欽どこの「わらべ」の3人
2016年4月14日 更新

欽どこの「わらべ」の3人

バラエティー番組「欽ちゃんのどこまでやるの!」から出てきたアイドル「わらべ」。個性豊かな3姉妹とその家族に注目してみました!懐かしいあのシーンや歌、あの時代にタイムスリップしてみませんか?

11,392 view
歌手としてはシングルを2曲だけリリースしています。そのあとはリポーターなどタレントとして活躍していましたね。ぽっちゃりした感じがいいというファンがたくさんいました。
主にテレビ番組のレポーターを中心にタレント活動をしており、TBS『ビッグモーニング』でお天気コーナーの解説、『ジャスト』の木曜日にレギュラー出演していた。
ぽっちゃりさんでもアイドルになれるという希望を持ったぽっちゃりさんもいたと思います。
可愛らしさと愛嬌とで人気者になった彼女もわらべ解散となると厳しさが到来します。

かなえ役「倉沢淳美」

イメージ1 - 倉沢淳美の画像 - どうなっつ盤倉庫 - Yahoo!ブログ (1628283)

倉沢淳美
(くらさわあつみ)
誕生日:1967年4月20日
星座:おうし座
出身地:神奈川
性別:女
血液型:B型
身長:157cm
体重:47kg
デビュー年:1982年
欽どこの3姉妹オーディションで合格し芸能界デビューします。わらべとして歌手デビューしますが、のぞみ役「高部知子」の一件でわらべとしての活動にブレーキがかかります。その後はソロデビューしてシングルを発売していますが、「生意気だ」という理由でサイン会に来ていた男に右手首を切られるという事件に見舞われてしまいます。
グループでデビューしたアイドルがソロで活躍し始めると妬むファンが出てきたりするのは今も昔も変わらないですね。
ソロデビュー曲「プロフィール」

ソロデビュー曲「プロフィール」

このソロデビュー曲はNHKで歌うことを禁止された曲となりました。
デビュー曲『プロフィール』は、その名の通り倉沢の生年月日、身長、性格、身体的特徴などを歌詞に盛り込んでおり、16歳という年齢を盛り込んだ松本伊代のデビュー曲『センチメンタル・ジャーニー』と同様、歌手のプライバシーが盛り込まれた曲として一部で話題になった。その為NHKではセンチメンタル~同様自己宣伝になるという理由で歌う事が出来ずB面の楽曲を歌った事もあった。
自己宣伝という理由があるということを初めて知りました。

プロフィール 倉沢淳美 - YouTube

自己PR曲といった感じですね。
出典 youtu.be
4枚目シングル「卒業」

4枚目シングル「卒業」

1985年に倉沢と尾崎豊、斉藤由貴、菊池桃子の計4人が同名曲をシングルリリース、競作となり大きな話題を呼んだ。
一番売れなかったと言われていますが、相手が悪いような気もします。

のぞみ役「高部知子」

高部知子 - JapaneseClass.jp (1626955)

高部知子
(たかべともこ)
誕生日:1967年8月25日
星座:おとめ座
出身地:東京
性別:女
血液型:B型
身長:160cm
デビュー年:1980年
女優として1980年にドラマ「ガラスのうさぎ」でデビュー。主人公の敏子役で演技しています。翌年の1981年には「わが子よ」というドラマにも出ています。
欽どこに出るのは1982年なので女優としての仕事が先ということですがわらべとしての活躍の方が印象強くそのあとのニャンニャン事件や積木くずしでの役柄が色濃く残っています。
人気絶頂の最中の1983年6月、高部がベッドで裸体に布団を掛けた状態で煙草を咥えた様子を捉えた写真が写真週刊誌「FOCUS」に掲載され、性行為疑惑と未成年喫煙疑惑が浮上(ニャンニャン事件)。この影響で高部は出演中のテレビ・ラジオ・CM全てを降板。主演予定だった劇場版『積木くずし』も代役が立てられ、堀越高等学校を無期停学になり謹慎を余儀なくされた。この事件によって、「清純な少女タレント」というイメージが壊れてしまった。
1984年に出版している「ハンパしちゃってごめん」で記事内容を否定しています。
彼女のすべてがストップ。復帰作としてリリースされた「雨の街」もヒットにはつながらずフェイドアウトする形で芸能界から消えてしまいます。

雨の街 高部知子 - YouTube

ニャンニャン事件後の復帰作でソロデビューとしての第一弾でした。
出典 youtu.be
結婚をして芸能界を引退したということが本当の引退理由なのですが、高部知子のイメージはニャンニャン事件がつきまとい清純さで売り出すことができなくなってしまい引退理由は結婚という2文字ではないように思われがちですね。
結婚し離婚し再婚し再離婚するという中、2人の子ども持つ母親として頑張っていましたが、芸能界に復帰します。
復帰作として有名なのが局部にピアスをした写真集「Objet D'amour」と官能ビデオ「パラノイア」ですね。
深い事情を知らない当時の筆者はわらべののぞみちゃんが不良役でドラマに出て衝撃的な写真集を出したという流れで「どうしちゃったの?!」という感じだったことを覚えています。
48 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

わらべで活躍していた倉沢淳美は今海外暮らし??

わらべで活躍していた倉沢淳美は今海外暮らし??

わらべのかなえ役で活躍していた倉沢淳美さん!今は海外で優雅に暮らしてるとか!
うーくん | 3,709 view
【ニャンニャン事件からピアスヌード!】「高部知子」の積木くずし人生…。

【ニャンニャン事件からピアスヌード!】「高部知子」の積木くずし人生…。

元欽ちゃんファミリー「わらべ」の一員だった高部知子さん。積木くずしで演技派女優と絶賛された直後の「ニャンニャン事件」…。そして、ピアスヌードと衝撃を与えまくっていた彼女を振り返ってみましょう。
最高視聴率40%!みんな見てた「欽ちゃんのどこまでやるの?」

最高視聴率40%!みんな見てた「欽ちゃんのどこまでやるの?」

「欽どこ」で知られる「欽ちゃんのどこまでやるの?」。ホームドラマのような設定の中、さまざまなコーナーでコントが繰り広げられた。欽ちゃんならではの「いじり」方で、多くの個性派タレントを排出。大人向け・子供向けと住分けられていたTV番組の中で、家族みんなで楽しめるファミリーバラエティというカテゴリーの先駆けともなった番組。
m+ | 4,180 view
コント55号の冠番組『ザ・コント55号!!』番組タイトルを変えた野咲たみこ!!

コント55号の冠番組『ザ・コント55号!!』番組タイトルを変えた野咲たみこ!!

コント55号が揃って出演した最後のレギュラー番組『ザ・コント55号!!』ですが、番組タイトルが開始早々改題されました。その裏には無名のタレントだった”野咲たみこ”さんの影響があるようなんです。改題に至った理由や野咲さんについて調べてみました。
ガチャまま | 714 view
ジャニーズだけじゃない!男性ユニットの活躍【1980年版】

ジャニーズだけじゃない!男性ユニットの活躍【1980年版】

近年の芸能界は、男性ユニット(グループ)と言えば“ジャニーズ事務所”のアイドルが推されています。しかし昔は多くの男性ユニットが活躍していました。ジャニーズにも負けない人気を博した80年代の男性ユニットを紹介します。
ガチャまま | 3,754 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト