有名人が設立した芸能事務所特集!
2019年4月19日 更新

有名人が設立した芸能事務所特集!

ここ最近「石原プロモーション」が話題になっていますが、芸能人が設立した事務所って結構ありますよね!今回はその中でも比較的大所帯の芸能人が設立した事務所を特集してみたいと思います。

4,502 view

有名人が設立した芸能事務所について

はじめ大手の芸能事務所に所属していた芸能人が、独立する形で事務所を立ち上げることって結構ありますよね。

最近では独立後はほぼ自分一人のマネージメントがメインで、芸能人をほとんど抱えていない個人事務所が多いと思いますが、昔は独立後に事務所を大きくすることが当たり前の様になっていたと感じます。

今回はそんな比較的懐かしい時代に有名人が設立した、大所帯の芸能事務所を特集してみたいと思います。

石原プロモーション

株式会社石原プロモーション(いしはらプロモーション) は、俳優の石原裕次郎が設立した日本の芸能事務所、制作プロダクションである。本社は東京都調布市に所在。略称は「石原プロ」。
ヤフオク! - 西部警察石原プロロゴ入りバスタオル貴重 (2099764)

故石原裕次郎さんの奥様である石原まき子さんが代表取締役会長を務めている石原プロモーションには、渡哲也さんを筆頭に神田正輝さん、舘ひろしさんなどの有名人が所属しています。

芸能事務所・制作プロダクションではありますが、撮影用機材・クルーを現在も自社で保有しており「映画製作会社」と名乗っています。

石原プロモーションというと私は炊き出しを思い浮かべます。この炊き出しは多くの人達に支持されていると思います。

最近では事務所内でさざ波が立っている様な情報もありますが、石原プロモーションの皆さんにはこれからも活躍し続けて頂きたいですね!
石原軍団

勝プロダクション

勝プロダクションは、1967年に勝新太郎さん自らが設立した映画製作会社です。

1981年に12億円の負債を残し倒産しました。
TF-114:勝プロダクション | Terror Factory(テロファクトリー) (2099738)

勝新太郎さんはもともとは現在の角川映画にあたる大映に所属しており、市川雷蔵さんと大映の2枚看板として「カツライス」と称され、その屋台骨を支えていました。

勝プロダクションは、既に経営が立ち行かなくなった末期の大映が傾倒した、若者向けの暴力・エロ・グロ路線の作品とは一線を画し、時代劇の伝統を絶やさぬように映画制作を続けました。

しかし、膨大な赤字を抱えて経営が立ち行かなくなり倒産します。
その後、奥様の中村玉緒さんを社長とした勝プロモーションを設立するものの、不祥事が相次ぎこちらも上手くいきませんでした。

勝新太郎

勝新太郎

三船プロダクション

三船プロダクション(みふねプロダクション)は、1962年に映画俳優の三船敏郎が設立した、日本の芸能事務所及び制作プロダクションである。
三船プロダクション - Wikipedia (2099739)

三船プロダクションは、もともと東宝に所属していた三船敏郎さんが会社から「君はプロダクションを作り、仕事を回すから自分のところで映画を作るように」と言われて設立した経緯があります。

設立から4年後には東京都世田谷区成城と調布市入間町にまたがる敷地に、時代劇も撮影できるオープンセットのある撮影所を建設し、「東京で唯一時代劇が撮れるスタジオ」と言われていました。
尚、世田谷区側にセットを建てられるほどのスタジオが3つと、通り、川端、長屋、そしてバス通りを渡った調布市側に道場を含むオープンセットが存在する程、大規模な敷地面積を保有していました。

また、三船プロダクションの特徴として、ほとんどのスタッフがプロダクション専属で仕事をしており、大手の映画会社に次ぐ規模であったと言われています。

ちなみに、ロゴマークは三船家の家紋を用いています。

三船敏郎

三船敏郎

中村プロダクション

中村プロダクションは1968年に萬屋錦之介(よろずやきんのすけ)さんが設立した芸能プロダクションです。

ロゴマークとなる定紋は桐蝶をあしらっています。
萬屋錦之介 - Wikipedia (2099744)

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • I.O 2019/11/21 13:51

    後数年で創立60周年を迎える石原プロですが、設立するや否や映画を中心に大ヒットをとばし、特に黒部の太陽(寺尾聰さんのデビュー作)や栄光への5000キロは、長蛇の列が出る程の大ヒットとなりましたが、70年公開作品・ある兵士の賭けが業績的に失敗し、石原プロはどん底の危機に立たされます。更に翌年・今度は当時社長を務める裕次郎さんが病に倒れ、同プロは二重の危機に見舞われますが、退院の翌年に奇跡が訪れます。それは裕次郎さんのテレビドラマ出演のオファーで、それは太陽にほえろ!の出演でした。同作品は裕次郎さん初のドラマ出演で、七曲署捜査一係長・藤堂俊介役で14年4ヵ月に渡って出演しテレビでも人気となりました。その後大都会・西部警察もヒットし石原プロの業績も快調かと思われましたが、86年中盤頃から体調を崩し、これがきっかけで太陽の降板を決意します。そして87年夏に裕次郎さんは52歳の若さで旅立ちました。

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

家族に有名人がいっぱい~ハリウッド編~②アークエット家の人々

家族に有名人がいっぱい~ハリウッド編~②アークエット家の人々

ハリウッドの芸能一家「アークエット家」。それぞれ知名度は違いますが、個性的な顔立ちから見たことある~と思い出す人もいるのでは?今回はさまざまな分野で活躍する彼らとその家族にスポットを当ててご紹介します。
mm | 869 view
家族に有名人がいっぱい~ハリウッド編~①ボールドウィン家の人々

家族に有名人がいっぱい~ハリウッド編~①ボールドウィン家の人々

ハリウッドの芸能一家の中でもハンサムな俳優兄弟として知られるボールドウィン家。それぞれ知名度は違えどきっと映画やドラマの何処かで見たことがあるはず!今回はそんな彼らとその家族にスポットを当ててみたいと思います。
mm | 749 view
「石原軍団」解散へ。舘ひろしや神田正輝が独立することが明らかに!あの“21世紀の裕次郎”徳重聡はどうなる!?

「石原軍団」解散へ。舘ひろしや神田正輝が独立することが明らかに!あの“21世紀の裕次郎”徳重聡はどうなる!?

日本を代表する俳優・石原裕次郎が設立した芸能事務所「石原プロモーション」が、来年にも俳優マネジメント業務を終了し、所属俳優がそれぞれ独立することが明らかとなりました。
隣人速報 | 24,121 view
「その男、凶暴につき」「ソナチネ」「アウトレイジ」の原点!北野武が渾身の青春バイオレンス小説『不良』を発売!!

「その男、凶暴につき」「ソナチネ」「アウトレイジ」の原点!北野武が渾身の青春バイオレンス小説『不良』を発売!!

コメディアン、映画監督などマルチな活躍を続ける北野武が、集英社より渾身の青春バイオレンス小説『不良』を発表しました。現在好評発売中で、価格は1650円(税込)。
隣人速報 | 1,408 view
覚えてるかな?『もうパンツは履かない!』等の有名人の名言集!!

覚えてるかな?『もうパンツは履かない!』等の有名人の名言集!!

芸能人や有名人の方々がふと呟いた一言が流行語大賞になったり、延々と語り継がれたりする事ってありますよね。そんな有名人の方々の名言集を集めてみました。
ギャング | 49,877 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト