結成50周年を越えた超老舗レゲエバンド:インナーサクルってすごい!
2020年6月14日 更新

結成50周年を越えた超老舗レゲエバンド:インナーサクルってすごい!

インナー・サークル(Inner Circle)といえば、このバンドきっかけでレゲエを知った人も多かったはず。「ズンチャ・ズンチャ〜」と一定のリズムがなんとなく耳について、軽い感じの歌声が、ゴキゲンなパーティソングというイメージではないでしょうか。ジャマイカの老舗レゲエバンド、インナー・サークルのヒット曲をまとめました。

221 view

結成50年以上のバンドってどんなバンド?

1968年にイアン・ルイス(Ian Lewis)、ロジャー・ルイス(Roger Lewis)の兄弟によりジャマイカの首都キングストンで活動を開始しました。

その後、ジャマイカでは天才少年シンガーとして有名で、すでに楽曲も発表しいて人気だったジェイコブ・“キラー”・ミラー(Jacob "Killer" Miller)をボーカルに迎え、1974年に『ロック・ザ・ボード(Rock the Boat )』でデビューしました。

1976年には大手レコード会社キャピタルレコードと契約を結びました。

1978年にはアイランドレコードより出したアルバム『エヴリシング・イズ・グレイト(Everything Is Great)』はU.K.チャート20位とヒット。

プロのレゲエバントとして、ヒット曲と知名度が上がりつつあったところ、1980年3月にジェイコブ・ミラーを自動車事故で失い、しばらく活動休止状態となりました。
 (2200421)

世界的ヒットを連発!

1985年にドラマーのランスロット・ホール(Lancelot Hall)を迎え活動を再開する。

1987年にはカールトン・コフィ(Calton Coffie)がボーカルとして加入した。

1993年にリリースしたアルバム『バッドボーイズ(Bad Boys)』は、はアルバムタイトルとなった曲「Bad Boys」が、アメリカのFOXチャンネルで放映された『COPS(全米警察24時 コップス)』の主題歌となりアメリカのみならず世界的ヒットとなりました。

COPSは、リアリティーショーの走りともいえるスタイルで、カメラマンやスタッフが本物の警察のパトカーの助手席に同乗し、事件現場に向かうスタイルで、大変人気になりました。

インナー・サークルのイアンは、この番組のことを初めは、リアリティーあるドラマだと思っていただとか。

このアルバムには、もう一曲、「Sweat( A LA LA LA LA LONG)」が収録されていました。この曲は、「アララララロン〜アララララロン〜」とレゲエを知らない人でも一度は聞いたことのある曲です。

このSweatは、実は1992年にヨーロッパ限定で発売されたアルバム「Bad to the Born」に収録されていて、先にヨーロッパで大ヒットしました。

ドイツやオランダ、スイスではランキング1位を獲得していました。
 (2200339)

1993年にリリースされた「Bad Boys」にも、Sweatは収録され、Bad Boys とともにヒットしました。

このヒットにより彼らは、グラミー賞をレゲエ部門で受賞しました。

さらにこの曲は、更に1995年に公開されたウィル・スミスの映画出世作となった同名タイトルの『Bad Boys(バッドボーイズ)』にも主題歌として起用されました。
 (2199735)

劇中でもウィル・スミスとマーティン・ローレンスがこの曲を歌うシーンがありました。

ちなみに、この『Bad Boys』は、『アルマゲドン』などで有名なマイケル・ベイ監督のデビュー作で有名です。
映画『バッドボーイズ』は2003年に2作目も作られ、2020年1月に17年ぶりに『Bad Boys For Life(バッドボーイズ フォーライフ)』として、3作目が作られ、キャストはそのまま、ウィル・スミスとマーティン・ローレンスが務めました。

メンバーが入れ替わっても続けてきた50年


残念ながら、ヴォーカルのカールトン・コフィは1994年、病気療養のため長期休暇を余儀なくされ、1995年に脱退しました。

翌1996年からはクリス・ベントレー(Kris Bentley)がボーカルとしか加入しました。

現在のメンバーは、

イアン・ルイス(ベースギター)
ロジャー・ルイス(リズムギター)
トゥーター・ハーヴェイ(キーボード、バックヴォーカル)
ランスロット・ホール(ドラムス)
クリス・ベントレー(ヴォーカル)

です。

メンバー最年長は、ルイス兄弟の兄ロジャー・ルイスで、2020年現在、御年67歳になるとのことです。

現在も活動中で、インスタライブを開催したりしてまだまだ現役です。

メンバーの入れ替わりはありましたが、さすが結成52周年目の現役バンド、すごいですね。

レゲエ入門ならこちらもチェック

19 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽男性編】カラオケで高音ボーカルに挑戦して玉砕!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。そして楽曲を聴いて、カラオケで挑戦しては玉砕した私たち。あれもこれも原曲キーで歌えたらどんなに気持ちいいか、なんて思いましたね。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 156,662 view
【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

【高音ボーカリスト・邦楽女性編】どこまでも続くハイトーンボイス!カラオケで歌える女性に惚れた!そんな経験ありませんか?高音域を攻めるアーティストたち。

80年代から90年代、日本の音楽シーンでは高音域を歌うアーティストが次々に登場しました。可聴領域の限界に近いんじゃないか?なんて感覚にすらさせられたハイトーンボイスの数々、カラオケで歌える女性には驚嘆したものです。そんなアーティストたちの表現する高音域を示しているサイトが「音域.com」。こちらのサイトを拝見し、あの頃によく聴いてよく歌ったアーティストたちの平均高音域をみていきましょう。
青春の握り拳 | 150,889 view
【訃報】ハードロックバンド「ヴァン・ヘイレン」のギタリスト、エディ・ヴァン・ヘイレンさん死去。

【訃報】ハードロックバンド「ヴァン・ヘイレン」のギタリスト、エディ・ヴァン・ヘイレンさん死去。

「ヴァン・ヘイレン」でギタリストを務めるエディ・ヴァン・ヘイレン(エドワード・ヴァン・ヘイレン)さんが、癌のため10月6日に亡くなっていたことが明らかとなりました。65歳でした。
隣人速報 | 1,242 view
往年のヒット曲のセルフカバーも収録!WANDSが21年ぶりのアルバム『BURN THE SECRET』を発表!!

往年のヒット曲のセルフカバーも収録!WANDSが21年ぶりのアルバム『BURN THE SECRET』を発表!!

90年代に「もっと強く抱きしめたなら」「時の扉」などのヒットを連発したロックバンド・WANDSが、21年ぶりとなる6枚目のオリジナルアルバム『BURN THE SECRET』を発売することが明らかとなりました。
隣人速報 | 593 view
元祖イケメンドラマー「ザ・ゴールデンカップス」のマモル・マヌーさん死去。長い髪の少女、愛する君になど

元祖イケメンドラマー「ザ・ゴールデンカップス」のマモル・マヌーさん死去。長い髪の少女、愛する君になど

60年代後半のグループサウンズを代表するバンドのひとつ「ザ・ゴールデン・カップス」でドラマー兼ボーカルを務めたマモル・マヌー(本名:三枝守、さえぐさ まもる)さんが9月1日、心筋梗塞のため亡くなっていたことが明らかとなりました。
隣人速報 | 539 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト