伝説のV系バンド【紫苑(シオン)】って覚えてる?メンバーの今に迫る!
2020年9月7日 更新

伝説のV系バンド【紫苑(シオン)】って覚えてる?メンバーの今に迫る!

純白タキシードと胸に深紅のバラをトレードマークに歌謡曲路線で注目を浴びたヴィジュアルバンド(以下V系)「紫苑(シオン)」を覚えているでしょうか。「ああ、いたいた!」と思ったら気になるのが「その後」のことではないでしょうか。今回は伝説のV系バンド「紫苑(シオン)」について、メンバーの今について掘り下げてみたいと思います。

5,067 view

紫苑(シオン)とは

ヤフオク! - 紫苑 ロマンチック・ゴーゴー ピクチャー盤 (2221303)

【メンバー】

・ ボーカル:アスタ(一番下)
・ ギター:カモ(右)
・ べース:ヨースケ(左)
・ ドラム:ゲン(一番上)

【旧メンバー】
・ 初代ボーカル:瞬
・ シンセサイザー:Ryo
メンバーの今を知る前に、紫苑についておさらいをしましょう。紫苑は、1999年〜2005年まで主に活動していたV系バンド。実際の結成はそれ以前からの模様、初期のボーカル「瞬」とシンセサイザー「Ryo」が脱退。メンバー募集の後、二代目ボーカル「アスタ」が加入することで解散までメンバーチェンジなしで活動。

ちなみにメンバー募集時のキャッチフレーズは「西城秀樹求む」であったことを当時の音楽雑誌BANDJAPANで語っている。
ヤフオク! - ロマンチック・ゴー・ゴー/紫苑 (2221341)

メジャーデビューはBMGファンハウス(現在、BMG JAPAN)よりCDではなくビデオ「愛と感動のビデオ 第1弾 Let's アバンチュール』でのデビューとなった。

デビューのきっかけは、アーティストのライブの際に会場周辺で根気よくバンドのチラシ配りをしていたところBMGファンハウス社員の目に留まったことがきっかけ。このチラシ配りはメジャーデビュー後も続けていたのだそう。

紫苑(しおん)ディスコグラフィー

紫苑 - ロマンチック・ゴーゴー

紫苑はインディーズ時代が長く、初期はカセットテープでの販売が主流な時代。今ではなかなか手に入りにくくオークションでも流通がありません。

初期メンバー脱退後をあえて「二期」とするなら二期の紫苑を印象強くしたのは「ロマンチック・ゴーゴー」「ダーリング」と言える。

歌謡テイストで思わず惹きつけられるMV、全身純白タキシードとバラを胸に挿したスタイルは、この曲をタイトルにしたアルバムリリースからトレードマークになったと言います。

紫苑 - ギラギラ

強いインパクトを残した「ロマンチック・ゴーゴー」はインディーズ時代にリリースしていますが、メジャーデビュー後、再度アレンジを変えてシングルCD化されて再販。

その後も歌謡曲路線はブレず、インパクトのあるタイトルの曲をCDやビデオシングルでリリースし続けてました。
【紫苑】ダーリング/愛が欲しい

【紫苑】ダーリング/愛が欲しい

活動後期には沢田研二の「ダーリン」のカバーをリリース。ジャケットには出川哲朗を起用。実際の沢田研二のダーリングのジャケットとは異なり、紫苑のトレードマークを意識した衣装にしたのは、やはりカバー曲であり紫苑を印象強くするためかと思われます。

紫苑 - ダーリング

カバーなので曲の感じも原曲からアレンジがされていて、ロックというかスカロック風なテイスト。ボーカルアスタのキレのある声で、令和の今でも馴染みやすい感じの1曲です。MVはオリジナルとゲストバージョンがあった様子、ゲストバージョンでは出川哲朗が出演しています。

インディーズ(デモテープ)

ピュアサウンド 紫苑(しおん) ( シオン )  マリア/「再会、そして約束を」 (2221698)


・伽(初期・紫苑時代)発売日不明
・マリア(C/W「再会、そして約束を」)発売日不明
・鬱の舞姫(C/W P.T.S.D)発売日不明
・Dive to the sea from the moon(C/W Vamp)発売日不明
・世界の果てまで(会場配布限定)2000年11月23日

インディーズ(シングルCD)

 (2221700)


・夜桜デモクラシー(C/W マニュアル)2001年12月1日発売
・雨と無知(C/W アングラの中のポップカルチャー)2002年1月12日発売
・夢で逢えたら(C/W 風の花)2002年10月19日発売
・ダーリン 2003年1月27日発売 ※「朱版」とアレンジ違
・ジーザス!? 2003年2月24日発売
・フィーバー!! 2003年3月30日発売
49 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 155,264 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 147,907 view
元祖イケメンドラマー「ザ・ゴールデンカップス」のマモル・マヌーさん死去。長い髪の少女、愛する君になど

元祖イケメンドラマー「ザ・ゴールデンカップス」のマモル・マヌーさん死去。長い髪の少女、愛する君になど

60年代後半のグループサウンズを代表するバンドのひとつ「ザ・ゴールデン・カップス」でドラマー兼ボーカルを務めたマモル・マヌー(本名:三枝守、さえぐさ まもる)さんが9月1日、心筋梗塞のため亡くなっていたことが明らかとなりました。
隣人速報 | 276 view
メジャーデビューからついに30周年!ROLLY(57)率いる「すかんち」の記念ライブが開催決定!!

メジャーデビューからついに30周年!ROLLY(57)率いる「すかんち」の記念ライブが開催決定!!

ロックミュージシャン・ROLLY(57)が、「すかんち」のメジャーデビュー30周年を記念したライブ『ROLLY DEBUT 30TH ANNIVASARY VOL.3 令和の SCANCH'N ROLL SHOW』の開催を発表しました。
隣人速報 | 670 view
藤川球児の引退発表後にLINDBERGのMVが再生回数が急上昇!

藤川球児の引退発表後にLINDBERGのMVが再生回数が急上昇!

8月31日に報道された、阪神タイガースの藤川球児投手の現役引退。その報道に伴い、YouTubeにてLINDBERG(リンドバーグ)が1996年に発売した「every little thing every precious thing」のミュージックビデオの再生回数が急上昇しています。
隣人速報 | 996 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト