小学生だったので『釣りキチ三平』と小学館入門百科シリーズ『つり入門』『川釣り入門』『海づり入門』『ルアーつり入門』から釣りを学びました
2015年11月11日 更新

小学生だったので『釣りキチ三平』と小学館入門百科シリーズ『つり入門』『川釣り入門』『海づり入門』『ルアーつり入門』から釣りを学びました

1970年代から80年代にかけて釣りに関しては漫画・テレビアニメ『釣りキチ三平』と小学館入門百科シリーズ『つり入門』『川釣り入門』『海づり入門』『ルアーつり入門』から釣りを学びました。仕掛けを作ったり、釣りに行くのも、釣り具屋に行くのも楽しかった日々にタイムトリップしていきましょう。

13,873 view

漫画・テレビアニメ『釣りキチ三平』(漫画:1973年から、テレビアニメ:1980年4月7日から1982年6月28日)

漫画・テレビアニメ『釣りキチ三平』(漫画:1973年か...

漫画・テレビアニメ『釣りキチ三平』(漫画:1973年から、テレビアニメ:1980年4月7日から1982年6月28日)

『釣りキチ三平』(つりキチさんぺい)は、矢口高雄による日本の漫画作品。また、それを原作としたアニメ作品。1973年から10年間、『週刊少年マガジン』(講談社)に連載され、当時の看板作品のひとつであると共に、自然派漫画の代表的存在であった。『週刊少年マガジン』では長編を、『月刊少年マガジン』(講談社)では短編を同時連載していた。続編や単発の読み切り作品もたびたび発表されている。

魚釣りが大好きな「釣りキチ」(「釣りキチガイ」の略、つまり熱狂的に釣りが好きな人のこと)少年三平が、日本中、世界中のさまざまな魚釣りに挑戦する釣り漫画である。矢口高雄の代表作となっている。韓国、台湾、イタリアでも出版され、特にイタリア語ではオリジナルソングも作られた。現地のタイトル名は「SAMPEI」。

作者自身が幼少の頃からの釣り好きであり、作中に出てくる魚は「幻の怪魚」の類を除けば、ほとんど全て(釣っていない魚はムツゴロウとアカメの二種のみ)を実際に作者自身が釣っているため、その写実的な釣りの描写に特徴がある。また、初挑戦の三平がその釣りを体験していくのに合わせ技術的な説明が随所に加えられるため、釣りの疑似体験、あるいは入門書としても通用する。

『釣りキチ』いう題名の中にある『キチ』という言葉が、きちがいを短くした物という意味もあり、現在では差別用語・放送禁止用語とされている傾向から、一時期言葉狩りの対象となった。

主人公の名前「三平三平」は、姓の三平は大毎オリオンズの三平晴樹、名の三平は漫画家の白土三平から、「魚紳」の名前は銀行員時代に作者が知り合った釣り雑誌のライターでもある釣り師「加藤魚紳」から取っている。

昭和時代の『三平』を終わらせた理由として「他のテーマの漫画を描いておきたい」ということで「封印」したとのこと。終了後もファンからのアンコールが多く、2000年の「漫画家生活30周年パーティー」の時に祝福として受けた。

TVアニメ版『釣りキチ三平』(1980年4月7日から1982年6月28日)
1980年4月7日から1982年6月28日まで、フジテレビ系にてテレビアニメが放送された。制作は日本アニメーション。全109話。放送時間などの関係で内容の短縮や登場人物が異なる場合もあるが、基本的には原作を忠実にアニメ化している。ただし『湖の殺し屋ブラックバス』(73話)や『ワカサギの氷穴釣り』(82話)など、原作から大幅に脚色が加えられたエピソードや、『驟雨のオトリアユ』(62話)のように2つのエピソード(『鮎の夏』のPART 1とPART 2)を融合したものもある。
2009年1月よりテレビ東京にて、実写版映画公開記念として火曜深夜25:30から傑作選が放送された。放送順は順不同で、映画宣伝情報をインサートするためエンディングはカットされている。
(出典:Wikipedia「釣りキチ三平」)

エンディングテーマ - 『俺は釣りキチ三平だ』 - YouTube

エンディングテーマ - 『俺は釣りキチ三平だ』
作詞 - 石坂まさを / 作曲・編曲 - 曽根幸明 / 歌 - MOJO(富田伊知郎)
(レーベル - CBS・ソニー)

『釣りキチ三平』の主要登場人物

三平 三平(みひら さんぺい)

三平 三平(みひら さんぺい)

物語の主人公。11歳(時により9 - 15歳前後として描いているとのこと)。大きな麦わら帽子がトレードマーク。印象的な東北弁で喋り、素朴で明るい性格の少年。だが、釣りのこととなると目つきが変わる何よりも釣りが大好きな「釣りキチ」の少年。自然の残る秋田の山間の村に住み、あちこちに出かけてはさまざまな釣りに挑戦する。経験こそまだ乏しいものの、釣りに関しては一流のセンスを発揮し、周囲の大人からも一目置かれている。時に幻の魚や、伝説の主(ぬし)と呼ばれる大魚などにも挑戦し、困難な問題には工夫をこらして対処し釣り上げてしまう。作中、さまざまなライバルや仲間にも出会いながら人間的にも成長していく。
祖父の三平一平との二人暮らし。両親や兄弟の記憶がほとんどない三平にとって魚紳は父とも兄とも慕う存在であり、突き放された時には思わず崩れ落ちるほどのショックを受けていた。また、祖父の死後、決して人前で泣かなかった三平がその姿を見てこらえきれずに泣き出してしまった事を考えると、精神的にかなり魚紳に依存する所があったと窺える。家族がいないことは、三平にとってかなりのコンプレックスとなっているようで、父親のついているライバルに負けまいとするあまり、釣りの途中で自分を見失った事もある程である。
学校に通っている描写がないことをよく世間のネタにされるが(作者曰く「三平の授業風景を描いても面白くないから」とのこと)、昭和版の最終話で中学時のテスト答案が公開され、数学と理科といった理系科目が得意であったことが明らかにされている。
(出典:Wikipedia「釣りキチ三平」三平 三平(みひら さんぺい))
三平 一平(みひら いっぺい)

三平 一平(みひら いっぺい)

三平の祖父。釣りの技術は一級品で、三平の釣りの師でもあり、両親のいない三平の親代わりでもある。釣竿職人としても名が知られており、その手によって作られた竿は「一平竿」と呼ばれ、多くの釣り人の間で有名だった。もっとも本人は実用を離れたブランドとしての竿には興味はなく、「床の間に飾れる竿を作れ」と注文された際には怒鳴って追い返したこともある(第2章 『カルデラの青鮒』)。
不幸な事故によって孫と嫁(三平の兄と母)を亡くし、悲しみにくれて一時は彼らの命を奪った溜池を埋めようとまで考える。しかし、その溜池は同時に村人の生活を支えている事、池を埋めたところで2人の命が返ってくるわけではない事に気づき、三平を水を恐がらない強い子に育てようと誓う。この決意が、後の天才釣りキチ少年を誕生させるきっかけとなる。
連載の最終章で、手製の竿を手にしたままの姿で老衰死を迎える。77歳の初冬のことである。故人を慕っていた村人達によってその葬儀は盛大に行われ、出棺の際には釣り仲間達の釣竿の林の中で見送られた。
作者の祖父が気難しい人であったため、それとは逆に温厚で誰からも尊敬される作者の理想的老人として描かれていた。
(出典:Wikipedia「釣りキチ三平」三平 一平(みひら いっぺい))
懐かしい「竹の延べ竿」

懐かしい「竹の延べ竿」

1970年代はグラスファイバーのロッドが中心。カーボンロットは非常に高かった。
鮎川 魚紳(あゆかわ ぎょしん)

鮎川 魚紳(あゆかわ ぎょしん)

釣り大会が行われた三日月湖で出会った釣り師。「風来坊釣り師」として名を馳せている。大会の後、同じ三日月湖で三日月湖の主釣りで競うも三平が勝利を収める。その後再会してからは日本国内外で何度となく行動を共にし、三平から兄と慕われるほどの仲となり現在に至る。
フェンシングではオリンピックに出場できるほどであり、基本的にスポーツ万能。学業も優秀で弁護士の資格も持っている。常にサングラスをかけているが、それは少年時に父の釣りに同行した際の事故で右目を失明したため。右頬の傷もその時のものである。鮎川財閥の御曹司だが、父に失明に対する気遣いをさせまいと早くに家を出た。イシダイ編にて故郷に帰還した際に両親と再会し、わだかまりは解消されたようである。
三平の能力を高く評価し親身に接するが、キャスティングの技に夢中になるあまりその危険性を無視した時など人として好ましくない行動を取った時には厳しく叱り、突き放す事もあった。三平の釣りの技はのびのびとありのままに育てるべきと考えており、必要以上にテクニックを教える事もない他、他者からの教育の申し出を断る事もある。
『祈願 日本一周釣行脚』と書かれたフィッシングベストを愛用していたが、物語最終章で全国釣りキチ同盟が開催されたことで祈願達成、その後は着用しなくなった。自家用車は、昭和版では三菱・ギャランΣだったが、平成版ではスバル・フォレスター(矢口高雄作品だけで構成されている雑誌・個人雑誌の裏表紙にはスバル・フォレスターの広告が入っている)。「実戦」での釣技にこそ価値があると考え、実際に魚を釣るわけではないキャスティング大会等を「ママゴト遊び」と軽蔑している。
昭和版の最終話にて、三平の父親が記憶を取り戻して戻ってくるまで祖父・一平の代わりに三平と共に暮らすことを決意する。その際に、三平とともに三日月湖で出会った女性・愛子に求婚し、婚約する。平成版でも結婚はしておらず愛子とは婚約状態である。
登場当初はやさぐれた風来坊の様相で釣りの合間にウイスキーをラッパのみする人物であったが、女子中学生や高校生からのファンレターが多く来たことから、10巻以降は極めて紳士的な人物に変更された。
(出典:Wikipedia「釣りキチ三平」鮎川 魚紳(あゆかわ ぎょしん))
愛子(あいこ)

愛子(あいこ)

三平と魚紳が初めて会った三日月湖に居合わせた娘。三日月湖での三平と魚紳との釣り勝負では、三平の協力者となる。その後、作中には登場していないが三平宅には自家用車でよく面倒を見に来ていたようだ。最終章で再登場し、三日月湖以来魚紳と文通など交際をしており、プロポーズされていたことが明らかとなる。平成版で割烹着でミニクーパーを乗りこなす姿が見られる。
(出典:Wikipedia「釣りキチ三平」愛子(あいこ))
魚紳さんと愛子さんは、文通など交際をしており、愛子さん...

魚紳さんと愛子さんは、文通など交際をしており、愛子さんはプロポーズされていた。女性を選ぶ目も確かな魚紳さん。

高山 ユリ(たかやま ユリ)

高山 ユリ(たかやま ユリ)

三平の隣に住んでいる2つ年上の少女。姉弟のように育った幼馴染であり、毎度の喧嘩友達でもある。互いを憎からず想っているが、自覚はしていない様子である。三平はユリッペ、ユリは三平をサンちゃんと呼んでいる。父は安蔵。母はタカ。
(出典:Wikipedia「釣りキチ三平」高山 ユリ(たかやま ユリ))

テレビアニメ『釣りキチ三平』第3話から第5話「カルデラの青鮒」 巨大な青いヘラブナ釣り

テレビアニメ『釣りキチ三平』第3話「カルデラの青鮒1 ...

テレビアニメ『釣りキチ三平』第3話「カルデラの青鮒1 青い沼のミステリー」

漫画『釣りキチ三平』第2巻 1974年02月 第2章 カルデラの青鮒
テレビアニメ『釣りキチ三平』第4話「カルデラの青鮒2 ...

テレビアニメ『釣りキチ三平』第4話「カルデラの青鮒2 幻の青いウロコ」

漫画『釣りキチ三平』第2巻 1974年02月 第2章 カルデラの青鮒
テレビアニメ『釣りキチ三平』第5話「カルデラの青鮒3 ...

テレビアニメ『釣りキチ三平』第5話「カルデラの青鮒3 挑戦!青い巨ベラ」

漫画『釣りキチ三平』第2巻 1974年02月 第2章 カルデラの青鮒
テレビアニメ『釣りキチ三平』第5話「カルデラの青鮒3 ...

テレビアニメ『釣りキチ三平』第5話「カルデラの青鮒3 挑戦!青い巨ベラ」

漫画『釣りキチ三平』第2巻 1974年02月 第2章 カルデラの青鮒

GO!GO!九ちゃんフィッシング #117 「参戦!へら鮒釣り大会 前篇」 - YouTube

▼内容
魚釣りをやったことがない人、始めたばかりの人、寝ても覚めても釣りのことばかり考え­ている釣り大好きさんも。
誰もが楽しめちゃう新感覚の釣り番組!
前回へら鮒ハンターに弟子入り、みっちりと教えてもらったハルちゃん。
すっかりへら鮒釣りが好きになって、自称ハンターとして「ペアへら鮒釣り大会」に参戦­することになりました。
初心者から愛好家まで、老若男女が100組以上も参加する本大会。
みな真剣な表情でスタートの合図を待っています。
ところで、ペアということは?ハルちゃん誰と組むのかな?
「ビッグマウスと言われないように、マジで表彰台を狙いに行くよ!遼ちゃん、準備はオ­ーライ?!」

▼出演者
香月ハル、江藤 遼
懐かしいヘラブナ向き練り餌のロングセラー:マルキュー「...

懐かしいヘラブナ向き練り餌のロングセラー:マルキュー「青べら」「赤ベラ」

基本はグルテン系が中心。当時はクロレラが入ったクロレラマッシュ、グルテン系もたくさんの種類の練り餌がありました。

テレビアニメ『釣りキチ三平』第6話から第8話「三日月湖の野鯉」 巨大な野鯉釣り

テレビアニメ『釣りキチ三平』第6話「三日月湖の野鯉1 ...

テレビアニメ『釣りキチ三平』第6話「三日月湖の野鯉1 お化けカッパの正体」

第4巻 1974年09月 第4章 三日月湖の野鯉 前編
57 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ミドルエッジ女子必見!あの「クリィミーマミ」の公式スピンオフ漫画が連載中!単行本がついに発売!!

ミドルエッジ女子必見!あの「クリィミーマミ」の公式スピンオフ漫画が連載中!単行本がついに発売!!

ミドルエッジ女子御用達のアニメ「魔法の天使 クリィミーマミ」のスピンオフ漫画「魔法の天使 クリィミーマミ 不機嫌なお姫様」の単行本第1巻がついに発売!
隣人速報 | 1,675 view
「映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~」が現在大ヒット公開中!青山ひかるの胸元丸出しのニットに注目!!

「映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~」が現在大ヒット公開中!青山ひかるの胸元丸出しのニットに注目!!

ミドル世代であれば誰もが一度は読んだことがあるであろう「ふたりエッチ」の実写映画「映画版 ふたりエッチ ~ダブル・ラブ~」が、東京・シネマート新宿ほかで現在大ヒット公開中です。
隣人速報 | 6,625 view
幻の大魚をバシバシ釣ってしまう天才小学生が繰り広げるフィッシング漫画「釣りキチ三平」が面白い!

幻の大魚をバシバシ釣ってしまう天才小学生が繰り広げるフィッシング漫画「釣りキチ三平」が面白い!

1973年から約10年間「週刊少年マガジン」に連載された大人気釣り漫画「釣りキチ三平」!1980年からはフジテレビでテレビアニメとして放送もされ、子供たちに釣りブームを起こした「釣りキチ三平」について語りましょう!
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
『美少女戦士セーラームーン』25周年記念、初のクラシックコンサート開催決定!!

『美少女戦士セーラームーン』25周年記念、初のクラシックコンサート開催決定!!

『美少女戦士セーラームーン』誕生25周年企画の一環として、8月2・3日に東京芸術劇場コンサートホールでクラシックコンサート『美少女戦士セーラームーン25周年記念 Classic Concert』を開催することが決定した。
red | 499 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト