さだまさしが永六輔さんに捧げるカバーアルバムをリリース!名曲「夢であいましょう」などを収録!
2016年10月26日 更新

さだまさしが永六輔さんに捧げるカバーアルバムをリリース!名曲「夢であいましょう」などを収録!

さだまさしが、7月に亡くなったタレント・永六輔さんの名曲をカバーしたアルバム『永縁(えいえん)~さだまさし 永六輔を歌う~』を11月9日にリリースする。「永さんの作品を歌うアルバムを制作することで敬愛の気持ちを伝えたい」と、7月下旬から企画を進めてきた。

404 view

さだまさしが永六輔さんに捧げるアルバムを11月にリリース

シンガー・ソングライターのさだまさし(64)が、7月に亡くなったタレント・永六輔さん(享年83)が作詞を手がけた名曲をカバーしたアルバム『永縁(えいえん)~さだまさし 永六輔を歌う~』を11月9日にリリースすることが明らかになった。
永六輔さんの作品を歌い継ぐさだまさし

永六輔さんの作品を歌い継ぐさだまさし

3歳からバイオリンを始めたさだ少年が最初に出会った流行歌が、NHK総合で放送されていたバラエティー番組『夢であいましょう』で毎月1曲、作詞・永六輔、作曲・中村八大の「六・八コンビ」が制作していた“今月のうた”だった。

さらに、同じ4月10日生まれの永氏との出会いは、さだの十代のデビュー前に遡る。「まぼろしの邪馬台国」で知られる作家・宮崎康平氏を通じて出会って以降、親交を深め、2001年にはカヴァーアルバムとして「さだまさし 永六輔・中村八大を歌う 上を向いて歩こう/遠くへ行きたい」(6曲入りミニアルバム)をリリースしている。

今年7月7日の訃報を受け、「永さんの作品を歌うアルバムを制作することで敬愛の気持ちを伝えたい」との思いから、7月下旬から本作の企画を進めてきた。
故・永六輔さん

故・永六輔さん

本アルバムには、永氏と縁の深い黒柳徹子、またNHKの番組でも「夢であいましょう」のオリジナルを歌った坂本スミ子も参加。黒柳徹子は「夢であいましょう」などで朗読による参加、坂本スミ子は、「夢であいましょう」をオリジナルさながらに歌唱している。
黒柳徹子とさだまさし

黒柳徹子とさだまさし

さだまさしと坂本スミ子

さだまさしと坂本スミ子

『永縁(えいえん)~さだまさし 永六輔を歌う~』 収録曲

01. 夢であいましょう(作詞 永六輔 作曲 中村八大)※歌 坂本スミ子 朗読 黒柳徹子
02. 女ひとり(作詞 永六輔 作曲 いずみたく)
03. 帰ろかな(作詞 永六輔 作曲 中村八大)
04. 故郷のように(作詞 永六輔 作曲 中村八大)
05. 黄昏のビギン(作詞 永六輔 作曲 中村八大)
06. 芽ばえて、そして(作詞 永六輔 作曲 中村八大)
07. おさななじみ(作詞 永六輔 作曲 中村八大)
08. ふ(作詞 永六輔 作曲 さだまさし)
09. 娘よ(作詞 永六輔 作曲 中村八大)
10. ウェディング・ドレス(作詞 永六輔 作曲 中村八大)
11. 見上げてごらん夜の星を(作詞 永六輔 作曲 いずみたく)
12. 上を向いて歩こう(作詞 永六輔 作曲 中村八大)
13. 遠くへ行きたい(作詞 永六輔 作曲 中村八大)
14. 生きるものの歌(作詞 永六輔 作曲 中村八大)
15. 夢であいましょう(作詞 永六輔 作曲 中村八大)

Amazon.co.jp: さだまさし : 永縁~さだまさし 永六輔を歌う~ - ミュージック

3,000
発売予定日は2016年11月9日です。
ただいま予約受付中です。

NHKのバラエティ番組 『夢であいましょう』

1961年4月8日から1966年4月2日まで毎週土曜日22時台に生放送されていたNHKのバラエティ番組。黒柳徹子は1965年4月より2代目のホステス役を担当した。

毎月1曲、永六輔作詞・中村八大作曲による「今月のうた」が作られ、ここからたくさんのヒット曲が世に生まれ出た。
中でも坂本九の『上を向いて歩こう』は大きな反響を呼び数か月にわたって放送され、大ヒット。
アメリカでも"SUKIYAKI"のタイトルでヒットチャートに乗る成功を収めて世界中で流行し、当時の日本を代表する曲となった。

他にも代表作として、「遠くへ行きたい」(歌:ジェリー藤尾、1962年5月)、「こんにちは赤ちゃん」(歌:梓みちよ、1963年7月)などがある。

さだまさし、永六輔、黒柳徹子に関連した特集記事

17 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ウルフルズが来年5月にデビュー25周年!女性アーティストによるカバーアルバムを発売!

ウルフルズが来年5月にデビュー25周年!女性アーティストによるカバーアルバムを発売!

2017年5月13日にデビュー25周年を迎えるウルフルズ。女性アーティストによるカバーアルバム『Best of Girl Friends』が2月22日(水)に発売される。参加アーティストはUA、木村カエラなど錚々たるアーティストとなっている。
【パール・ジャム】のカバーで世界的に広まった名曲「Last Kiss」を原曲から振り返る

【パール・ジャム】のカバーで世界的に広まった名曲「Last Kiss」を原曲から振り返る

社会的にも商業的にも成功を収めたオルタナの雄である【パール・ジャム】がカバーした「Last Kiss」には原曲がありました。その原曲から他のカバーまでをまとめてみたいと思います。今回は「Last Kiss」縛りです(^^)/
つきねこ | 312 view
70年代にディスコで踊った! 『悲しき願い』サンタ・エスメラルダ

70年代にディスコで踊った! 『悲しき願い』サンタ・エスメラルダ

70年代のディスコミュージックの名曲『悲しき願い』は、ディスコグループ「サンタ・エスメラルダ」によるバージョンが1978年にヒットしました。原曲『Don't Let Me Be Misunderstood』やカバー曲、ボーカルのリロイ・ゴメスの活動。
バンバン「いちご白書をもう一度」鳴かず飛ばずだったばんばひろふみが”最後の曲”として荒井由実へ作詞作曲を懇願した名曲

バンバン「いちご白書をもう一度」鳴かず飛ばずだったばんばひろふみが”最後の曲”として荒井由実へ作詞作曲を懇願した名曲

この記事では、1975年に発売された『バンバン』の「いちご白書をもう一度」について振り返ってみたいと思います。
つきねこ | 1,925 view
女子高生がダンシング・ヒーローをバブリーに再現し動画再生2800万回!荻野目洋子とも共演!原曲版コンピCDも発売決定!

女子高生がダンシング・ヒーローをバブリーに再現し動画再生2800万回!荻野目洋子とも共演!原曲版コンピCDも発売決定!

原曲・アンジー・ゴールドのオリジナル・バージョンを収録した『ダンシング・ヒーロー~スーパー・ディスコ・ヒッツ決定盤!』が発売される。現在大阪府立登美丘高校ダンス部が、同曲を使用して制作したミュージック・ビデオが話題だ。荻野目洋子とも共演を果たしている。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト