あのスタジオを立ち上げた、秀作NHKアニメ「ニルスのふしぎな旅」
2016年2月25日 更新

あのスタジオを立ち上げた、秀作NHKアニメ「ニルスのふしぎな旅」

NHKアニメ枠3作目は、あのスタジオを立ち上げさせた、あの奇才と師匠がつくった秀作でした

8,083 view
放送期間:1980年01月08日~1981年03月17日
話数:全52話/各話30分
放送局:NHK総合
 (1583905)

生まれるべくして生まれた秀作

さて、NHKアニメ枠3作目は、、

未来少年コナンで始まった夜のNHKアニメ枠。キャプテン・フューチャーが継ぎ、続く3作目が今回ご紹介する「ニルスのふしぎな旅」です。
原作付きとはいえ大幅に改変を行いほぼオリジナルの1作目、誰もが知る古典SFの2作目のあとにきたのは、本国スウェーデンでは有名ですが日本ではあまり知られていないと思われる(もしかしたら本よりアニメが先で、全編日本語訳の書籍は82年出版のものが最初かも知れません。もちろん当時の筆者もニルスは知らなかったと思います)児童文学でした。
「子どもが冒険の旅に出て成長して還ってくる」というかたちのアニメは既に、フジテレビの世界名作劇場2作目「母をたずねて三千里」が、当時子どもだった筆者のような視聴者の脳裏に名作として刻まれておりましたが、「ああまたあのパターンね」などと掏れた子どもではまだありませんでした。
それどころか、先行する児童文学の名作ものに比べても、決して引けを取らない秀作ではないですか!

あのスタジオ、あの名匠たちの!

はるか上空から見下ろす地上の景色。大自然の中で過ごすスリルと感動。ニルスはこの旅を通して人として立派に成長していく。美しく詳細な風景描写と、心に残る物語を丁寧に描いたぴえろのデビュー作品!
ごく子どもの頃に観たアニメなので忘れていましたが、そうです、その後「うる星やつら」など数多くの秀作を送り出したスタジオぴえろの、これがデビュー作だったのでした!(というか、この「ニルスのふしぎな旅」をつくるためにぴえろが立ち上げられたのですね^^)
概要・沿革

1977年4月、アニメーター・演出家の布川郁司が朋映・虫プロダクション・竜の子プロダクション(現・タツノコプロ)を経て、上梨満雄、ときたひろこらと共に演出家のグループとして発足。吉祥寺のマンションで活動を開始した。『みつばちマーヤの冒険』などを手がけた後、学習研究社からの依頼で、『ニルスのふしぎな旅』を制作するため1979年にアニメの制作スタジオとなり、株式会社に改組。「株式会社スタジオぴえろ」を設立して三鷹市にスタジオを構える。当初は『ニルスのふしぎな旅』を作るためだけに設立されたスタジオで、布川、上梨の他、竜の子プロダクションの演出スタッフであった経歴を持つ鳥海永行、案納正美、高橋資祐、押井守らが参加した。人脈的には同プロダクションの流れにあるスタジオである。また、演出家が集まって作られたため、演出家の力が強いことも当初の特徴の一つであった。制作にあたってもスケジュールに余裕をもって良質な作品を作る制作環境であったという。
そこには押井守氏の「師匠」鳥海永行氏らとともに、彼を慕って押井氏も参加しているのでした。
「演出家が集まって作られたため、演出家の力が強い」。ふむふむ、子どもの筆者には知る由もなかったのですが、ニルスのしっかりした物語と演出にはこういった流れがあったのですね。

ニルスの旅のはじまり

さて知らない方、忘れてしまった方のために。どういったおハナシかと言いますと、、
いたずらっ子のニルスは、怠け者で、勉強なんて大嫌い。いつも動物をいじめてばかりいる。お父さんとお母さんは、こんなニルスが心配でたまらない。今日は日曜日。教会へも行かず、
ええもうそりゃそのクソ悪ガキぶりったら、、
旅に出て内面が成長した、優しく頼もしいニルスしか覚えていないオッサンの筆者が、第一話を今回何十年ぶりに観直してみたら、おどろきましたよその悪たれぶりに。いたずらの銃が暴発してこんな子死んでしまえばいいのにっf^^;
 (1583391)

駄々をこねて教会の日曜礼拝にも両親について行かず、聖書を読んでおく宿題を言いつけられたニルスですが、もちろんまったく身が入りません。退屈しているところに妖精を見つけたニルスは、彼を虫取り網で捕まえてしまいます。金貨をあげるから逃してくれという妖精から金貨を受け取っておきながら約束を守らないニルスは、妖精の怒りを買い、小さくさせられてしまいます。
小さくされたニルスは動物たちの言葉がわかるようになります。とうぜん、いままでいじめていた家の動物たちから仕返しをされます。巻き添えで一緒に小さくされてしまったハムスターのキャロットと逃げ回るニルス。
一方、飛来してきた雁の群れに、自分も飛びたいと焦がれる、鵞鳥のモルテン。必死の思いで雁の群れについで空へと舞い上がるモルテンに、逃げ惑うニルスとキャロットがつかまります。
こうして、ニルスとキャロットとモルテンは、雁の群れとラプランドへ向けての旅に出ます。
 (1585059)

悪ガキの頃の小さくされる前のニルス。腹立たしい表情をしています^^;
それから彼の巻き添えをくらうハムスターのキャロット

ニルスと旅の仲間たち

 (1583806)

ニルス、鵞鳥のモルテン、ハムスターのキャロット
声はそれぞれ、小山茉美、安原義人、山崎唯の各氏
ハムスターのキャロットは、アニメオリジナルで付け足されたキャラクターです。
母をたずねて三千里のアメデオの好評を見てだと思うんですけれども、
少年少女のときに孤独になりがちな成長の旅には、マスコット的というか相棒的な小動物が居てくれるとよいですよねえ、、ニルスのふしぎな冒険ではニルスとキャロットは喋れますから、相棒度はさらに増します。
34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【訃報】「きまぐれオレンジ☆ロード」で知られる漫画家・まつもと泉さん死去。

【訃報】「きまぐれオレンジ☆ロード」で知られる漫画家・まつもと泉さん死去。

漫画「きまぐれオレンジ☆ロード」の作者として知られる漫画家・まつもと泉さんが、脳脊髄液減少症のため10月6日に亡くなっていたことが明らかとなりました。61歳でした。
隣人速報 | 4,542 view
きまぐれオレンジ☆ロード、クリィミーマミ、うる星やつら…高田明美の画集「Angel Touch」が発売決定!!

きまぐれオレンジ☆ロード、クリィミーマミ、うる星やつら…高田明美の画集「Angel Touch」が発売決定!!

復刊ドットコムより、イラストレーター、宝飾デザイナーとして活躍する高田明美が世に送り出したイラストを振り返る画集『Angel Touch ~エンジェルタッチ~ 高田明美画集』の発売が決定しました。
隣人速報 | 1,643 view
「マーフィーの法則」のマーフィーの子孫が登場するアニメが放送決定!『マイロ・マーフィーの法則』

「マーフィーの法則」のマーフィーの子孫が登場するアニメが放送決定!『マイロ・マーフィーの法則』

アニメ『マイロ・マーフィーの法則』が、ディズニー・チャンネルで4月16日(日)から放送開始。同アニメでは「マーフィーの法則」で知られているマーフィーの子孫が主人公として登場する。
red | 1,100 view
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。
あなたはどちら派? 〜表も裏も、梁山泊のよな個性ひしめく、アニメ「うる星やつら」〜 うる星やつらアニメ派宣言

あなたはどちら派? 〜表も裏も、梁山泊のよな個性ひしめく、アニメ「うる星やつら」〜 うる星やつらアニメ派宣言

80年代に4年半の長期放送となった人気アニメ「うる星やつら」。アニメ版うる星至上主義者の観点から独断と偏見で振り返ってみます。
wada y | 11,794 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト