【ピンククラウド】ジョニー、ルイス&チャーからはじまった日本のロック・バンド
2016年6月20日 更新

【ピンククラウド】ジョニー、ルイス&チャーからはじまった日本のロック・バンド

 1978年、ジョニー吉長、ルイズルイス加部(加部正義)、チャーによって結成されバンド名もそのまま「ジョニー、ルイス&チャー」であったが、1982年にPINK CLOUD(ピンククラウド)に改名した日本のロック・バンド。チャーさん、ルイズルイス加部(加部正義)さん、ジョニー吉長さん、それぞれ個々の活動にも焦点を当ててみたいと思います。また、息子さんたちのバンド「RIZE」も最後にあります。

11,876 view

ピンククラウド(PINK CLOUD)とは

ピンク・クラウド

ピンク・クラウド

 1978年結成。
 ジョニー、ルイス&チャー (JOHNNY, LOUIS & CHAR)として活動していたが1982年改名、ピンククラウドとなる。1994年解散。現在も交流は続いている。「Charとジョニー吉長」、「ジョニー吉長とルイズルイス加部」といった組み合わせでライブが行われることがあった。2007年3月3人が一緒のステージに出演した。
 音楽的には、シンプルなリフを中心にしたハードロック系の曲が中心だが、アコースティック・ギターをフィーチュアした曲も多数ある。
 曲目をアルファベット順に並べてアルバムタイトルを『INDEX』と名付けるなど、どこかやる気がないような、力が抜けているような姿勢もこのバンドの魅力である。

メンバー

Char(チャー)

Char

Char

ギター、ボーカル。
本名:竹中尚人(たけなか ひさと)。
1955年6月16日生まれ。
ロックバンド、RIZEのJESSEは長男。
 チャーさんについては…
 エマニュエル夫人さんとちいさいおっさん(さん)が記事にされていますので、ぜひ読んでみてくださいね!

Char - Tribute Guitar Fes 2001 Part 2 - YouTube

「B'cuz You Are You」 Hey Jimi
出典 youtu.be
 お父さんに「大きくなったら何になりたい?」と訊かれ、ジミ・ヘンドリックスのポスターを指差した…というチャーさんです。この曲も、どことなくジミぽいギターですよ!
(…昔、ライヴハウスでバイトしていた時に「じみ・へん(地味・変)」(?)さんというギタリストもいらっしゃいましたが…。チャーさんとはまったく関係なかったです…すみません…)

@the____bonez #thebonez #toapersonthatmaysavesomeone #Theboneztour2016 #jesse#zax#tsuyoshi#Naka #jessemcfaddin

A video posted by Yuu illnana913 (@yuuillnana913) on

JESSE(RIZE)

RIZEのJESSEさんはチャーさんの長男。

ルイズルイス加部

ルイズルイス加部

ルイズルイス加部

ベース。
1948年11月5日生まれ。
本名は加部 正義(かべ まさよし)、父はフランス系アメリカ人、母は日本人。
元・ザ・ゴールデン・カップスのメンバー
 1966年、後のグループ・サウンズ(GS)ブームにおける重要なバンドの一つとなるザ・ゴールデン・カップスへ参加、加部は本来ベースだったが、1969年5月にエディ藩の脱退によりギターへ転向(加部はカップス参加前はギタリストだった)。
ザ・ゴールデン・カップス

ザ・ゴールデン・カップス

・現在のメンバー
エディ藩(ギター、ボーカル)
ルイズルイス加部(ベース、ギター)
マモル・マヌー(ドラムス、ボーカル)
ミッキー吉野(キーボード、ボーカル

・旧メンバー
デイヴ平尾(ボーカル)
ケネス伊東(ギター、ベース、ボーカル)
林恵文(ベース)
アイ高野(ドラムス)
柳ジョージ(ベース、ボーカル)
ジョン山崎(キーボード)
 ゴダイゴのイメージが強いミッキー吉野さんがメンバーだったザ・ゴールデン・カップスに、加部さんもベース、ギター両面で参加されていました。ベースもギターも弾けてしまわれる加部さん!
 だからなのでしょうか、ベーシストとして、リードベースとでも言いたくなるような独自スタイルで人気を博していらっしゃいました。

愛する君に - The Golden Cups "1968 - YouTube

DAVE FOREVER!!! ★愛するデイヴにこの曲を捧げます★ 当時はGS全盛期でしたが 、Golden Cupsはそれまでの単なるアイドルグループという存在ではなく横浜ならではのブルージーな実力派異色バンドで、卓越したデイヴのボーカルやエディ藩のギター&ボーカルも然ることながら、特筆すべきはルイズルイス加部...
出典 youtu.be
 当時はGS全盛期でしたが 、Golden Cupsはそれまでの単なるアイドルグループという存在ではなく横浜ならではのブルー­ジーな実力派異色バンドで、卓越したデイヴのボーカルやエディ藩のギター&ボーカルも­然ることながら、特筆すべきはルイズルイス加部氏のベースで、当時彼のプレースタイル­はインパクトを持ちつつもややミュートを効かせ、それはリードベースと称されエレキベ­ースの概念を一新するとてもCOOLなものでした。
YouTube動画の説明を抜粋させていただきました。
58 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 134,756 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 115,728 view
80年代のギタリスト!Char 竹中尚人

80年代のギタリスト!Char 竹中尚人

ギタリストのピークをサッカー選手と同じ20代後半と考えると80年代を代表するギタリストはChar 竹中尚人♪アイドル的売り出し方をされてもロックギタリストの座を死守しました。現在も活躍中♪
1976年に解散してしまった!!日本のバンド・グループ・ユニット!!

1976年に解散してしまった!!日本のバンド・グループ・ユニット!!

1976年に解散した日本のグループ、バンド、音楽ユニットを年代順にまとめてみました。何回も解散と再結成を行っているバンドは始めて解散を発表した年を記しています。
ギャング | 282 view
1978年~1979年に解散してしまった!!日本のバンド・グループ・ユニット!!

1978年~1979年に解散してしまった!!日本のバンド・グループ・ユニット!!

1978年~1979年に解散した日本のグループ、バンド、音楽ユニットを年代順にまとめてみました。何回も解散と再結成を行っているバンドは始めて解散を発表した年を記しています。
ギャング | 4,826 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト