1991年リリース 【METALLICA】のブラックアルバム『METALLICA』を振り返る
2017年6月25日 更新

1991年リリース 【METALLICA】のブラックアルバム『METALLICA』を振り返る

この記事では、1991年にリリースされた【METALLICA】の5作目のアルバム、通称ブラックアルバム『METALLICA』に焦点を当てたいと思います。

1,880 view

【METALLICA】について

METALLICA

METALLICA

James Hetfield(Vo/G)
Kirk Hammett(G)
Lars Ulrich(Dr)
Jason Newsted(B)
メタリカ (Metallica) は、アメリカ合衆国出身のヘヴィメタル・バンド。
同時期にデビューした「スレイヤー」「アンスラックス」「メガデス」と並び、スラッシュメタル"BIG4"と形容された一角に君臨。1980年代から1990年代のヘヴィメタルの方向性に、最も影響力を放ったグループとして知られる。
『グラミー賞』9回受賞。2009年『ロックの殿堂』入り。
いや、やっぱりMETALLICAでしょ(笑)
スラッシュといえばメタリカ! 間違いなし!!

ブラックアルバム『METALLICA』について

METALLICA(Black Album)

METALLICA(Black Album)

1. ENTER SANDMAN
2. SAD BUT TRUE
3. HOLIER THAN THOU
4. THE UNFORGIVEN
5. WHEREVER I MAY ROAM
6. DON’T TREAD ON ME
7. THROUGH THE NEVER
8. NOTHING ELSE MATTERS
9. OF WOLF AND MAN
10. THE GOD THAT FAILED
11. MY FRIEND OF MISERY
12. THE STRUGGLE WITHIN
13. SO WHAT(日本盤のみ収録)
「ブラック・アルバム」と呼ばれる通り、ジャケットは真っ黒で「METALLICA」と蛇が描かれているシンプルなものである。とぐろを巻いた蛇は、アメリカ海兵隊のガズデン旗に由来し、収録曲「ドント・トレッド・オン・ミー」もそれに記された標榜で、日本語で「俺を踏みにじるな」という意味である。
METALLICA自身は、ほんとはジャケットを真っ黒にしたくて、なにも柄を入れたくなかったそうですが、プロモーションの問題で、入れざるを得なかったんですよねぇ
完全な真っ黒で良かった気もしますが・・・

ビルボード・チャートについて

METALLICA

METALLICA

メタリカ初のBillboard 200の1位を獲得し、トップ200に288週チャートイン。シングル「エンター・サンドマン」「ジ・アンフォーギヴン」「ナッシング・エルス・マターズ」も全米トップ40入り。2014年5月には全米累計販売枚数が1600万枚を突破。全世界では現在までに3,000万枚近くを売り上げている。
このアルバムは売れに売れましたからねぇ
高校の時に聴きましたが、どこの学校のコピバンも、ENTER SANDMANをやってた気がします(笑)
懐かしい1枚です。

アルバム『METALLICA』からオススメ厳選5曲!

このアルバムからは「ENTER SANDMAN」「SAD BUT TRUE」「THE UNFORGIVEN」「THROUGH THE NEVER」「NOTHING ELSE MATTERS」の5曲を振り返ってみたいと思います(^^)/

ENTER SANDMAN

Metallica - Enter Sandman [Official Music Video]

作詞・作曲:James、Kirk、Lars
「サンドマン」とはお伽話に出てくる"眠りの精"のことで、子供の目に砂をまき、眠りを誘うと言われている。社会批判などシビアな題材が多いメタリカには珍しく、ファンタジックな内容である。途中、就寝前のお祈りの常套句で、ジェイムズ・ヘッドフィールドの後に続いて復唱している子供の声は、プロデューサーであるボブ・ロックの息子である。
商業的にもメタリカ最大のヒット曲になるのではないでしょうか?
メタルの名曲で、この曲が思いつく方も多いと思います。
そのくらいこの曲は世界中でスマッシュヒットを飛ばしまくりましたよね!

SAD BUT TRUE

Metallica - Sad But True [Official Music Video]

作詞・作曲:James、Lars
自分と「もう1人の自分」との対話を描いており、「悲しいけど本当のこと」と語りかける、非常にネガティブな内容となっている。元ネタは、アンソニー・ホプキンス主演のサスペンス映画『マジック』。
スローテンポな曲ではありますが、非常に重厚感のあるこの曲。
メタルの醍醐味がある曲でした。

THE UNFORGIVEN

Metallica - The Unforgiven (Video)

作詞・作曲:James、Kirk、Lars
このアルバムの凄いところは、この「The Unforgiven」の様なバラード調の曲から、「Enter Sandman」や「THROUGH THE NEVER」の様なスラッシュメタルの王道の曲まで網羅されているところにあるのではないでしょうか?
素晴らしかったですよね!
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

最強!No.1メタルバンド  METALLICA伝説

最強!No.1メタルバンド  METALLICA伝説

最高のメタルバンドMETALLICAについてのまとめです。
デッドマン | 13,397 view
昔と今の恋愛ソングの変遷を探る! 愛の形はどう変わったの?

昔と今の恋愛ソングの変遷を探る! 愛の形はどう変わったの?

時代が変わり、若者を取り巻く恋愛事情が変化すれば、流行る恋愛ソングも変わっていきます。恋愛ソングは、その時代の恋愛価値観がストレートに反映されていると思います。社会情勢や恋愛に必須な連絡用ツールが変わっただけで、恋の叶いやすさは格段に違ってきました。今回は80年代から現代までに流行った恋愛ソングを比較し、それぞれの時代の恋愛観について紐解いていきます。
iVERY | 177 view
【WJ原作】仙界伝 封神演義とは【90年代TVアニメ】

【WJ原作】仙界伝 封神演義とは【90年代TVアニメ】

90年代は週刊少年ジャンプが何度目かの全盛期を迎えた時期がありました。 連載されている数々の作品の中から、原作は小説安能務訳、藤崎竜作の『封神演義』をピックアップしていきます。
maythdo | 221 view
ウォール・ストリート・ジャーナルが選んだ「史上最も人気のあるロックバンド」がこれだ!

ウォール・ストリート・ジャーナルが選んだ「史上最も人気のあるロックバンド」がこれだ!

ウォール・ストリート・ジャーナル紙が選んだ「史上最も人気のある100のロックバンド」。これがなかなか興味深いものになっています。そこから上位10組のバンドをピップアップしました!
obladioblada | 51,099 view
サザン、森高千里、90年代にビールのCMソングに起用された8センチシングル

サザン、森高千里、90年代にビールのCMソングに起用された8センチシングル

アサヒ「スーパードライ」、サッポロ「冬物語」、キリン「ラガー」他、ビールを飲みたくなる懐かしいCM映像とともに紹介します

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト