2度も役者に捨てられたポーラの前に現れたのは、役者の男エリオット。今度はどうなる?映画「グッバイガール」
2017年1月26日 更新

2度も役者に捨てられたポーラの前に現れたのは、役者の男エリオット。今度はどうなる?映画「グッバイガール」

役者の男に捨てられたポーラと娘のルーシーが、ひょんなことから同居することになったエリオットは、またしても役者でした。ニール・サイモン脚本、ハーバード・ロスが監督を務め、ゴールデングローブ賞作品賞も受賞したロマンチック・コメディ映画「グッバイガール」を振り返ります。

4,445 view

映画「グッバイガール」とは

『グッバイガール』(The Goodbye Girl)は、1977年のアメリカ合衆国の映画。
マンハッタンを舞台に、貧乏役者と子連れのダンサーが結ばれるまでをコメディ・タッチで描いたロマンティック・コメディである。主演のリチャード・ドレイファスはこの作品でアカデミー主演男優賞とゴールデングローブ賞主演男優賞(ミュージカル・コメディ部門)などを受賞した。
ニール・サイモンの計算され、洗練された脚本を、「チップス先生さようなら」、「愛と喝采の日々」のハーバード・ロスが監督しています。

映画「グッバイガール」のあらすじ

ポーラと娘のルーシーは、買い物から帰ってきて、同棲している役者のトニーの置手紙を見つけます。トニーの映画出演のために、3人でハリウッドに行く予定でしたが、トニーは別の映画に出るためにイタリアに行くと置手紙だけを残して、出て行ってしまったのです。ルーシーの父親も、トニーも役が付くとポーラとルーシーを置いて出て行ってしまいました。
ポーラとルーシー

ポーラとルーシー

ハリウッドの話をしながら買い物から戻ったポーラとルーシーを待っていたのは、別の映画に出るためにイタリアに行くという、トニーの置手紙でした。

真夜中の訪問者

急な出来事に嘆き悲しむポーラですが、生活のためにダンサーの仕事を探しに出かけます。家に戻る途中で家主に会います。入居者が決まったから早く出ていくように言われ、訳が分からず混乱するポーラですが、夜中の1時過ぎにやってきたのは、役者のエリオットでした。
ポーラとエリオット

ポーラとエリオット

真夜中にやってきたのは、雨でずぶ濡れの男エリオットでした。

同居生活の始まり

何としても居座ろうとするポーラは、追い返そうとしますが、エリオットはトニーに家賃は支払い済みだと、受け取りを見せます。雨の中追い出されても行く場所の無いエリオットは、アパートの前の電話ボックスから電話をかけてきます。
しぶしぶ中に入れたポーラに、エリオットはしばらく同居することを提案します。
話し合うポーラとエリオット

話し合うポーラとエリオット

ポーラは、同居にあたっての条件を並べますが、家賃を払ったのは自分だとして、逆にエリオットに条件を出されてしまいます。
エリオットは、眠れないと夜中にギターを弾きはじめ、朝にはお香をたき読経で瞑想を始めます。あまりにも風変わりなエリオットですが、ルーシーはどこか楽しんでいるようです。
翌日にダンサーのオーディションを控えたポーラは、その夜ほとんど眠ることができませんでした。
真夜中にギターを弾くエリオット

真夜中にギターを弾くエリオット

夜中の3時にギターを弾き始めたエリオットに、注意をしようと部屋に行くと、裸でギターを弾いていました。

ポーラとエリオットの悩み

ポーラは、生活のためにダンサーのオーディションを受けますが、若手のダンサーと比較されてうまくいきません。仕方なく仲間から紹介されたモーターショーの仕事に一緒に応募します。
一方エリオットは、主役として張り切っていましたが、演出家の奇抜な演出に納得がいきません。
舞台の稽古に出たエリオット

舞台の稽古に出たエリオット

演出に納得がいかないエリオットは、何度も演出家と衝突してしまいます。
買い物をしていたポーラを見かけたエリオットは、一緒に買い物をして負担を半分にしようと提案します。歩み寄ったように見えた2人ですが、ポーラは全財産の入ったバッグをひったくりに取られてしまいます。全財産を無くしたポーラは、犯人を取り逃がしたエリオットを非難します。
バッグを盗られてしまったポーラ

バッグを盗られてしまったポーラ

ひったくり犯を追いかけても、殴られてスゴスゴと引き下がってしまったエリオットに、ポーラは怒りをぶつけてしまいます。
その日の夕食は3人で一緒にとり、ルーシーはエリオットとの会話を楽しんでいましたが、ポーラだけはどうしても楽しめません。エリオットは舞台の初日にポーラとルーシーを招待しますが、どうしてもエリオットに突っかかってしまうポーラに、エリオットもついに怒り出してしまいます。
エリオットに指摘されたことで、ポーラは自分の非を認めざるをえませんでした。
50 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【PR】映画「未知との遭遇」をフルで無料視聴できる動画配信サービスを比較!

【PR】映画「未知との遭遇」をフルで無料視聴できる動画配信サービスを比較!

『未知との遭遇』は、1977年に公開されたアメリカ映画。監督・脚本はスティーブン・スピルバーグ。リチャード・ドレイファス、テリー・ガー、メリンダ・ディロン、フランソワ・トリュフォーらが出演したこの作品を無料視聴できる動画配信サービスをご紹介します。
【池谷公二郎】三振かホームラン!? 被本塁打のシーズン歴代最多記録を持つ広島のエース

【池谷公二郎】三振かホームラン!? 被本塁打のシーズン歴代最多記録を持つ広島のエース

シーソー投法と呼ばれたダイナミックな投球フォーム。広島ファンならずとも、真似しようとしたプロ野球ファンは多かったのではないでしょうか。ストレート真っ向勝負が多かったことから、奪三振も被本塁打も多かった投手で、広島の躍進に大いに貢献したエースです。そんな池谷公二郎投手の記録を振り返ります。
izaiza347 | 169 view
【1977年】「ネェーマスタ〜」「ルイルイ!」日本レコード大賞新人賞の受賞曲と受賞者の今

【1977年】「ネェーマスタ〜」「ルイルイ!」日本レコード大賞新人賞の受賞曲と受賞者の今

昔は大晦日の夜といえば、テレビの前で一家団欒。『日本レコード大賞』と『紅白歌合戦』をはしごして視聴した方が多かったことでしょう。特に、日本レコード大賞の「大賞」や「最優秀新人賞」の発表では、ドキドキしながら観ていた方も多いのではないでしょうか。今回は、日本レコード大賞の「新人賞」にフォーカスし、受賞曲と受賞者の今についてご紹介します。
izaiza347 | 375 view
【1977年洋楽】ミル・マスカラスの入場テーマ曲といえば!「日本」でヒットした洋楽トップ5

【1977年洋楽】ミル・マスカラスの入場テーマ曲といえば!「日本」でヒットした洋楽トップ5

「洋楽」と一言で言っても、アメリカやイギリスなど本場でヒットする曲と、日本国内でヒットする曲はかなり異なります。中には、日本でヒットしても、本国ではヒットしないという逆転現象も!? 今回は "1977年の日本" にフォーカスして、オリコンシングルチャートを中心に「日本でヒットした洋楽5選」をご紹介します。
izaiza347 | 561 view
1977年デビューのフレッシュ3人娘(清水由貴子・榊原郁恵・高田みずえ)の活躍と現在は?

1977年デビューのフレッシュ3人娘(清水由貴子・榊原郁恵・高田みずえ)の活躍と現在は?

1977年デビューの清水由貴子さん、榊原郁恵さん、高田みづえさんはフレッシュ3人娘と言われていました。健康的で太陽のように明るいイメージの3人ですので、さぞやフレッシュだったことでしょう。そんなフレッシュ3人娘は多様な道を歩んでいきました。そんなフレッシュ3人娘の活躍や現在についてご紹介します。
そうすけ | 704 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト