2017年11月13日 更新

映画「サタデー・ナイト・フィーバー」でお馴染みビー・ジーズの貴重な活動最初期のベストアルバムが発売!

兄弟グループ「ビー・ジーズ」の活動最初期の貴重なベストアルバムが、11月15日に発売される。ビージーズのナンバーを取り入れた映画「サタデー・ナイト・フィーバー」でお馴染みの彼ら。活動最初期の貴重なベストアルバムが11月15日に発売される。

99 view

偉大なる兄弟グループ「ビー・ジーズ」の活動最初期のベストアルバムが11月15日に発売!

60年代の洋楽がお好きな方には懐かしい兄弟グループ「ビー・ジーズ」の活動最初期の貴重なベストアルバムが、11月15日に発売される。

テイチクエンタテインメント/インペリアルレコードからの発売で、全27曲収録、歌詞付きとなっている。

一般的にビー・ジーズは1967年5月の全世界デビュー曲「ニューヨーク炭坑の悲劇」からの活動が広く知られている。が、実はそれ以前、1960年代初期から1966年までは、彼らの当時の居住国オーストラリアで活動をしており、地元のテレビやラジオでもレギュラー番組を持つほどの人気グループであった。

1963年のデビュー時には長男のバリーが16歳、双子の弟ロビンとモーリスはまだ13歳という若さ。
瑞々しい歌声やハーモニーは新鮮であり、後の彼らのウリとなるヴォーカル・スタイルを予見させる。楽曲的には「ステイン・アライヴ」や「恋のナイト・フィーバー」のような要素は微塵もなく、エヴァリー・ブラザーズからの影響が見てとれたり、ソフト・ロック、もしくは初期のビートルズ・サウンドのような、60年代初期という時代を反映した作品が多く並ぶ。
 (1939700)

本作は日本独自の企画で、ジャケットも新たに作られたオリジナルであり、音源もオリジナル.マスターを日本で丁寧にリマスタリングしたものだ。奇しくも今年はビー・ジーズが全世界でビューを果たしてから50周年。

「マサチューセッツ」「メロディ・フェア」「傷心の日々」「愛はきらめきの中に」「ステイン・アライヴ」「恋のナイト・フィーバー」など、数多くのヒット曲を持ち、日本でも絶大な人気を博したビー・ジーズの活動最初期を振り返ってみるのも良いかもしれない。

<HPアドレス>
http://www.teichiku.co.jp/catalog/imperial/2017/TECI-27721.html

収録楽曲

01. Spicks and Specks (スピックス・アンド・スペックス)
02. The Battle of the Blue and Gray (バトル・オブ・ブルー・アンド・グレイ)
03. Three Kisses of Love (三つのキス)
04. Take Hold of That Star (あの星をつかもう)
05. Claustrophobia (閉所恐怖症)
06. Could It Be I'm In Love With You (恋の予感)
07. Turn Around, Look at Me (ふりかえった恋)
08. Theme From Jaimie McPheeters (ジェイミー・マックフィーターズ)
09. Every Day I Have to Cry Some (涙の二十四時間)
10. You Wouldn't Know (知っちゃいない)
11. Wine and Women (ワインと女)
12. Follow the Wind (風を追いかけて)
13. I Was a Lover, a Leader of Men (アイ・ウォズ・ア・ラヴァー)
14. And The Children Laughing (子供たちの笑顔)
15. I Don't Think It's Funny (おかしいなんて思わない)
16. How Love Was True (恋は真実)
17. To Be Or Not To Be (トゥ・ビー・オア・ノット・トゥ・ビー)
18. I Want Home (おうちが欲しい)
19. Monday's Rain (月曜日の雨)
20. How Many Birds (ハウ・メニー・バーズ)
21. Playdown (プレイダウン)
22. Second Hand People (セカンド・ハンド・ピープル)
23. I Don't Know Why I Bother Myself (アイ・ドント・ノウ・ホワイ)
24. Big Chance (ビッグ・チャンス)
25. Glass House (グラス・ハウス)
26. I Am the World (アイ・アム・ザ・ワールド)
27. In The Morning (イン・ザ・モーニング)

オススメの特集記事

9 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

あなたにおすすめ

   

関連する記事こんな記事も人気です♪

藤井フミヤと尚之による兄弟ユニット「F-BLOOD」が6月にアルバムを発売!9月には全国ツアーも!

藤井フミヤと尚之による兄弟ユニット「F-BLOOD」が6月にアルバムを発売!9月には全国ツアーも!

元チェッカーズの藤井フミヤと藤井尚之による兄弟ユニット「F-BLOOD」が、結成20周年の今年、待望のニューアルバム「POP 'N' ROLL」を6月21日に発売する。また、9月からは26公演をこなす全国ツアーの開催も決定している。
さだまさしが永六輔さんに捧げるカバーアルバムをリリース!名曲「夢であいましょう」などを収録!

さだまさしが永六輔さんに捧げるカバーアルバムをリリース!名曲「夢であいましょう」などを収録!

さだまさしが、7月に亡くなったタレント・永六輔さんの名曲をカバーしたアルバム『永縁(えいえん)~さだまさし 永六輔を歌う~』を11月9日にリリースする。「永さんの作品を歌うアルバムを制作することで敬愛の気持ちを伝えたい」と、7月下旬から企画を進めてきた。
『お台場旧車天国2017』が11月19日に開催!コスモスポーツをはじめマニアックすぎる車両も大集結!

『お台場旧車天国2017』が11月19日に開催!コスモスポーツをはじめマニアックすぎる車両も大集結!

全国からクラシックカーやバイクが集まる『お台場旧車天国2017』が、11月19日に、お台場の特設会場で開催される。他にも会場では”懐かしさ”に焦点を当て、射的も楽しめたり、ソフト麺やミルメークなどの昔懐かしい校給食の飲食店も登場する。
最新ベスト「Finally」でついに再録!安室奈美恵の公式サイトから抹消された名曲とは?

最新ベスト「Finally」でついに再録!安室奈美恵の公式サイトから抹消された名曲とは?

先日引退を発表した、安室奈美恵のベストアルバム「Finally」。出荷枚数は100万枚を超え、各種ランキングで軒並み1位を獲得するなど大ヒットを記録しています。その「Finally」の中に、安室の公式サイトに掲載されていない「封印された名曲」が収録されていると話題になっています。
隣人速報 | 1,088 view
「ジェニーはご機嫌ななめ」のジューシィ・フルーツが34年ぶりにアルバム発売!近田春夫書き下ろし曲も収録!

「ジェニーはご機嫌ななめ」のジューシィ・フルーツが34年ぶりにアルバム発売!近田春夫書き下ろし曲も収録!

「ジェニーはご機嫌ななめ」のヒットで有名なニューウェイブバンド「ジューシィフルーツ」が、2018年2月14日にニューアルバムをリリースします。オリジナルアルバムのリリースは実に34年ぶり!近田春夫書き下ろし曲も収録されるなど、注目のアルバムとなっています!
隣人速報 | 297 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト