70年代のロックが好きならこれを聴け!マイケル・シェンカーを輩出したブリティッシュ・ハードロックバンド“UFO”
2017年11月16日 更新

70年代のロックが好きならこれを聴け!マイケル・シェンカーを輩出したブリティッシュ・ハードロックバンド“UFO”

ギターヒーローと言う呼び方がピッタリなマイケル・シェンカーがUFOに参加したのは、なんと若干17歳の時です!70年代のロック好き、特にブリティッシュ・ハードロック好きには避けて通ることが出来ないマイケル・シェンカー在籍時のUFOをご紹介します。

1,198 view

UFO

 (1941201)

出典 zrockr.com
UFOと言っても謎の空飛ぶ円盤ではありません。ゲームセンターにあるやつとも違います。70~80年代にレッド・ツェッペリンやディープ・パープルと並んで人気を集めたイングランド出身のブリティッシュ・ハードロックバンドです。

UFOはギターヒーローと呼ぶに相応しいマイケル・シェンカーを輩出した事でも知られていますが、やはりこの時期は勢いがあります。ロック魂を熱くさせます。

ということで、マイケル・シェンカー在籍時のUFOをご紹介します。

マイケル・シェンカー

マイケル・シェンカーは、天才ギタリストと呼ぶよりも、やはりギターヒーローと呼んだ方が相応しいように思います。勿論、天才には違いないのですが!
マイケル・シェンカー

マイケル・シェンカー

生誕:1955年1月10日
出身地:西ドイツ
活動期間:1972年 - 現在
マイケル・シェンカーのキャリアは、実のお兄さんがスコーピオンズのリーダー(ルドルフ・シェンカー)ということもあって、スコーピオンズのデビューアルバム「恐怖の蠍団」にリード・ギターとして参加したことから始まります。
マイケル・シェンカー、その時若干17歳です。

UFOに参加するのは1973年6月のことで、マイケル・シェンカー18歳。UFO参加後の初アルバム「現象」は翌年に発売されています。
脱退は1978年ですから5年ほどしかUFOでは活動していないのですが、ロックファンに強烈な印象を残しています。

Phenomenon

UFOとしては4枚目のアルバム「現象」。ここからマイケル・シェンカーのギターヒーロー伝説が始まります。
現象

現象

1. オー・マイ
2. クリスタル・ライト
3. ドクター・ドクター
4. スペース・チャイルド
5. ロック・ボトム
6. トゥー・ヤング・トゥー・ノー
7. タイム・オン・マイ・ハンズ
8. ビルト・フォー・コンフォート
9. リップスティック・トレーシス
10. クイーン・オブ・ザ・ディープ
音的にはハードロックというよりも、ハードな音のロックといった感じがします。イギリスのバンドらしく陰影に富んでいて生ギターを効果的に使った曲も入っています。

UFO [live'74] Rock Bottom

Force It

1975年の「フォース・イット」ではマイケル・シェンカーも慣れてきたのか、前作に比べると随分キャッチーなフレーズが増えています。
フォース・イット

フォース・イット

1. レット・イット・ロール
2. シュート・シュート
3. ハイ・フライヤー
4. ラブ・ロスト・ラブ
5. アウト・イン・ザ・ストリート
6. マザー・メアリー
7. トゥー・マッチ・オブ・ナッシング
8. ダンス・ユア・ライフ・アウェイ
9. ジス・キッズ(インクルーディング)ビトウィーン・ザ・ウォールズ
元テンイヤーズアフターのキーボード奏者チック・チャーチルの参加が音にバリエーションを持たせる結果になっていますね。
因みに本作は初めて71位ながらアメリカン・チャートに顔を出しています。

UFO [ SHOOT, SHOOT ] [II] LIVE, 1976.

No Heavy Petting

UFOは1976年の「ノー・ヘヴィ・ペッティング」から正式にキーボード奏者を加入させています。前作で手ごたえを掴んだのでしょうが、キーボード奏者はチック・チャーチルではなく結果1年ほどで解雇されることになるダニー・ペイロネルです。
ノー・ヘヴィー・ペッティング

ノー・ヘヴィー・ペッティング

1. ナチュラル・シング
2. アイム・ア・ルーザー
3. キャン・ユー・ロール・ハー
4. ベラドナ
5. リーズンズ・ラヴ
6. ハイウェイ・レイディー
7. オン・ウィズ・ジ・アクション
8. ア・フール・イン・ラヴ
9. 火星の風景
37 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

名曲ばかり!ハードロックの王道“ディープ・パープル”の70年代を日本で発売されたシングルで振り返ります

名曲ばかり!ハードロックの王道“ディープ・パープル”の70年代を日本で発売されたシングルで振り返ります

ハーロックといえば、ディープ・パープル。70~80年代のバンド小僧にとってはお手本のバンドでもありました。そのディープ・パープルの黄金期といえばやはり70年代。現在でも活動を続けている彼等ですが、70年代に日本でリリースされたシングルは代表曲の目白押しです。熱い思いを込めて振り返ります!
obladioblada | 1,726 view
よしだたくろう が吉田拓郎になるまでの5年間。この僅か5年間で日本の音楽シーンは塗り替えられてしまいます

よしだたくろう が吉田拓郎になるまでの5年間。この僅か5年間で日本の音楽シーンは塗り替えられてしまいます

よしだたくろう はデビューしてからの5年間で、日本の音楽シーンを見事なほどに塗り替えてしまいます。それまでのフォークシンガーには成し得なかったポピュラリティを獲得し、アイドルのような存在となり、そして、大人社会にフォークは商売になると知らしめたのです。
obladioblada | 7,138 view
70年代にアルバート・ハモンドが歌った美しいメロディは、今でもひっそりと日本のアーティストの楽曲の中に潜んでいます

70年代にアルバート・ハモンドが歌った美しいメロディは、今でもひっそりと日本のアーティストの楽曲の中に潜んでいます

70年代前半のアルバート・ハモンドはそれはもう光り輝いていましたが、今ではあまり語られることがなくなったように思えます。しかし、彼が生み出した美しい曲は多くの人の心に今も残っているんです。若い世代がリスペクトしちゃってますからね。
obladioblada | 214 view
【70年代歌手】独特の訛りとキャラクターで歌手として活躍した演歌歌手、新沼謙治

【70年代歌手】独特の訛りとキャラクターで歌手として活躍した演歌歌手、新沼謙治

数々の歌手を輩出したマンモスオーディション番組「スタ誕」から出てきた男性歌手、新沼謙治。その独特な雰囲気と特徴のある東北訛りでアイドルのような活躍で一躍トップスターとなった新沼謙治の全てを知りたい!
梅宮辰夫といえばプレイボーイで女を泣かす男の不良番長シリーズ。個性強すぎの歌がまた魅力。

梅宮辰夫といえばプレイボーイで女を泣かす男の不良番長シリーズ。個性強すぎの歌がまた魅力。

君は辰兄ぃの「不良番長」を知っているか?!そして、恐ろしいという言葉さえ浮かぶ辰兄ぃが歌う「番長シャロック」を知っているか?!ブルースもロックも数え唄も、全てを一瞬にして演歌に変えてしまう男、それが辰兄ぃこと梅宮辰夫だ!
obladioblada | 1,866 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト