「エメラルドドラゴン」「サバッシュ」などの名作RPGを作ったグローディアとは!?
2017年1月24日 更新

「エメラルドドラゴン」「サバッシュ」などの名作RPGを作ったグローディアとは!?

80年代90年代のPCゲーム界で大人気だったグローディアのソフト。「エメラルドドラゴン」「サバッシュ」「バイブルマスター」「ヴェインドリーム」など、冒険心をくすぐられるRPGやSLGを数多く世に出しました。

9,129 view

グローディア(GLODIA)とは?!

グローディア(GLODIA)は、かつて存在した日本のゲームソフト開発会社。
全体的な作品傾向として、ゲーム内におけるシナリオ・イベントに非常に力を注いだものが多い。マップパーツを圧縮することによって得た容量の許す限りに詰め込まれたシナリオと、当時としては破格に美麗なビジュアルシーンを取り入れたイベントは、プレイヤーに強い印象を残した。反面、戦闘システムにおいてオートAIを取り入れることが多く、戦術介入度はあまりない。初期はRPG作品が多く、中でも『エメラルドドラゴン』は大ヒット作となった。
グローディア 初期のロゴ

グローディア 初期のロゴ

当時のPCゲーマーの間では、次々にヒット作を飛ばし、全く外すことのないグローディアは本当に輝かしい存在でした。「ビジュアルRPGの総本山」と呼ばれ、多くのPC雑誌でも、毎回グローディアのゲームの攻略や最新情報が目玉となっていました。

代表作の「エメラルドドラゴン」

『エメラルドドラゴン』

『エメラルドドラゴン』

ジャンル:RPG
開発:グローディア
発売:バショウハウス
発売日:1989年12月12日(PC-8801mkIISR以降版)
『エメラルドドラゴン』 (EMERALD DRAGON) は、バショウハウスとグローディアが開発したコンピュータRPG。略称は『エメドラ』。
まず、パソコン用として1989年にPC-8801mkIISR (PC88) 版とPC-9801VM/UV以降 (PC98) 版が、後年にはX68000 (X68k) 版やMSX2版、そしてFM TOWNS (TOWNS) 版が発売された。その後、メディアワークスの主導によってPCエンジン (PCE) やスーパーファミコン (SFC) などの家庭用ゲーム機にも移植された。
エメラルドドラゴン - 相談画面 -

エメラルドドラゴン - 相談画面 -

相談コマンドが画期的でした。シナリオに行き詰まった時の確認にもなるし、なんといっても魅力的なキャラクター同士の会話が見どころでした。

【HD】 エメラルドドラゴン (オープニング) PC88~8MHz~サウンドボード2 *1080p60fps - YouTube

アニメ調のグラフィックで、これでもかというくらいビジュアルシーンを入れてくるRPGは、他に類を見ないもので、人気の大きな要因でした。もちろん戦闘や謎解き、シナリオなどのゲームとしての要素も本当にしっかりしていて、グローディアの代表作であり、RPGの歴史に残る名作です。

エメドラに次ぐヒット作「ヴェインドリーム」

『ヴェインドリーム』

『ヴェインドリーム』

ジャンル:RPG
開発・発売:グローディア
発売日:1991年7月13日(PC-8801mkIISR以降版)
出典 ameblo.jp
『ヴェインドリーム』(VainDream)は、グローディアから発売されたパソコン用ロールプレイングゲーム。グローディア製RPGの前作『エメラルドドラゴン』に比べると操作性はかなり快適になり、マップも適度な広さになっている。この作品のヒットを受け、後にはシリーズ第2弾『ヴェインドリームII』(IIはローマ数字の2)も発売されたが、世界観やストーリー的には全くの無関係。
ヴェインドリーム -会話-

ヴェインドリーム -会話-

やはり美形キャラの会話シーンは魅力的でした。

【HD】 ヴェインドリーム (オープニング) PC88~8MHz~サウンドボード2 *1080p60fps - YouTube

その名を世に広めた「サバッシュ」

『サバッシュ』

『サバッシュ』

ジャンル:RPG
開発:グローディア
発売元:ポプコムソフト
発売日:1988年12月(PC-8801mkIISR以降版)
『サバッシュ』 (ZAVAS) は、1988年にポプコムソフト(小学館)から発売されたロールプレイングゲーム。開発はグローディア。シナリオは三遊亭圓丈が手がけたが、8割仕事が終わったところで喧嘩して降りたため、パッケージに名前が載っていない。広大なマップと、AIによるオートバトルが特徴。難易度はやや高め。続編として『サバッシュII 〜メヒテの大予言〜』がある。
サバッシュ  -フィールド画面-

サバッシュ -フィールド画面-

いろんな面でシンプルでした。ただ難易度はかなり高く設定されていました。

【HD】 ZAVAS サバッシュ (オープニング) PC88~8MHz~ノーマルサウンドボード *1080p60fps - YouTube

29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

80年代から現在までの「エロゲー」の歴史を徹底解剖した『超エロゲー大全 1982-2021』が好評発売中!!

80年代から現在までの「エロゲー」の歴史を徹底解剖した『超エロゲー大全 1982-2021』が好評発売中!!

マイウェイ出版より、80年代前半から現在に至るまでのエロゲーの歴史を網羅したムック『超エロゲー大全 1982-2021』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 8,007 view
【Xak(サーク】他機種のFM音源に比べて貧弱だったMSXが、もっとも美しい音色を奏でたとされる名作RPG「Xak(サーク)」はPSGの丁寧な「重ね」がスゴイ!

【Xak(サーク】他機種のFM音源に比べて貧弱だったMSXが、もっとも美しい音色を奏でたとされる名作RPG「Xak(サーク)」はPSGの丁寧な「重ね」がスゴイ!

MSXユーザーならばマイクロキャビン社の名作ARPG「Xak(サーク)」に衝撃を受けた人も多いことでしょう。他のパソコンと比して貧弱なゲームサウンドだったMSXが、唯一といっていいほど他を圧倒する音色を奏でたこのゲーム。そんな「Xak(サーク)」MSX版の美麗な音色に、今一度触れてみませんか?
青春の握り拳 | 13,702 view
2つの名作が、1つの新たな名作に【イースⅠ・Ⅱ】PCエンジン版

2つの名作が、1つの新たな名作に【イースⅠ・Ⅱ】PCエンジン版

1989年12月21日、PCエンジンCD-ROM²版として、ハドソンより発売。ジャンルはアクションRPG。前後編であるものの、独立した2つの作品だったオリジナル版イースⅠ、そしてイースⅡ。本作PCエンジン版【イースⅠ・Ⅱ】は、その両作品を1つに繋ぎ合わせ、大幅なバランス調整やPCエンジンCD-ROMならではの演出により、アレンジの強い異色作となった。新たに描かれたイースを舞台に、アドル・クリスティンの冒険が再び始まる。
ダージ | 17,128 view
【訃報】女優・タレントのあき竹城さん死去。トラック野郎・度胸一番星、楢山節考、マルタイの女など

【訃報】女優・タレントのあき竹城さん死去。トラック野郎・度胸一番星、楢山節考、マルタイの女など

女優・タレントのあき竹城(あき たけじょう)さんが15日、大腸がんのため東京都内の病院で亡くなっていたことが明らかとなりました。75歳でした。
隣人速報 | 933 view
アニメ化40周年記念!「魔法のプリンセス ミンキーモモ」シリーズのコンプリート・BD-BOXが発売決定!!

アニメ化40周年記念!「魔法のプリンセス ミンキーモモ」シリーズのコンプリート・BD-BOXが発売決定!!

フロンティアワークスより、映像作品『「魔法のプリンセス ミンキーモモ」シリーズ・コンプリート BD-BOX』の発売が決定しました。発売予定日は12月21日、価格は49500円(税込)。
隣人速報 | 242 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト