美しい容姿に心を奪われる、90年代に活躍した女性シンガーの8センチシングルを紹介
2018年4月26日 更新

美しい容姿に心を奪われる、90年代に活躍した女性シンガーの8センチシングルを紹介

宇徳敬子、森高千里、久宝留理子、Fayray他、90年代に活躍した女性シンガーの8センチシングルをジャケや歌詞、曲にまつわるエピソードをピックアップしながら紹介!

4,290 view

永井真理子『ハートをWASH!』

 (2001724)

1991年4月24日発売
作詞 浅田有理、作曲 北野誠
永井真理子の13枚目シングル。
フジテレビ系バラエティ「邦ちゃんのやまだかつてないテレビ」のオープニング曲に起用され、30万枚を超えるヒットを記録しました。ショートエアでパワフルに歌う姿はカッコよかったですね。

ハートをWASH! / 永井真理子 「MARIKO With HYSTERIC MAMA BIG OPEN ZOO」#4

川島だりあ『Don't Look Back』

 (2001730)

1991年12月18日発売
作詞・作曲 川島だりあ、編曲 西田昌史・倉田冬樹
第13代クラリオンガール出身、川島だりあの2枚目シングル。
テレビ朝日系で放送された「パリ・ダカールラリー」のテーマソングでした。
編曲はEARTHSHAKERの西田昌史(マーシー)が担当。ハードなアレンジに仕上がっています。

川島だりあ - Don't Look Back

橘いずみ『失格』

 (2001735)

1993年3月10日発売
作詞・作曲 橘いずみ、編曲 須藤晃
橘いずみの3枚目シングル。
当時のプロデューサーが尾崎豊と同じ須藤晃だったことと、ストイックで自虐的な歌詞の内容から「女・尾崎豊」と言われていましたね。

橘いずみLIVE 失格

宇徳敬子『まぶしい人』

 (2001740)

1993年12月8日発売
作詞 宇徳敬子、作曲 栗林誠一郎、編曲 葉山たけし
アイドルユニットMi-keのメインボーカルとしてデビューした宇徳敬子のセカンドシングル。
瀬戸朝香出演のJR東海「プラスワンキャンペーン」CMソングに起用され20万枚を超えるスマッシュヒットを記録しました。50歳を超えた現在も活動中。変わらない美貌に注目が集まっています。

JR東海 1994年 東京プラスワンCM

47 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

森高やフーミンを超えろ!?「実話ナックルズ」が「神パーツ」の持ち主を募集中!!

森高やフーミンを超えろ!?「実話ナックルズ」が「神パーツ」の持ち主を募集中!!

ネットサービス「マシェバラ」と「実話ナックルズ」とのコラボレーション企画「実話ナックルズ神グラビアオーディション」が参加者を募集中です。今回のテーマは「神パーツ」。神パーツをお持ちの方は是非参戦を!
隣人速報 | 14,618 view
音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"で公式プレイリスターとして情報提供しているミドルエッジがお届けする「‘70 ‘80 ‘90 Best」シリーズ!今回はその集大成と言える「昭和J-popに酔いしれる!!」に収録した84曲の一部をライナーノーツ的に紹介します。曲のチョイスは「何故この曲?」なんて堅いことは言いっこなし(笑、有線さながらのバックミュージックに使えて、そして懐かしむミドルエッジの王道を是非ご堪能ください。
美脚!美脚!美脚!【森高千里】の美脚を画像満載でお届けします(^^)/

美脚!美脚!美脚!【森高千里】の美脚を画像満載でお届けします(^^)/

森高千里さんといえば美脚ですよねぇ!この記事では、森高千里さんの美脚を沢山集めてみたいと思います! 大変楽しい記事なので、私自身がワクワクしています(笑)
つきねこ | 9,875 view
【90年代歌手】魅力探求!「みもりん」こと水森かおりが「ご当地ソングの女王」となるまで

【90年代歌手】魅力探求!「みもりん」こと水森かおりが「ご当地ソングの女王」となるまで

「ご当地ソングの女王」と呼ばれる水森かおり。ロングドレスがトレードマークとなっていますが実はあまり大きい方ではないって知っていましたか?プリンセスのようないでたちと「ご当地ソングの女王」と呼ばれるようになるまでの水森かおりの魅力を探究します!
「おたく評論家」の宅八郎がイケメンになり過ぎて「元EXILEのHIRO」と間違える現象が!!

「おたく評論家」の宅八郎がイケメンになり過ぎて「元EXILEのHIRO」と間違える現象が!!

80年代始め無署名で執筆者としての活動を開始し、自らを「おたく評論家」と名乗りお茶の間に宅さん自身とそれが演じる"ヲタク"に対する強烈な印象を与えた宅八郎さんが最近イケメン化してきたとの情報が・・・
ギャング | 30,951 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト