ジューシィ・フルーツ、テクノポップの未来形
2016年6月27日 更新

ジューシィ・フルーツ、テクノポップの未来形

近田春夫の作曲した「ジェニーはご機嫌ななめ」は、典型的なテクノポップでありながら、いつ聞いても新鮮で古さを感じさせない楽曲だった。

2,366 view
デビューした時から所属事務所の関係もあって、ボーカルのイリアがサザン桑田の妹分のような感じがしていて、その後楽曲の提供を受けたりしていたもあり、デビュー曲の「ジェニーはご機嫌ななめ」と「そんなヒロシに騙されて」の印象ばかりが強く残っている。

下記は、日本コロンビアより2001.6.21に「ジェニーはご機嫌ななめ」がニューマキシシングルとして発売された時に作成された記事を引用したもので、デビューから解散、再レコーディングまでの経緯が詳しく書かれている(一部、wikipediaより引用)。
なお、バンドのライブ活動は、2009年に再開している。

デビューまでの経緯

それまでまったく異なったフィールドで活動をしていたアーティストがパンクやニューウェーヴの洗礼を受け、それまでの過去(それこそ、音楽性からヘア・スタイルやファッションに至るまで)を捨ててテクノ・ポップやニューウェーヴのバンドを結成する。70年代終盤から80年代初頭にかけて、日本ではそんな光景がよく見られたが、ジューシィ・フルーツもまた、そのようにして生まれたバンドの一つであった。
 バンドの母体となったのは、ハルヲフォンを解散した近田春夫が1979年に新たに結成したバンド、近田春夫&BEEF。映画『ファントム・オブ・パラダイス』に出てくるホモのロック・シンガーから名前を引用したこのBEEFなるバンドが結成されたいきさつを、メンバーの柴矢俊彦は次のように語る。

「もともとハルヲフォンが自然解体みたいになって、でも近田さん自体はステージの仕事が色々あったんですね。それで、じゃあ新しいメンバーを集めようってんで、まずガールズってバンドをやってたイリア(奥野敦子)に近田さんが声をかけたんです。で、沖山優司君と高木利夫君はアマチュアで一緒に東京スタイルってアヴァンギャルドなバンドをやってたんですけど、近田さんがたまたまリハーサル・スタジオで見かけて、君達面白いねって話になって、声をかけたと。僕はその時は色々な人のバックでギターの仕事をしていたんですけど、あるドラマーの紹介で近田さんに会うことになりまして。それから他に茂木(由多加)さんっていうキーボーディスト(元・四人囃子)と野毛さんっていうパーカッションの人(後にビブラストーンに参加することになるNOGERA氏)がいて。その6人が集められてBEEFが結成されたわけです」

 このような経緯のもとに始動したBEEFであったが、作品を残すことなく発展解消することとなる。そうして生まれたのが、ジューシィ・フルーツであった。

「近田春夫&BEEFでライヴをやっていくうちに、近田さんがレコード会社をキングから日本コロムビアに移籍することになりまして。今もあるのか分からないですけど、当時はレコード会社を移籍する時は半年間レコードを出せないという規定があったんですね。それだったら、バック・バンドだけ先にデビューさせておいて、自分はその6ヶ月後に華々しく何かをやろうみたいなことを多分近田さんが考えたんだと思うんですけど、それで6人の中からルックスが悪い2人が落とされまして(笑)、ルックスのいい4人がジューシィ・フルーツになったというわけです(笑)」(柴矢)

 ジューシィ・フルーツのメンバーとなったのは、イリアこと奥野敦子(ヴォーカル、ギター)、柴矢俊彦(ギター)、沖山優司(ベース)、高木利夫(ドラム)の4人。近田春夫のプロデュースのもと、80年6月1日にリリースされたデビュー・シングル『ジェニーはご機嫌ななめ』は、瞬く間にシングル・チャートを駆け上り、ベスト10内にランクインするほどの大ヒットとなる。

「あの当時、YMOやプラスチックスを筆頭とするテクノ・ポップのシーンがあって、その一方にはサザンやツイストがいて、なおかつアイドル音楽の全盛期でもある、みたいな時代でしたよね。そのおいしいところを全部やるにはどういう風に作ればいいんだろう、みたいなことを近田さんは考えたんだと思うんですよ。だからテレビの現場に行くと、“君達はロックの人だ”と言われ、ロックのイベントに出ると“君達はTVに出てるから歌謡曲系の人達でしょ”と言われる。そのどちらか片方だけには行かないというか、ある意味どっちにも行けたというところはありましたよね。メンバーもそのニセモノくささを思いっきり楽しんでいたというか、インチキっぽいとかバンドっぽくないって言われることが光栄だと思ってましたし。だからテレビに出る時はアイドルみたいにニコニコしながら絶対にロック・バンドがやらないような振りをつけて演奏したりとか、それぐらいやって客を楽しませようっていう意識は高かったですね」(柴矢)

デビューから解散まで

最終的に『ジェニーはご機嫌ななめ』は34.6万枚のセールスを記録。1980年度のオリコン・年間シングル・チャートでは37位にランクインするほどの大ヒットとなったのであった。
 また同年、彼等は『ドリンク!』(1st)『ジューシィ・ア・ラ・モード』(2nd)という2枚のアルバムをリリース。間髪入れず81年には3rdアルバムの『パジャマ・デート』がリリースされ……といった具合に、半年ごとにアルバム1枚という驚異的なハイ・ペースで作品を発表していく。

「その当時、メンバーもプロデューサーの近田さんの指向もそうだったと思うんですけど、ギター・バンドのかっこよさを追求したいっていうのがありましたね。レコードにはキーボードが入っていたりするんですけど、あくまでもライヴではロックなギターでそういう(テクノ・ポップ的な)音楽を表現するっていうようなところがいいんだ、みたいな。しかも女の子がかわいい衣裳を着てかわいく歌うんだけど、間奏では足を広げてグイ~ンてギターを弾くのがいいんじゃない、みたいなのが」(柴矢)

 『ジェニーはご機嫌ななめ』で確立された彼等のイメージは、3rdアルバムをもって一段落。82年にリリースされた4枚目のアルバム『27分の恋』からは自分達でプロデュースを手掛けるようになり、アルバムごとにサウンドやヴィジュアルのカラーを変えるなど、シリアスに自分達の音楽と向き合う姿勢が見られるようになる。そして『天然カフェイン』(83年。5th)『Come On Swing 』(84年。6th)とアルバムをリリースした後、85年に解散。メンバーはそれぞれ別の道を歩み始める。

「近田さんがいなくなって、自分達が本当にやりたいのはどんな音楽なんだろうっていうのを考えるようになりましたね。だからこの頃になると、デビューした頃とは全然違うジューシィ・フルーツになっていたと思うんですけど、4人にとっては自然な流れで変わっていったことだったんですよ。
 解散したのは、85年の1月だったかな。個々にやりたいことが当然あったりしたんで、これは発展的に解散して、ソロでやりたいことをやろうってことでスンナリと決まりましたね」

解散から再結成

解散後、沖山優司はベーシストとしてビブラストーンに参加。柴矢俊彦は作曲家として他のアーティストへの楽曲提供をおこなうなど、裏方へとまわり、現在は新人アーティストの育成活動に力を注いでいる。イリアはソロ・アルバムを2枚リリースするなど、ソロ・シンガーとして活動していたが、現在は主婦業に専念しているとのこと。高木利夫は音楽の道を離れて、現在は実家の鉄工所を経営。このように別々の道を歩んでいた彼等が今回『ジェニーはご機嫌ななめ』をニュー・レコーディングするために再び集まったのは、一体いかなる理由によるものなのだろうか。

「今までにもテレビの企画とかで、4人で出演してくれませんかっていう話はあったんですよ。でも1回終わりにしたものを中途半端な形で復活させるのはイヤだっていうのがありましたから、断っていたんです。でも今回は松江君に僕らをうまく今風に料理してもらって、ちゃんとした形で作品を出せるっていうことだったんで、それだったらやってもいいかなと思って」(柴矢)

 しかし残念なことに、4人が再び一堂に会して本格的に演奏するのはどうやらこのレコーディングが最初で最後のようであり、現時点では再結成ライヴといったようなことは一切予定されていない。そういう潔さも、ジューシィ・フルーツらしいところだ。

「松江君の感覚で僕らをすごくうまく料理してくれたなって感じがして、ひじょうに感謝しています。『ジェニーはご機嫌ななめ』はテンポとか多少のサイズの違いはあるんですけど、基本的には(オリジナルと)一緒で、これがいいとこですね。この曲の持ってる面白さっていうのはひじょうにバカバカしくてニセモノくさいっていうところだと思うんで、かっこよく料理しないで未完成な感じを残したところが、さすが松江君だなって。で、『ビート・タイム』は思いっきり料理されちゃって全然違うものになったし、『恋はベンチシート』もバカバカしさを残しつつ、サウンドはまったく違う今のものになっているじゃないですか。だからそれぞれ彼なりに色をつけてく れたなっていう気がしていて。ジューシィ・フルーツを知らない今の若い連中がこれを聴いて、こんなことをやってもいいんだ、みたいに多少なりともいい影響を与えることができたら、これはもう最高の幸せですね」(柴矢)
2009年、イリア(ボーカル・リードギター)、トシ(ドラムス・コーラス)を中心にライブ活動を再開。当初、メンバーは流動的だったが、やがてジェフ(ベース・コーラス)、アキシロ(ギター・コーラス)に固定。ジューシィ・フルーツのメンバーが半分いることから、バンド名はジューシィ・ハーフとトシが提案、採用される。ジューシィ・フルーツの楽曲をメンバーが自らカバーするというユニークな存在として、コアなファンの注目を集め、ライブは毎回SOLD OUT。
2013年、バンド名をジューシィ・フルーツに変更。

代表曲

ジューシィ・フルーツ - ジェニーはご機嫌ななめ(1980.6.1発売) - YouTube

1980.11.14

JUlCY FRUlTS 夢見るシェルター人形(1982.7発売) - YouTube

フランス・ギャルのヒット曲『夢見るシャンソン人形』のカバー。

そんなヒロシに騙されて ジューシィ・フルーツ(1983.8.21発売).mp4 - YouTube

メンバー

イリア(ボーカル・リードギター)

イリア(ボーカル・リードギター)

イリア(ボーカル・リードギター)
愛称の「イリア」は0011ナポレオン・ソロの登場人物「イリヤ・クリアキン」が好きだったことが由来。ギターはグレコ・ブギーBG800にマニキュアを塗ったものを愛用していた。
トシ(ドラムス・コーラス)

トシ(ドラムス・コーラス)

トシ(ドラムス・コーラス)
高木利夫。沖山優司と共に東京スタイルズからBEEFに参加、ジューシィ・フルーツのドラマーに。
ジェフ(ベース・コーラス)

ジェフ(ベース・コーラス)

ジェフ(ベース・コーラス)
元ザ・シャムロック(ボーカル・ベース)、現THE ORANGES(ボーカル・ギター)、THE COLLECTORS(ベース)。
アキシロ(ギター・コーラス)

アキシロ(ギター・コーラス)

39 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【田原俊彦】イントロクイズ10問! 高得点を目指せ!

【田原俊彦】イントロクイズ10問! 高得点を目指せ!

歌って踊れるノリノリのトシちゃん!田原俊彦のイントロクイズです。約70枚のシングルを出している中から10曲選びました。名曲たちをアナタはどれだけ覚えていますか?
ディープ・パープルに影響を受けた70年代沖縄のハードロックの草分け「紫」のベスト盤が発売!!

ディープ・パープルに影響を受けた70年代沖縄のハードロックの草分け「紫」のベスト盤が発売!!

徳間ジャパンコミュニケーションズより、70年代~80年代における沖縄のハードロックシーンをけん引したバンド「紫」のベスト盤CD『MURASAKI FOREVER+2』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 215 view
原宿発祥の50'sブランド「クリームソーダ」に憧れた方必聴!「BLACK CATS」のベスト盤CDが好評発売中!!

原宿発祥の50'sブランド「クリームソーダ」に憧れた方必聴!「BLACK CATS」のベスト盤CDが好評発売中!!

徳間ジャパンコミュニケーションズより、80年代に流行した「ネオ・ロカビリー」を代表するバンドとして著名なBLACK CATS(ブラック・キャッツ)のベスト盤CD『Best Sellection』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 268 view
ザ・ベストテン、8時だョ!全員集合、たのきん全力投球…河合奈保子のテレビ出演時の映像を網羅したDVDが発売決定!!

ザ・ベストテン、8時だョ!全員集合、たのきん全力投球…河合奈保子のテレビ出演時の映像を網羅したDVDが発売決定!!

日本コロムビアより、歌手・女優として活躍する河合奈保子がTBSテレビのバラエティ番組に出演した際の映像を収めたDVDボックス『NAOKO ETERNAL SONGS』の発売が決定しました。
隣人速報 | 523 view
「3年B組金八先生」でブレイクした!「少女人形」伊藤つかさのベスト盤CDが発売決定!!

「3年B組金八先生」でブレイクした!「少女人形」伊藤つかさのベスト盤CDが発売決定!!

徳間ジャパンコミュニケーションズより、女優・歌手として活躍を続ける伊藤つかさのベスト盤CD『Best Collection』が発売されます。
隣人速報 | 1,102 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト