【アイ・シティ】白熱のサイキックバトルを描いたアニメ!そのストーリー・魅力を紹介!
2021年1月2日 更新

【アイ・シティ】白熱のサイキックバトルを描いたアニメ!そのストーリー・魅力を紹介!

漫画を原作としたOVA・劇場版アニメの『アイ・シティ』。独特の世界観や設定は視聴する者を虜にする魅力があります。そんなアニメ版『アイ・シティ』について、本編動画やストーリー・魅力をご紹介させていただきます。観たことがある視聴者はもちろん、観たことのないユーザーもぜひ記事をご覧になってくださいね。

260 view

『アイ・シティ』とは?

『アイ・シティ』

『アイ・シティ』

原作者 :板橋しゅうほう
     (現在:SYUHO)
出版社 :双葉社
掲載誌 :月刊スーパーアクション
連載期間:1983年~1984年
コミック:全15巻
『アイ・シティ』(AI CITY)は、板橋しゅうほう作の漫画、及びそれを原作としたOVA作品である。
双葉社発行の漫画雑誌『月刊スーパーアクション』(廃刊)誌上にて、1983年6月号から1984年7月号まで連載された。コミックスは双葉社「アクションコミックス」として発行。後に大都社から再刊。
1986年にOVA作品として制作され、当時は東宝系の劇場でも公開されました。
アニメ版『アイ・シティ』

アニメ版『アイ・シティ』

原作者 :板橋しゅうほう
     (現在:SYUHO)
制作会社:東宝
     ムービック
     葦プロダクション
話数  :全1話
本編時間:約86分
今回の記事では、こちらのアニメ版について紹介させていただきます。

アニメ版『アイ・シティ』の本編動画・ストーリー

現代のビル街を舞台に繰り広げられる逃亡劇。探偵のライデンは、組織に追われる男女の様子を見かね、愛車に乗せて逃げるのを手伝おうとします。若き青年の名はケイ、少女はアイ。刺客として二人を追うのは、サイキック能力をもつケイツーと呼ばれる美女でした。
追われて逃げ道を失なったケイとアイは、ケイツーに戦おうとします。ケイもサイキック能力をもっていましたが、額に浮かんだサイキック能力のレベルを示す数値は5、ケイツーの額の数値は20~50、その戦力差は明らかでした。
いよいよケイは追い詰められてしまいますが、アイはケイの手をつないで能力を開放します。
すると、ケイの額のサイキック能力を示す数値は5から急上昇して、とうとう表示は無限大を示す『∞』に。
爆発的にパワーが上がったケイの放ったエネルギーは、ケイツーに直撃し、次元の壁にも亀裂を生じさせるほどの威力を発揮しました。こうして、なんとか難を逃れることができたケイとアイは助けようとしてくれたライデンに事情を明かすのでした。
その内容は、人体実験を繰り返しては人工的にサイキック能力者をつくっている謎の組織『フラウド』の存在、ヘッドメーターズと呼ばれるサイキック能力者たち、そして、アイはヘッドメーターズにとってトリガーの役割をもつ能力者であることなど、驚くべきものばかり。
トリガーとして優れた能力をもつアイを奪還しようと、『フラウド』は次の刺客を差し向け、ケイとアイの逃亡劇はさらに厳しい状況に追い込まれていくのでした…

アニメ版『アイ・シティ』の魅力とは?

遺伝子に言及している設定

https://www.irasutoya.com/2017/05/dna.html (2249727)

現在では一般的にも知られるようになった遺伝子。生物の設計図として細胞のコアに組み込まれているという事実は、多くの人が知るところですよね。しかし、『アイ・シティ』が生み出された1980年代当時は、まだ遺伝子の存在は一般的な知識とはいえなかったはず。
その当時において、遺伝子を大々的に扱っている内容は、時代の流れを先取りしたものといえるでしょう。遺伝子をプログラムとして考え、人工的に書き換えたり、コピーするという表現は当時の感覚では理解しづらいものだったかもしれませんね。
現在では遺伝子の組み換え・コピーが一般的に行なわれるようになったことを考えると、時代が『アイ・シティ』に追いついたのだと思える描写があって面白いです。そのうえで、倫理的に不可能な人体実験というようなテーマに触れているポイントも、手塚治虫さんの作品に見られるような奥深さがあります。

格好良いサイキックバトル

次々とサイキッカーが登場し、主人公と白熱したバトルを繰り広げるのも見応え充分です。
サイキック・超能力の要素を打ち出しているアニメといえば、

『バビル二世』

『超人ロック』

アニメ以外のコンテンツなら、

『帝都物語』

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

1986年に発売され、現在に至るまで野球ゲームの傑作として認知されている「ファミスタ」シリーズについて振り返ってみましょう。
OVA作品【アーバンスクウェア琥珀の追撃】ハードボイルド系アクションの魅力に迫る!

OVA作品【アーバンスクウェア琥珀の追撃】ハードボイルド系アクションの魅力に迫る!

洋画作品でいえば『ダイハード』や『48時間』、アニメなら『ルパン三世』『コブラ』など、ハードボイルド系のアクションものが流行した1980年代。その勢いに乗るように制作されたのがOVA作品『アーバンスクウェア琥珀の追撃』。今回の記事では、その魅力や類似作品との比較をしてみたいと思います。
tsukumo2403 | 169 view
【扉を開けて】美少女&異世界召喚系の劇場版アニメ!ストーリーや魅力・類似作品

【扉を開けて】美少女&異世界召喚系の劇場版アニメ!ストーリーや魅力・類似作品

1986年に劇場公開されたコンテンツで、異世界召喚系アニメの先駆けといえる存在です。知る人ぞ知るといった名作で、この作品自体は有名タイトルではないですが、後世に大きな影響を与えたといっても過言ではありません。今回の記事では、そんな隠れた名作といえる『扉を開けて』のストーリーや魅力・類似作品をご紹介させていただきます。
tsukumo2403 | 1,226 view
OVA【沙羅曼蛇】あの名作ゲームをアニメ化!ストーリーや魅力・類似作品を紹介!

OVA【沙羅曼蛇】あの名作ゲームをアニメ化!ストーリーや魅力・類似作品を紹介!

コナミによって発売された名作ゲーム『グラディウス』。その派生シリーズである『沙羅曼蛇』も爆発的な人気を獲得しました。そんな『沙羅曼蛇』がアニメ化されたのが、今回の記事で紹介するOVA版『沙羅曼蛇』となります。ストーリーや魅力を類似作品と比較しながら振り返っていきたいと思います。
tsukumo2403 | 622 view
OVA版【ヨコハマ買い出し紀行】平穏で静かな終末世界&美少女ロボットの緩い日常!

OVA版【ヨコハマ買い出し紀行】平穏で静かな終末世界&美少女ロボットの緩い日常!

栄華を誇った人類の文明が滅んだかのような世界を舞台に、美少女ロボットの緩い日常を描いたOVA版『ヨコハマ買い出し紀行』。その背景には、海面が上昇したことで水没してしまった街並みが出てきたりと、穏やかな景色に環境問題への風刺を利かせた内容となっています。この機会に、知る人ぞ知る秀作アニメをぜひご覧になってみてください。
tsukumo2403 | 164 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト