そのリアリティゆえか、思わずヤクザに憧れてしまうという危険などカッコいい「仁義なき戦い」
2017年10月6日 更新

そのリアリティゆえか、思わずヤクザに憧れてしまうという危険などカッコいい「仁義なき戦い」

甚だ不謹慎ではありますが、「仁義なき戦い」を観てヤクザに憧れたという男性は数知れません。当時、見終わって映画館から出てくる際には、誰もが肩で風を切っていたと言われています。裏切りの連続というヤクザ抗争を描いたこの映画、さすがに実録ものだけあってリアリティが違います!

3,492 view

仁義なき戦い

「仁義なき戦い」といえば、知らない者はいないというくらいの日本映画の金字塔ですが、一方で名前は知っているけどどんな話なのかは知らないという人が結構多いようです。
映画は現在までに11本も作られ、シリーズ化されるほど大ヒットしました。その全貌を振り返ってみます。

「仁義なき戦い」は、美能組初代組長の美能幸三が網走刑務所で服役中に執筆した手記をベースに、飯干晃一が「週刊サンケイ」に連載したノンフィクションがベースになっています。
仁義なき戦い〈死闘編〉広島やくざ・流血20年の記録

仁義なき戦い〈死闘編〉広島やくざ・流血20年の記録

飯干晃一
ノンフィクションとはいえ、半分は美能幸三の手記が占めていることから"実録小説"と呼ばれています。それまでのヤクザ映画と違いリアリティがあるのはこのためですね。

この連載は大評判となり、映画化が決定します。1973年のことです。

因みに、「仁義なき戦い」というタイトルは「週刊サンケイ」編集部が考え出したものです。
仁義なき戦い

仁義なき戦い

監督:深作欣二
脚本:笠原和夫
原作:飯干晃一
製作:俊藤浩滋、日下部五朗
出演者:菅原文太、松方弘樹、渡瀬恒彦、田中邦衛、金子信雄、梅宮辰夫etc.
音楽:津島利章
撮影:吉田貞次
編集:宮本信太郎
公開:1973年1月13日
「仁義なき戦い」といえば、菅原文太。ですが、当初は渡哲也を主役にすえようと企画されており、他に松方弘樹なども候補にあがっていました。
渡哲也も松方弘樹も素晴らしい役者ではありますが、菅原文太で大正解だったのではないでしょうか。まさにはまり役です!
菅原文太が演じる広能昌三

菅原文太が演じる広能昌三

本名:菅原 文太

生年月日:1933年8月16日
没年月日:2014年11月28日(満81歳没)
身長:176cm
血液型:O型
活動期間:1956年 - 2014年
「仁義なき戦い」の主人公は菅原文太が演じる美能幸三をモデルにした広能昌三ですが、シリーズでは別の人物が主役であったり、同一人物を別の俳優が演じていたりするため物語が分かりにくくなっている部分があります。
内容的には裏切りに次ぐ裏切りのヤクザ抗争です。

仁義なき戦い(予告編)

冒頭、暴漢を射殺した広能昌三は出所して山守組組員となるのですが、そこの組長を演じたのが金子信雄です。ずる賢くセコイ山守組組長をこれほど見事に演じきるとは驚きです!シリーズを通して1,2を争う名キャラクターといっていいでしょう。
金子信雄が演じる山守組組長

金子信雄が演じる山守組組長

そして、シリーズを通して音楽を担当したのは津島利章ですが、なんというか雰囲気ありますよ、この音楽!

仁義なき戦いのテーマ

オリジナル五部作

1973年の「仁義なき戦い」が大ヒットしたことで、1974年までに深作欣二監督のもとシリーズで5本制作されます。
俗にいうオリジナル五部作ですが、実は第1作が制作される前からシリーズ化は決定されていました。

2作目は、原作にはあまり出てこなかった山上光治という24歳で自決してしまう殺し屋をメインにした「仁義なき戦い 広島死闘篇」です。
舞台は1作目と同じく1950年~1953年の第一次広島抗争となっています。このため主役扱いとなっていますが広能昌三(菅原文太)はあまり出てきません。

仁義なき戦い 広島死闘篇(予告編)

山上光治を演じた北大路欣也が魅力的です。が、それよりも更に観客に強烈な印象を与えたのが、もう一人の主役、千葉真一が演じた大友勝利です。怪演といっていいでしょう。
千葉真一が演じた大友勝利

千葉真一が演じた大友勝利

実はこの2人、当初は役が逆だったのだそうですよ。北大路欣也が演じる大友勝利も見てみたいですけどね。

そして3作目「仁義なき戦い 代理戦争」。これは、「仁義なき戦い」終了後の1960年~1963年の話であるため、実質的には「仁義なき戦い」の続編となっています。

仁義なき戦い 代理戦争(予告編)

32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

高倉健を一躍大スターにした映画「網走番外地」。実はその前に小高雄二、浅丘ルリ子主演で同名の映画がありました。

高倉健を一躍大スターにした映画「網走番外地」。実はその前に小高雄二、浅丘ルリ子主演で同名の映画がありました。

高倉健といえば「網走番外地」は代名詞のようなもの。大ヒットにつぐ大ヒットで続編が実に17本も制作された程です。映画は実録小説「網走番外地」を原作としていますが、高倉健バージョンよりも先に同名の映画が制作されていたんです。ご存じでしたか?
obladioblada | 524 view
料理バラエティ「金子信雄の楽しい夕食」金子信雄が料理を作りながらお酒を飲んで酔っぱらっていた!

料理バラエティ「金子信雄の楽しい夕食」金子信雄が料理を作りながらお酒を飲んで酔っぱらっていた!

「金子信雄の楽しい夕食」は、1987年4月6日から1995年3月31日まで放送された料理番組です。金子信雄が自ら考案したレシピをアシスタントと一緒に作りました。その中で、初代アシスタントの東ちづるとのやり取りと、金子が酒を飲む姿が印象的でした。
星ゾラ | 10,814 view
柳生一族の陰謀、豪華な俳優陣による本格的時代劇

柳生一族の陰謀、豪華な俳優陣による本格的時代劇

時は江戸時代2代将軍秀忠の死去より世継ぎをめぐる、2代陣営の攻防を描く時代劇の決定版です。深作欣二監督が豪華俳優陣とともに創り上げた時代劇の傑作。
Kengreen | 4,200 view
STAR WARS「エピソード4/新たなる希望」公開前の1978年あやかり作品たちが色んな意味で凄かった

STAR WARS「エピソード4/新たなる希望」公開前の1978年あやかり作品たちが色んな意味で凄かった

2015年12月18日(金)に、スター・ウォーズ最新作『スターウォーズ/フォースの覚醒(原題:Star Wars: The Force Awakens)』が全国の劇場で公開され話題沸騰中の「スター・ウォーズ」。そのシリーズ第一作目は、日本へ来る前から色んな意味で凄かった。
全部で7本作られた映画「女番長シリーズ」。主役の池玲子と杉本美樹はスケバンのイメージを決定付けました!

全部で7本作られた映画「女番長シリーズ」。主役の池玲子と杉本美樹はスケバンのイメージを決定付けました!

女番長と書いて「スケバン」。1971年から始まった映画「女番長シリーズ」で初めて「スケバン」という言葉が使われたのをご存知でしたか?スケバン役をお色気たっぷりのポルノ女優「池玲子」と「杉本美樹」にやらせたところが成功の原因でしょうね!スケバンのイメージがこれで決定されたと言っても過言ではないでしょう。
obladioblada | 7,181 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト