
角川映画祭で三田佳子が舞台挨拶!薬師丸ひろ子主演「Wの悲劇」の撮影当時を振り返った!

角川映画祭で三田佳子が舞台挨拶!薬師丸ひろ子主演「Wの悲劇」の撮影当時を振り返った!

女優の三田佳子が31日、角川映画祭を開催中の角川シネマ新宿で、1984年の出演映画「Wの悲劇」の上映後に澤井信一郎監督と共に舞台挨拶を行った。三田は主演の薬師丸ひろ子についても、ブロマイドを渡されたエピソードを披露し、好意的なコメントをした。
映画『探偵物語』みんな、ひろ子のカムバックを待っていた

映画『探偵物語』みんな、ひろ子のカムバックを待っていた

大学受験の為、1年間休業していた薬師丸ひろ子の復帰作として話題を呼んだ『探偵物語』。当時、絶大な人気を誇っていた彼女の復帰はファンならずとも、みんな待っていた。大学生になってちょっぴり大人になった薬師丸ひろ子に演技派俳優松田優作とのコンビは話題を呼んだ。
くれない | 8,585 view
映画「Wの悲劇」は、薬師丸ひろ子の演技力も認められた1985年の大ヒット作です!

映画「Wの悲劇」は、薬師丸ひろ子の演技力も認められた1985年の大ヒット作です!

映画「Wの悲劇」は、薬師丸ひろ子主演の東映映画。優秀主演女優賞等にも輝き、薬師丸ひろ子が女優としての地位を確立した作品です。また、興行的にもヒットを収め、未だにリメイク作が製作される大人気作品です
ひで語録 | 8,757 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト