インダストリアル・メタルの先駆者、ナイン・インチ・ネイルズ
2016年11月10日 更新

インダストリアル・メタルの先駆者、ナイン・インチ・ネイルズ

激しい音とは対照的にナイーブな感性を持ったナイン・インチ・ネイルズ。綿密に作りこまれた音をバックに叫ぶようにささやき、ささやくように叫ぶトレント・レズナーの存在は唯一無二の存在といえるでしょう。

1,386 view

Nine Inch Nails

ナイン・インチ・ネイルズ

ナイン・インチ・ネイルズ

出身地:アメリカ合衆国 オハイオ州 クリーブランド
ジャンル:インダストリアル・ロック、ノイズロック、オルタナティヴ、ダーク・アンビエント
活動期間:1988年~
ナイン・インチ・ネイルズは、一般にアメリカのインダストリアル・ロックバンドとして位置づけられていますが、重たく、騒々しいサウンドだけではなく、エレ・ポップの影響を受けた曲や、美しいメロディを持った繊細な曲も多数発表しています。

ナイン・インチ・ネイルズのメンバーは、メイン・コンポーザーであるトレント・レズナーのみで、他のメンバーはアルバム制作ごとに異なっています。
ライブでのメンバーも同様で、アルバム制作後にその都度オーディションや友人の紹介などでメンバーが決められています。

デビューは1989年のシングル「ダウン・イン・イット」で、現在でも活動を行っていますが、その間に発売されたスタジオ・アルバムはわずかに8枚しかありません。

Nine Inch Nails - Down In It

Pretty Hate Machine

1989年発売のデビュー・アルバム「プリティ・ヘイト・マシーン」は、プリンスやジェーンズ・アディクション、パブリック・エナミーの曲をサンプリングしたとされ、ニュー・ウェーヴやヒップホップなどの影響が伺えます。
そのためか、本作はナイン・インチ・ネイルズとしては比較的インダストリアル色が薄く、ポップな内容に仕上がっています。

アルバムは発売当初は話題になることもなく全米75位止まりだったものの、最終的には150万枚を越すセールスを記録しています。
プリティ・ヘイト・マシーン

プリティ・ヘイト・マシーン

1989年リリース

【収録曲】
1. ヘッド・ライク・ア・ホール
2. テリブル・ライ
3. ダウン・イン・イット
4. サンクティファイド
5. サムシング・アイ・キャン・ネヴァー・ハヴ
6. カインダ・アイ・ウォント・トゥ
7. シン
8. ザッツ・ホワット・アイ・ゲット
9. ジ・オンリー・タイム
10. リングフィンガー
今や世界的な成功をおさめているナイン・インチ・ネイルズですが、このときはほとんど知られておらず、このデビュー・アルバムもほとんど話題になることはありませんでした。しかし、当時としては革新的なメタルの要素とコンピュータを組み合わせた音楽は、オリジナリティ、クオリティともに素晴らしく、マリリン・マンソンやコーンといった後進のアーティストに大きな影響を与えていくことになります。

Nine Inch Nails - Head Like A Hole

ナイン・インチ・ネイルズは、ガンズ・アンド・ローゼズのツアーの前座を務めるなど、徐々に活動規模が大きくなっていましたが、レコード会社とのもつれから裁判となり、裁判中のレコーディングが禁止されてしまいます。
その裁判終了後の1992年に新曲6曲プラス2曲のボーナストラックが入ったミニ・アルバム「ブロークン」の発売があったとはいえ、セカンド・アルバムは1994年まで待たされることになります。

The Downward Spiral

圧倒的なパワーで展開する「ブロークン」が話題となり、時代がナイン・インチ・ネイルズに追い付いてきたのでしょう。1994年、5年ぶりに発売されたセカンド・アルバム「ザ・ダウンワード・スパイラル」は全米初登場2位となり爆発的なセールスを記録します。
現時点でナイン・インチ・ネイルズにとって最も売れたアルバムであり、彼らの代表作と見なされています。
ザ・ダウンワード・スパイラル

ザ・ダウンワード・スパイラル

1994年リリース

【収録曲】
1. ミスター・セルフ・ディストラクト
2. ピギー
3. ハラシー
4. マーチ・オブ・ザ・ピッグス
5. クローサー
6. ルイナー
7. ザ・ビカミング
8. アイ・ドゥ・ノット・ウォント・ディス
9. ビッグ・マン・ウィズ・ア・ガン
10. デッド・ソウルズ (ボーナス・トラック)
11. ア・ウォーム・プレイス
12. イレイザー
13. レプタイル
14. ザ・ダウンワード・スパイラル
15. ハート
前作「Broken」が外に向けられた攻撃性なら、これは自傷・自己嫌悪など、自分の内面に向けられた攻撃性。それを徹底的に練り上げ、作品として昇華したものがこのアルバムである。

工場の稼働音のような威圧的なマシン・ビートと、繊細な電子音。極限までディストーションのかかったノイズまみれのギターと、澄んだアコースティックの音色。喉が潰れんばかりの痛々しい絶叫と、穏やかで温かい歌声。
一見矛盾しているように思える両極端な要素が互いに手を取り合い、一つの音楽を奏でている。

Nine Inch Nails - March Of The Pigs (Unclean Live)

陰鬱なムードに包まれたアルバムですが、制作当時のトレント・レズナーの心理状態が1曲目のタイトル「Mr. Self Destruct(ミスター自己破滅願望)」が表しているように思わしいものではなかったようです。

しかも、制作当時購入した家が、「水の中のナイフ」や「ローズマリーの赤ちゃん」などで有名なロマン・ポランスキー監督の奥さんであった女優のシャロン・テートが狂信的なカルト信者に刺され殺害されたところだったそうです。
現在ではこの家は取り壊されていますが、入り口のドアはトレント・レズナーが持ち帰り所有するスタジオのドアとして使っているそうです。
そのドアには、カルト信者がシャロン・テートの血で書いた「PIG」という文字が残っているのだとか。

The Fragile

「ザ・ダウンワード・スパイラル」から5年後の1999年にサード・アルバム「ザ・フラジャイル」が発売され、全米1位を記録しています。

本作は、2枚組全23曲という大作となっており、同じく2枚組であったピンク・フロイドの「ザ・ウォール」をリスペクトしてのものだとか。
1人の主人公の内面を描くコンセプト・アルバムということで確かに共通点が見受けられますね。
ザ・フラジャイル

ザ・フラジャイル

1999年リリース

【収録曲】
ディスク:1
1. サムワット・ダメージド
2. ザ・デイ・ザ・ワールド・ウェント・アウェイ
3. ザ・フレイル
4. ザ・レッチド
5. ウィ・アー・インディス・トゥゲザー
6. ザ・フラジャイル
7. ジャスト・ライク・ユー・イマジンド
8. イーヴン・ディーパー
9. ピルグリミッジ
10. ノー、ユー・ドント
11. ラ・メール
12. ザ・グレイト・ビロウ

ディスク:2
1. ザ・ウェイ・アウト・イズ・スルー
2. イントゥザ・ヴォイド
3. ホエア・イズ・エヴリバディ?
4. マーク・ハズ・ビーン・メイド
5. プリーズ
6. スターファッカーズ,INC.
7. コンプリケイション
8. アイム・ルッキング・フォワード・トゥ・ジョイニング・ユー、ファイナリー
9. ザ・ビッグ・カム・ダウン
10. アンダーニース・イット・オール
11. ライプ
このアルバムこそ90年代最高傑作アルバムだ。
ここまで音が作り込まれた音楽は他にない。
歌を重視したものから、壮大なインストまで、全ての曲がありとあらゆる「音」に満ちている。
インダストリアルなんて言葉で表現できない。
トレントレズナーという一人の男の才能が凝縮されている傑作。
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

バンドの世界観を確立し、多くのロックファンに影響を与えたバンド『ナンバーガール』

バンドの世界観を確立し、多くのロックファンに影響を与えたバンド『ナンバーガール』

このバンドを1度聴いたら好きにならずにいられない!!解散してしまったが、インディーズ界でも影響をもたらした伝説のバンドです。
星ゾラ | 14,020 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト