2Dアクションの常識を破った「ヨッシーアイランド」を振り返る
2017年9月10日 更新

2Dアクションの常識を破った「ヨッシーアイランド」を振り返る

スーパーマリオワールドのサブキャラクター「ヨッシー」を主人公にした、スーパーファミコン用の大ヒット作品である『ヨッシーアイランド』。タマゴ投げやヒップアタックなどのアクションを、特徴的なグラフィックと共に振り返ります。

2,740 view

任天堂で6番目に売れた『ヨッシーアイランド』

『ヨッシーアイランド』は、1995年8月5日に任天堂より発売されたスーパーファミコン用ゲームソフト。同社のスーファミ用ソフトにおいては、6番目の記録となる177万本を売り上げた大ヒット作です。ちなみに1位はマリオカートの382万本、2位はマリオワールドの355万本なのだとか。

本作は、マリオワールドのサブキャラクター「ヨッシー」を主人公に据えており、赤ちゃんマリオとヨッシーの出会いから始まるアクションゲームです。ヨッシーお馴染みのタマゴ産みはもちろん、産んだタマゴを投げたり、ヒップドロップをしたり、踏ん張りジャンプをしたりと、キャラの特性を活かしたアクションが採用されています。
ヨッシーアイランドのオープニング

ヨッシーアイランドのオープニング

クレヨンで手書きしたようなグラフィックを採用

1994年に任天堂より発売された『スーパードンキーコング』は、当時最新の3DCGによるリアルな世界観を体現してみせ、ゲームユーザーの度肝を抜きました。対して翌年発表された『ヨッシーアイランド』に、ドンキーのようなリアルさはありません。しかし、クレヨン・クレパスライクなタッチで描かれた独特なグラフィックには、絵本のような温かみ・味わい深さがあったものです。
ヨッシーとベビーマリオ

ヨッシーとベビーマリオ

『ヨッシー New アイランド(3DS)』オフィシャルサイトより
このグラフィックを表現するために用いられたのが、「スーパーFXチップ」。これによって、立体感のあるやわらかい動きが可能になったとわれており、従来のスーファミソフトとはまた一味違った世界観の創造を実現させているのです。

ヨッシー独自のアクションとは?

ここでは、本作における愛くるしいヨッシーの動きをまとめてみました。

・敵を食べる
舌を伸ばして敵を口に含むことができます。従来作品の様にそのまま吐き出す事もできますが、飲み込んでタマゴを産むことも可能。
・タマゴを産む・投げる
タマゴは最大6個まで持つことができ、ヨッシーの後ろをついてきます。そのタマゴは投げることもでき、壁などにあたると3回まで反射。極力敵に当たらないようにプレイするマリオシリーズとは違い、タマゴ投げを利用してのシューティングができるのです。
ヨッシーアイランド 1-2 巨大ワンワン注意 Yoshi Island World 1-2 - YouTube (1917170)

・ふんばりジャンプ
ジャンプ中にボタンを押すと、少しだけ空中に留まれます。着地するまで繰り返し実行できる点が、『スマッシュブラザーズ』の操作性とも類似。
ふんばりジャンプ

ふんばりジャンプ

・ヒップドロップ
ジャンプ中に急降下して、敵を攻撃したり、杭を押し込んだりできます。ちょっとでも操作をあやまると、そのまま穴に落ちていってしまうという初心者殺しのワザです。
ヒップドロップ

ヒップドロップ

マリオを敵から守りながら冒険する「子連れ狼」的ゲーム

本作において、敵に接触してもヨッシーがダメージを受けたり、ヨッシーの体が小さくなったりはしません。代わりに、背中に載せていたマリオがシャボン玉に包まれた状態でヨッシーから離れ、泣き出してしまいます。マリオが離れている間はカウントダウンが始まり、ゼロになると画面外まで敵に連れ去られてジ・エンド。

なお、マリオがヨッシーから離れている間はずっと「えーん、えーん」と泣いているのですごく焦ります。離れたマリオを「さらわれない」ようにするテクニックがゲームを進める鍵となるのです。

ヨッシーアイランド CM

100点を出すと、「スペシャルステージ」と「ボーナスチャレンジ(ミニゲーム)」がプレイ可能になった

28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ヨッシー、恐竜ではなく亀の仲間だった。

ヨッシー、恐竜ではなく亀の仲間だった。

「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の発売を記念したインタビュー第5回「スーパーマリオワールド + ヨッシーアイランド篇」が公開されたんですが、そこでミドル世代驚愕の事実が発覚!ヨッシーは恐竜ではなく亀の仲間だった!?
隣人速報 | 2,502 view
意外!?ミニスーファミは〇代の女性が最も購買意欲があった!予約受付は9月16日からいよいよ開始!

意外!?ミニスーファミは〇代の女性が最も購買意欲があった!予約受付は9月16日からいよいよ開始!

10月5日に発売を控えた「ミニスーファミ」。気がつけば発売まで1ヶ月を切っています。そこで「勝手にランキング」が各年代の方々に「ミニスーファミを購入する予定があるか」を徹底調査!そして驚きの結果に!?
隣人速報 | 11,167 view
格ゲーマニア感涙!あのファイティングコマンダーが「ニンテンドークラシックミニ」専用コントローラーとして復刻!!

格ゲーマニア感涙!あのファイティングコマンダーが「ニンテンドークラシックミニ」専用コントローラーとして復刻!!

既にご存知の方も多いと思われる「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の発売に合わせ、「ファイティングコマンダー for ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」が10月5日に発売されます!
隣人速報 | 1,865 view
マリオが配管工を辞めていた!?現在の職業が何なのか、ネットで議論に!!

マリオが配管工を辞めていた!?現在の職業が何なのか、ネットで議論に!!

マリオの公式サイト「マリオポータル」に書かれているマリオのプロフィールで、マリオが既に配管工を辞めていたことが判明!今は何をやっているのか?ツイッターなどで議論になっています!
隣人速報 | 2,077 view
1993年にハリウッドで実写映画化されたスーパーマリオ

1993年にハリウッドで実写映画化されたスーパーマリオ

おそらく、現在最新鋭のテクノロジーを駆使したとしても、地雷臭しかしないであろうスーパーマリオの実写化映画化。それを1993年に実現したのだから、大したものです。B級感あふれるビジュアルながらも、劇中には元ネタの意図をくみ取った、心にくいギミックが盛りだくさん。そんな、今見ると意外に楽しめそうな、ハリウッド版スーパーマリオについて紹介していきます。
こじへい | 2,757 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト