「ツイン・ピークス」で有名なデヴィッド・リンチ監督の初期作品!
2020年10月2日 更新

「ツイン・ピークス」で有名なデヴィッド・リンチ監督の初期作品!

独特なスタイルで人気のデヴィッド・リンチ監督の初期作品集です。「ツイン・ピークス」で見せた映像美や複数の題材を多く盛り込むことで謎が謎を呼ぶスリーリーに仕立て上げるというスタイルは80年代に既に確立されています。

2,869 view

デヴィッド・リンチ

デヴィッド・リンチ監督。ご存じの方には改めて言うまでの事ではないのですが、変わった監督です。 1946年アメリカはモンタナ州生まれで、1967年に最初の短編映画「Six Men Getting Sick (Six Times) 」を制作し、長編映画監督としてデビューしたのは1976年、デヴィッド・リンチ30歳の時です。
おそらく日本においてデヴィッド・リンチの名が知られるようになったのは1989年のテレビドラマ「ツイン・ピークス」においてでしょう。

Twin Peaks Mini episode 1

これは流行りました。日本だけではなく、世界的な大ブームを巻き起こしましたね。実際、面白かったです。謎が謎を呼ぶストーリーもさることながら、何と言っても出演者をはじめ作品の雰囲気がテレビドラマとは思えない、そう、まさしく映画でした。連続物の映画を見ているようなクオリティがありましたよ。今にして思えば、この時には既にデヴィッド・リンチは作風を確立してたということがよく分かります。面白いはずですよ。
もっともデヴィッド・リンチは最初からデヴィッド・リンチではありましたね。思いっきり異才を放ってました。
ではどの作品でスタイルを確立したのでしょう?ということで、デビュー作をはじめ80年代のデヴィッド・リンチ作品を見ていきましょう。

イレイザーヘッド

長編映画第1作目は4年の歳月をかけ作り上げたという1976年公開の「イレイザーヘッド」です。今でこそカルト映画として有名な「イレイザーヘッド」ですが、日本人でこの作品をリアルタイムで見たという人は少ないと思います(日本公開は1981年)。そもそもカルトという評価は一般的にはヒットしていないということですからね。今と違ってYou Tubeもありませんし、なかなか見る機会がない作品だったわけです。
それでは「イレイザーヘッド」がつまらん作品かというと、とんでもありません。傑作です!人によってはこの作品がデヴィッド・リンチの最高傑作と言ってるくらいですからね。
イレイザーヘッド

イレイザーヘッド

監督:デヴィッド・リンチ
脚本:デヴィッド・リンチ
製作:デヴィッド・リンチ
出演者:ジャック・ナンス
音楽 デヴィッド・リンチ
ファッツ・ウォーラー
ピーター・アイヴァース
撮影:フレデリック・エルムス、ハーバート・カードウェル
編集:デヴィッド・リンチ
公開:1977年3月19日
上映時間:89分
フィラデルフィアの工場地帯。印刷工のヘンリーはある日、メアリーXから奇形の赤ん坊を産んだことを告げられる。まもなく二人はヘンリーの古いアパートで新婚生活を始めるが、メアリーXは赤ん坊の夜泣きに耐えられず家出。病気になった赤ん坊の看病に追われ、やがてヘンリーの頭には妄想がうずまき始める……。
傑作とは言え、「イレイザーヘッド」を見て、シュールすぎて何のことだかさっぱり分からん!という感想を持たれた方、多いと思います。騙されたとさえ思った方もいるでしょう。その気持ち、良く分かります。それが普通の感覚だと思いますよ。誰だって理解できんと思います。それでは面白くないかというと、どうです?面白いでしょうが?全編にみなぎるパワーがありますからね。
まだスタイルを確立しているとは言い難いものの「イレイザーヘッド」にはデヴィッド・リンチの特徴、個性がはっきりと表れています。
気持ち悪いけど目が離せない。悪夢を見ているような感覚。それはデヴィッド・リンチの魅力に他なりません。

Eraserhead - Capturing A Nightmare

この作品、自主制作ですから資金はかぎられてる訳です。制作に4年をかけた大作というよりも、資金不足のため長い時間がかかってしまった。そういうことのようです。しかし、考えてみてください。4年もの間ぶれることなくひとつの作品を作り続けるというのは並大抵のことではありませんよ。
当人にとって名誉なのか不名誉なのか微妙なところではありますが、デヴィッド・リンチには「カルトの帝王」という称号を与えられることになります。

当時は上映中、内容があまりにもショッキングなため、妊婦は鑑賞しないようにと警告されていたそうです。全体に意味不明で不気味なんですが、まぁ、とにかくラストは異常も異常。トラウマ待った無しです!

エレファント・マン

「イレイザーヘッド」には奇形という言葉では言い表せない、奇妙な赤ん坊が圧倒的な存在感を出していました。もちろん作り物、作り話でしたが、デヴィッド・リンチの2作目は実在した生まれつきの奇形の男の物語です。この作品は日本でもヒットしましたからリアルタイムで見られた方は多いと思います。「エレファント・マン」です。

1980年に公開された「エレファント・マン」は商業的に大成功しただけではなく、アボリアッツ国際ファンタスティック映画祭においてグランプリを受賞。アカデミー賞では最優秀作品賞、主演男優賞など8部門にノミネートされるなど一般的にも高い評価を受けました。
エレファント・マン

エレファント・マン

監督:デヴィッド・リンチ
脚本:クリストファー・デヴォア、エリック・バーグレン、デヴィッド・リンチ
製作:ジョナサン・サンガー
製作総指揮:スチュアート・コーンフェルド、メル・ブルックス
出演者:ジョン・ハート、アンソニー・ホプキンス、ジョン・ギールグッド、アン・バンクロフト
音楽:ジョン・モリス
撮影:フレディ・フランシス
編集:アン・V・コーツ
公開 :1980年10月10日
19世紀末のロンドン。21歳の青年ジョン・メリック。彼はその特異な容姿からエレファント・マンと呼ばれ、見せ物小屋で自らを晒しながら生きていた。そんなある日、メリックの姿が小屋を訪れた外科医フレデリック・トリーブスの目に留まる。そして、研究のためにメリックを病院へ呼び寄せるトリーブス。やがて、彼の研究発表や雑誌での紹介をきっかけに、メリックは一躍時の人となる。だが、彼は大衆の好奇や同情の眼差しを受けながら、自身は普通の人間らしく生きることだけを切望していたのだった…。
断っておきますが、「エレファント・マン」はヒューマンドラマです。恐怖映画ではありませんよ。「イレイザーヘッド」とは違います。いえ、「イレイザーヘッド」も恐怖映画ではありませんが、「エレファント・マン」にはしっかりとした誰にでもわかるストーリーがあります。知能が低いと思われていた主人公が、実はそうではないということが分かり、徐々に心を開いていくというストーリーは感動的です。もう一度言いますが恐怖映画ではありません。分かりやすいストーリーもある。しかし、何というか、デヴィッド・リンチなんですよね。

映画『エレファント・マン 4K修復版』予告編

プロデューサーに、コメディ映画の巨匠として知られるメル・ブルックスがプロデューサーに名を連ねています。メル・ブルックスは商業的にはパッとしなかった「イレイザーヘッド」を高く評価していたそうですね。

デューン/砂の惑星

カルト映画をバカにしてはいけませんよ。「スターウォーズ」や「インディ・ジョーンズ」で知られるジョージ・ルーカス監督もまた「イレイザーヘッド」のファンだったそうですからね。見てる人は見てるものなんですね。で、「スター・ウォーズ ジェダイの復讐」の監督のオファーを出したのだそうですから驚きです。が、デヴィッド・リンチはこれをキッパリ断って取り組んだのが、1984年公開の「デューン/砂の惑星」です。
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

映画「イレイザーヘッド」デヴィッド・リンチ監督による世界観が半端ないカルト作品だった!!

映画「イレイザーヘッド」デヴィッド・リンチ監督による世界観が半端ないカルト作品だった!!

映画「イレイザーヘッド」は、1981年に日本で公開されたデヴィッド・リンチ監督の作品です。主人公を中心に起こる奇妙な現象を描いた物語で、カルト映画の傑作です。
星ゾラ | 23,218 view
 “カルト映画の神様”と呼ばれた鈴木清順監督の浪漫三部作の1本「ツィゴイネルワイゼン」

“カルト映画の神様”と呼ばれた鈴木清順監督の浪漫三部作の1本「ツィゴイネルワイゼン」

「生きているひとは死んでいて、死んだひとこそ生きている」いかにもカルト映画という印象的なセリフですね。あの世とこの世の狭間の世界を圧倒的な演出で描いた「ツィゴイネルワイゼン」。妖しく怖くもあり、たまらなくエロチックでもあるこの映画。独特な映像美の世界に足を踏み入れてみてください!
obladioblada | 3,084 view
80年代の朝ドラ主題歌を振り返ろう!

80年代の朝ドラ主題歌を振り返ろう!

NHKの朝の連続テレビ小説、通称「朝ドラ」。出演者も有名になりますが、毎回主題歌にも注目が集まりますよね。今回は80年代の主題歌をまとめてみました。
saiko | 179 view
キャッチフレーズが面白い!昭和のアイドルたち

キャッチフレーズが面白い!昭和のアイドルたち

昭和のアイドルって必ずキャッチフレーズがありましたよね! 当時は何気なく見ていたアイドルたちのキャッチフレーズですが、今見てみるとジワジワと面白い… そこで、今回は昭和のアイドルの面白いキャッチフレーズをご紹介します!
やすたけ | 1,204 view
桑田靖子の現在は?歌唱力は松田聖子に匹敵だが不作の83年組と言われたアイドル時代をプレイバック!

桑田靖子の現在は?歌唱力は松田聖子に匹敵だが不作の83年組と言われたアイドル時代をプレイバック!

アイドル全盛期・黄金期と言われた80年代のアイドルの中で覚えているのは誰ですか? 誰もが一番に思い浮かぶのは「松田聖子」さんではないでしょうか。 あの頃は女の子なら誰でも聖子ちゃんカットに憧れたものです。 そんな松田聖子さんに負けない歌唱力で83年にデビューした「桑田靖子」さんですが、アイドルとしてはパッとせずいつの間にか消えてしまいました。 この記事では、聖子ちゃんブームの影で消えていったアイドル桑田靖子さんの現在についてまとめています。
いろは | 1,393 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト